お問い合わせ

ご連絡に際しての注意事項

※必ず以下の内容をすべて読み、ご了承した上でご連絡ください。ご了承いただけへん場合は連絡せんといてください。

【注意事項】

・アメブロのメッセージ機能では文面をアメブロ運営が確認しており、そないな確認を受けずに個人情報を交えた話がしたくても出来へんと面倒だという方やアメブロ運営には知られず、拙者と個人的かつ直接的に連絡を取りたいという方は、以下の入力画面からご自身の名前やメールアドレスを入力の上、送信してご連絡ください。何か仕事の依頼をしはりたい、当ブログや動画について何か外部には見られたくない内容で個人的に話がしたい等の場合にご利用ください。ただし、大した目的も意味も無く送信したり、執拗に繰り返し送信したり、嫌がらせ等の乱用はやめてください。そのように悪用をする者、迷惑行為を働く者に対しては然るべき措置を取ります。

一旦送信した内容は取り消せへんさかい、知られたくないと思うような情報は、最初からメールの本文に書かんようにお願いいたします。

・ご連絡いただいたメールアドレスやご連絡内容について悪用する、他人に知らせる等は一切いたしませんし、秘密を厳守いたします。当方は法人ではなく個人やし、この活動は商用やないさかい、法人のような特別な個人情報保護や管理義務は負いまへん。あくまで拙者は一人の個人である故に、個人としてご認識ください。例えば、貴殿が貴殿の友人や同僚等にはメールアドレスを気軽に教えたり交換したりするのと同程度の感覚でいてください。せやから、拙者が貴殿の情報を一個人としてきちんと守るのと同様に、貴殿も拙者の情報を守秘する義務を負います。もし貴殿が拙者とのやり取りで得た一切の情報を拙者の承諾を得ずに他人に知らせたり、ネット上に晒す等をした場合は私事権の侵害を犯すことになり、不法行為による損害賠償請求の対象になり得ます。拙者は、一般的な注意管理義務で貴殿の個人情報を守ります。情報技術については常人以上の注意を払っており、それでもネットには完璧は無いさかい、万一、不正アクセス等によって情報が漏洩してしまった場合、拙者は如何なる損害賠償義務を負いません。拙者に連絡した時点で、それに貴殿が同意した上で実行したものとします。勿論、故意に情報を流した場合は別やが、そないなことは絶対にしまへん。

・貴殿のメールが、公序良俗に反する内容、誹謗中傷等の内容、冷やかしや嫌がらせといった迷惑行為の内容のもの、何が言いたいのか分からへん、何が目的なのか分からへんくて返信に困る内容、こちらの個人情報を取得しようといった趣旨やと判断されるもの、誠意に欠けるもの、釣りと思えるものについては、一切返信いたしません。怪しいサイトへの誘導や添付ファイルを添付しても無駄で、そないな手に拙者は引っ掛かりまへん。そもそも、事前承諾無き商用宣伝や広告、他のサイトに誘導する迷惑メールを送る行為は、「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」に抵触する犯罪やさかい、告訴の対象とします。貴殿の言葉足らずのメール、誠意が感じられへんメール内容であるが故に、拙者の信頼を獲得出来ず、その結果、拙者が返信しようという気が起きず返信せんかったとしても、それは貴殿の責任です。そもそも、拙者に返信の義務が生じひんことを最初から理解してください。せやから、返信が無かったことを理由に逆上してネットで悪口を書いたりすることは慎んでください。誹謗中傷(根拠の無い悪口)や度を超える迷惑行為については然るべき措置を取ります。

たとえ貴殿が自分から個人情報を明かしたとしても、拙者は個人情報を出すとは限りまへんし、出す義務も生じまへん。せやから、貴殿が自分から個人の情報を出したのに、拙者も出さなあかんという理屈は通らへんことは予めご了承ください。拙者が拙者自身の個人的な話をするか否かは完全に拙者次第であるということをご理解ください。貴殿がご自身の個人情報を拙者に知らせるのは自己責任です。拙者から求めてへんからです。身の上の相談話等で貴殿が個人情報や置かれた境遇等の話をしたとしてもそれは貴殿自身が自主的にする行為であり、拙者が強要したり唆したりしたことではないからです。なお、拙者が貴殿の個人情報を知ったとしても、拙者は一切悪用いたしませんし、それをネタにゆすったり、付きまとい等といった迷惑行為やその他の犯罪的な行為を一切いたしませんし、他者に情報を漏らしたり、ネットに晒すといった愚かな行為は一切いたしません。拙者は、神の律法を守り、神を畏れるキリスト者故、嘘を申しません。ご安心ください。

※注意※

わざわざメールでなくてもアメブロの個別メッセージや当サイトの「質疑応答」で質問することで足りるようなことでメールを介して個別のやり取りを望む人が一部居るが、やめてください。その程度ではメールで返信はしまへん。私事のことであってもそれを公に書こうとも、あんたは偽名でも使えば第三者はあんたが何処の誰さんなんて特定はでけへん。まして、当教会員でもなく、当教会に入る気も無い人がいきなりこの「問い合わせ」からメールしてきて相談に乗ってくれっていうんも受け付けまへん。信用性が無いからです。真のキリスト者となろうとせず、当教会へと進路を決めへん人に基本的に固い信用は得られへんと思ってください。せやろ。いつでも離れて消え去る人なんやから。


・拙者は全知全能の万物の創造主である主イエス・キリストを畏れる者であり、その辺に居てる不信仰で、神を畏れず、自分の利益のためなら何でもやる、手段を選ばへんといったことを絶対にせえへん人物であることをご認識ください。それを約束いたします。せやから、拙者に連絡しようとする貴殿は、悪意や敵意を持たず、嘘や偽りを言わへんようにお願いいたします。また、拙者と同じように、貴殿も拙者や他人を売ったり貶めるような真似をせえへんことを約束してください。拙者に連絡してきた場合はそれが前提であるとして話を進めます。嘘をつくことは律法違犯の罪(レビ記十九章十一節)であり、嘘つきは将来は地獄行きになります(黙示録二十一章八節)。拙者も嘘や偽りを言わず、騙したりも一切いたしませんし、真摯に対応いたします。これでも信用出来へんと思うなら、連絡せんで結構です。

名前も出さず、顔も出さん人は信用でけへんと思てる人が居るやろけど、これ(BitChute)を見てもまだそれが言えるやろか。誰もが知ってる有名人が動画等で喋ってるなんて言うたり、盲信するんは実に莫迦げてるのが分かるであろう。もはや顔や名前を出してるからというてほんまもんか疑わしいし、偽装も可能。それ位に現在の科学技術は悪い。ほぼ悪用されてるからな。ネットで自分の写真や動画等を公開することの愚かさを知るべきであり、世の中に設置されてる監視カメラや顔認証カメラ等を忌み嫌い、撤去に追い込むべきである。防犯のためなんていうのは嘘であり、政府らが庶民を監視するためのものでしかあらへん。