コロナ問題

悪魔崇拝をしてる世の支配層は、このコロナという在りもせえへん偽感染症騒動を引き起こし、大衆を分断することに成功してる。コロナの存在を肯定する派と否定派の二分されてるというのが実態や。

肯定派は、支配層の傀儡でしかあらへん各国政府や政府広報機関また出資してくれる後援企業の言いなりでしかあらへん報道各社を盲信する愚かな者たちでしかあらへんし、彼らの脳は空っぽであり、ただひたすら「世の権威」を疑いも無く信じ込み、それに異議を唱える人を攻撃するどうしようもない人たちや。マスク警察なんかがその最たる例であり、マスクなんていう有害無益な物を自分がするだけに飽き足らず、他人にも強要しようとする。マスクが病気を防げると思ってるなら、その人自身がマスク着用してれば済む話であり、他人にも着用をさせる必要性はまったく無いよね。これが論理的な考え方や。これがでけへんアホが多い。総じて、全体主義者なんですよね、肯定派は。みんなが同じことをしないと許せないっていうアホみたいな思考回路。自分が害を受けるのを我慢してるんやから、あんたも同じように我慢しなさいと押し付ける超迷惑行為者。

他方、否定派は、政府や報道各社を盲信することがなく、世の理不尽な仕組みを理解しており、何かを盲信することなく、一度立ち止まって客観的に「あれっ、このコロナ規制って矛盾ばっかで、おかしいぞ」って思い、自主的に調べ、その疑問を解消するまで徹底的に情報を調べ上げて否定の根拠を確立して主張し、他人に何も強要せえへんし、迷惑行為も働かへん。

どっちがおかしいか一目瞭然であろう。コロナ肯定派は、自分で何も考えず、調べもせず、テレビや新聞等からの情報を受け身で受け取るだけで、それに誤りがあるとか矛盾があるとかもまったく気にせず、信じ込むんです。言うなれば、コロナ肯定派は支配層の家畜です。何でも言うことを聞く手下、家畜でしかないのです。それでも否定派を攻撃するだけしてワクチンを打ってしまえば、その人たちは決して長生きすることもないでしょうし、未接種者にも悪影響を与え続けるという迷惑行為を働き、散々支配層に都合のええように使われて最後には使い捨ての駒のように見放されるのが分からへん愚民。現代の日本人には特にこないな愚民が多過ぎる。このままでは日本は確実に滅びますよ。大事なのは、「自主性」や。自分で考え、調べ、行動するかが重要や。自分で考えて調べてもツイッターやブログ等で言うてるだけで終わってるようでは意味が無い。なぜなら、ツイッターを使わへん人にはなんぼツイートしたかて届かへんさかいな。ブログもネットを使う人には届く可能性があるが、ネットを使わへん年寄りや小さい子供には届かへん。未成年の子供は特に自分では決定権が無く、保護者が決定権を持つ。それ故、保護者たる大人がコロナ肯定派のように何も考えず、ただ政府の言うこと、報道各社が言うてることを鵜呑みにして思考停止してるアホでは困る。それでは子供も道連れになって滅びるであろう。そないな親は自分の身を滅ぼすのみならず、子供をも巻き添えにする極悪人や。親の責任は大きいものやと、子を持つ者は気を引き締める必要があろう。ワクチンも中身が何かも知らんくせに、なんで簡単に異物を体内に入れようとするのか理解不能。子宮頚がんワクチンも多くの犠牲者や障害を抱えるといった薬害を生み、訴訟(HPVワクチン薬害訴訟全国弁護団)になっており、未だ解決してへん。こちら(添加物知っ得裏情報)にもあるとおり、愚かな親が政府の勧めを真に受け、製薬会社を盲信し、我が子に打たせて死んだり、寝たきりになったり、痙攣が止まらなくなって従来どおりの日常生活を送れなくなったり等とワクチンを打たなければ守れた命、生活があった。それがなんで分からんのかね。いつ学習するんですか、あんたらは。恥を知れ、ワクチンという「劇薬」を盲信する偶像礼拝者よ。コロナワクチンについても同じことを繰り返すアホ親が多いと思われる。

当サイトの本拠にも書いたとおり、所謂「新型コロナウイルス」なんて物は存在せず、存在が未だに証明されてへん。それ故、行政機関は証明する文書を提示することがでけへん。それでもそれがあるかのように装い、嘘をつき、マスク着用を励行し、有害で危険なコロナワクチンを安全だと嘘をつき、治験中であることも言わずに猛烈に促進してる。これはニュルンベルク綱領違反であり、死刑に匹敵する犯罪であり、全人類に対する大罪や。何故、拙者のような人はこれ程までにコロナについて警鐘を鳴らし、ワクチンもやめるように言うのか、コロナ肯定派の人らにとっては考えもしないことなんですよね。何故かと言えば、それは「あんた方に死んで欲しくないから」に決まってるやろ。支配層や政府等の言うことと真逆のことを言うてるんやし、圧倒的にこちらは不利な状況であり、かつ、命懸けでやってるんです。政府や報道各社の言うとおりにしてるのは楽やし、安全でしょう。政府や警察に目を付けられることは無いやろからね。しかし、否定派はちゃうで。自らの地位や命の危険性をも顧みず、命懸けでみんなの命を助けたいがため、隣人愛から必死にワクチン接種をせんように引き止めようとしてるんです。それを理解しなはれ。理解でけへんのなら、もうそないな頑なな愚民とは永遠におさらばです。こちら(BitChute)にもあるように、欧米や豪州ではマスクしないだけで警察官が狂ったように庶民に暴行を働き、不正逮捕や不正な家宅捜索までする始末です。これは明らかに異常事態や。これを肯定するんなら、ほんまにその人は狂人やな。西洋医学や化学物質の塊でしあらへん薬を盲信してるアホもこちら(BitChute)とこちら(BitChute)を見て現状を直視せい。すべての元凶は、米国の石油産業を牛耳るロックフェラー家や。彼らが石油由来で作られる薬を政府機関に承認させ、従来の天然の薬草等といった体に優しい治癒法を医学書や教科書から抹消させ、石油を使い、中毒性のあるような化学物質塗れの副作用をもたらす有害な薬を販売する製薬会社の礎を築いた。ワクチンはその製薬会社から生産及び販売されてる現実…。

コロナワクチンには酸化グラフェンという毒物が仕込まれてると元ファイザー社員らや他の研究者によって指摘されてる事実がある。しかし、政府やテレビ等は意図的にこれらの情報を無視し、取り上げもせえへん。その理由は、世の支配層が嘘つきで大量人口削減を画策してるからであり、全世界の政府もその支配下にあるため、良心を持った一部の有志しか真実を言わへんのが実態。拙者も良心からこれらの主張をしてる。その内容を紹介しよう。是非この内容を拡散し、ワクチン被害者を増やさないようにしなはれ。良心が欠如し、政府やテレビ等の言うことに従ってるのでは滅ぶだけやで。

まずはこちらの動画(BitChute)を確認ください。酸化グラフェンが原因と、あとは5Gも関連します。今でも着々と5Gの送受信機が増え続け、将来出力数を上げられる時が来るでしょう。その時にワクチン接種した人が大量死する事件が起きかねません。それでも政府は原因不明とかコロナの変異株等と嘘をついたり、何か超危険なウイルスが新たに蔓延したなどと言い、一人も逃さず検査させ、疑わしきは隔離し、人権や自由を無視した強硬手段に出るでしょう。その時にFEMAキャンプとかにぶち込まれそうですね。欧米、豪州、支那等には既に隔離のための強制収容所が造られてますからね。最初からこれが目的ですよ。コロナ茶番の目的は、超監視管理社会、超共産主義の新世界秩序を構築するための政治であり、そのための布石である大量虐殺、人口削減なんですよ。ジョージア・ガイドストーンどおり世界人口を五億人以下にしようと思ったらワクチン接種という意図的な疫病発生、自由と人権を無視した警察権の濫用で強権を振るうとか戦争をする等でしか人口を大幅には減らせへんからね。

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)というのは存在せず、今騒がれてるのはコロナワクチンが原因であり、酸化グラフェンという毒物が入ってることで、体内に侵入すると、放射線を放出する。それ故に、近くに居るだけで放射線被曝し、体調不良の被害を受ける。これが伝播(シェディング)と呼ばれる現象でしょう。参考にした海外のブログ(Orwell City)を紹介し、訳も載せておきます。

リカルド・デルガド
「グラフェンには乗算効果があり、非イオン化電話波をチェレンコフ放射のように、イオン化波に近付けることが出来ると言うた。このお陰で、我等は放射線測定器(ガイガーカウンター)を使て、ワクチン接種を受けた人、既に窒息死の問題を抱えてる人、実際のCOVIDの症状に似た症状を呈しているワクチン接種を受けた人に放射線装置が作動することを発見しました(今日、ラ・キンタ・コルムナの毎日の番組でもこのことを紹介する予定です)。言い換えれば、これらの人々が、「もしこれが本当に急性照射症候群であれば」、放射線を放出する。つまり、彼らの近くに居る他の人たちは同じ症状になることはないが、いずれにしても影響を受けることになる。これと同じ研究を、世界保健機関(WHO)の元一員であるスタッケルバーグ博士が追っている。彼女もまた、ラ・キンタ・コルムナの仕事をすべて追ってる。元ファイザー、元世界保健機関、何でもかんでも隔離してしまうので、基本的には彼女を疑っていました。ラキンタコルムナの構成員の中には、放射線測定器で放射線を測定している人が居ます。ところで、我等にも放射線測定器が送られて来ました。ワクチンを接種した人にも使用してます。生物学的には何の問題も無いさかい、伝染ではありまへん。せやけど、例えば女性がワクチンを接種した人の近くにいると、月経周期に変化が生じることがあります。」

ラ・ボス・デ・エスパーニャ「はい。」

リカルド・デルガド
「また、子供たちに動悸を生じさせることもあります。ワクチンを接種してへん子供がワクチンを接種した子供の近くにいるとね。そして、それは急性放射線症候群にも当てはまります。体内に周波数を増倍する物質があると、放射性物質になってまうんや。」

ラ・ボス・デ・エスパーニャ「そうですね。」

リカルド・デルガド
「それは、殆ど電離型の放射線を放出するという意味や。理解出来ますか。彼らは標的です。標的は、受けている放射線によって爆発しそうになってる。放射線は、慢性的な病気を引き起こすからや。それが今、彼らが我等にしていることや。」

ラ・ボス・デ・エスパーニャ「まさしく。」

リカルド・デルガド
「つまり、体の中には、グレイで測った量があり、それが線量となり、シーベルトで測った量が吸収している放射線の量となる。今の基準は分からへん。せやけど、毎年吸収でけへん放射線量の最小値と最大値がある。なぜなら、その時点から放射線は致死的になるからや。」

昨晩、我はここで一時間あたり2.5レントゲンを測定しましたが、これはCT走査(スキャン)四回分に相当する。我が家にエックス線が四台あるようなものです。なるほど。これで、疲れ易さ、睡眠周期の乱れ、足や関節の痛み等が説明出来る。なぜなら、我等は放射線を浴びているから。

ラ・ボス・デ・エスパーニャ「確実にね。」

リカルド・デルガド「彼らは我等に放射線を照射してる。」

会話の翻訳は以上。

以下、酸化グラフェンへの対処法について。
こちら(BitChute)の動画に紹介されてます。亜鉛、ビタミンD等がええようですね。太陽光を浴びることでビタミンDが人体で生成されるが、政府どもや報道機関どもが国民に「家に居ろ」等と引きこもりを推奨するんは太陽光を浴びさせないため、これが理由ですね。紹介されてるものが効果的なら、ワクチン接種の排毒にも役立つのではないかと思われます。

ついでに、インフルエンザワクチンにも酸化グラフェンが入っており、南朝鮮で死亡例が幾らかあったとこちら(BitChute)では言われてます。そのインフルエンザワクチンは、仏蘭西のサノフィという製薬会社が開発したもので、その会社は英国の製薬会社グラクソ・スミスクラインと共同でコロナワクチンを開発し、日本で治験というのが当該動画後半に出ており、舐められたもんですよね。仏蘭西と英国から日本人が実験台にされるんやから…。これを認める日本政府が如何に日本国民(古代イスラエル人の末裔)に敵対してるかが分かりますよね。同胞と思うなら、絶対にこんなの許可せえへんやろ。

更に、こちら(BitChute)のとおり、元ファイザー社員、研究者であるカレン・キングストン氏が暴露してます。彼女は、政府、主要報道各社、製薬会社どもが嘘をついて憲法違反をしてると非難し、情報技術分野の大企業(ビッグ・テック、例えば、マイクロソフト、アップル、フェイスブック、グーグル等)やSNS(ユーチューブ、ツイッター等)どもが検閲し真実の情報を消し去り、嘘を蔓延させ人々を騙し、ワクチンへと誘導してると主張。酸化グラフェンがワクチンに入れられる理由は、耐熱性や体の免疫によってワクチンの有害な毒物がすぐに無効化されるのを防ぐため、また、酸化グラフェン自体が電流導体であり磁場を持つようになりネット接続が可能になるからとのこと。ハイドロジェルの話もこれに繋がる。

・市販の食品にも磁力を持つ酸化グラフェンが入ってる。

こちら(BitChute)から明らかなように、市販の穀物(シリアル、コーンフレーク等)に磁石にくっ付く物が紛れ込んでる証明となる動画や。ワクチンを打たへん人も食品等から磁気を持つ酸化グラフェンを体内に摂取させて、5G等をはじめとする電磁波によって病気にさせる、体調不良にさせることがなされてる現実がある。勿論、全部かどうかは未検証やが、嘘やと思うのなら、試してみるが良い。そして、その動画を撮って投稿して暴露するとええ。なんでこんなんのが許されるのか。販売会社を訴えるべきであろう。どう考えても食べ物に磁気を持つもんが入ってるのはおかしいよね。ほんまに支配層は庶民を殺しにかかってるのが分かるやろ。ワクチン接種を猛烈に促進してる理由も、食べ物に酸化グラフェンを混入させる理由も、水道水にフッ素という毒を入れる理由も、ケムトレイルといった有害物質を撒き散らす理由も、何だと思う。答えは人口削減しかあらへんやろ。これらすべて無差別殺人、無差別傷害の凶悪犯罪や。庶民が黙って訴えへん、大規模の抗議活動をせえへんから、あいつらを調子に乗らせてるというか、間接的に助けてさえもいる。抵抗せえへん人はそういうことやろ。臆病になって、何もせえへん人も悪人や。

・コロナワクチンには不死身の寄生虫が入ってる。

とにかく、こちら(BitChute)を見ていただければ分かる。米国人医師のキャリー・マディ氏がファイザー社のコロナワクチンの中を分析したところ、不死身の寄生虫が入ってることを突き止めた。こんなんが人体に入り、自己増殖するらしいですよ。きっしょ。ほんまに人間辞めることになるで、ワクチン接種するアホどもよ。もう接種してもうたとか嘆いてる人が居るかもしれへんが、そないな人は向こう見ずで、愚かで、非常に軽率な人。体内に得体の知れへん異物である「ワクチン」なる物を簡単に信用して接種する気が知れんよ。拙者はコロナワクチンに限らず、インフルエンザワクチンも打たへんし、それに対する信用は最初から持ってへんかった。常識的に考えてこれであり、これだけネット上でもワクチンの有害性が暴かれたら絶対に接種せえへん。そもそも、ワクチンは予防接種なんかではないし、何も予防してへんし、でけへん。それどころかかえって免疫を弱めるか無くすようになり、ええことなんか一つも無い。キャリー・マディ医師が述べてたように、なんで大衆がもっと声を上げて政府に抗議や抵抗をせえへんのかってことに疑問を感じてると言うてる。拙者も同じ気持ちですよ。せやから、世の大衆はアホなんや。アホが多いせいで、支配層や各国政府の悪人どもも悪事をやりたい放題やからね。誰一人従わず、抗議し、責め立てれば、政府どもも撤回せざるを得ないのに、大衆がアホばっかで盲従しとるさかい、この犯罪が二年以上経った今でも終わらへん。ワクチン接種しないと仕事でけへんとか、飲食店を利用でけへんとか、公共交通機関に乗れへんとか、こないな制限をして何が嬉しいのか。「新型コロナウイルス」なんか存在せえへんし、何のための制限なのか、どうして欧米や豪州のように仕事を継続するにもワクチン接種を強制するような真似をするのか。そこまでして打たせたい理由は何かと普通の頭脳を持ってれば、そのおかしさに気付く筈やろ。でも、この期に及んでも気付かへんのよね、世の大衆どもは。ほんまにそないな愚民どもの巻き添えをこちらが食らっており、迷惑なんです。早よ気付いて、必死に反対活動をせい。ツイッターでつぶやいて終わるではあかん。それでは世の中動きまへんで。


拙者が思うに、ワクチンを体内に入れてしもたら最後、排毒も接種後迅速に行わへんのならもう手遅れでしょうし(そもそも接種するなっていう話やけどね)、人体に酸化グラフェンが入り込み、ナノボットや寄生虫の作用で遺伝子組み換えが起こり、免疫が破壊されたりするのは人によって時間差があるものの割と早期に死に至るのが多い。ワクチンに振られた番号によって結果が異なるんでしょう。生理食塩水で済んでる人は死なへんし、何も無いやろけど、何回も接種に行けばその内毒に当たることだってあるやろ。その治験をしてるのが今の段階。奴らは今治験の情報をかき集め、いずれ致死量に至らへん程に調整されたワクチンを完成させ、5G等で接種した人間を遠隔操作したり、思考操作、行動操作が出来るようになるか実験もするでしょう。そして、支配層の言うことに聞き従う人間だけの世界にしたいと目論んでるのでは。ムーンショット計画とかそないな類の話はそれ。生身の人間を根絶し、支配層や悪魔に逆らう人間は残らず殺して行き、奴らに従順で魂が無いような人ばっかにしようっていうのが奴らの狙いでしょう。コロナワクチンは当初二回接種で終わりなんて言うてたのに、今になって三回目も必要とか、半年しか有効期間がなく、半年毎に打たんとあかん、ワクチンパスポートも半年という期限切れを設け、更新制にするとか言い出してる。これでも気付かん奴ってアホ丸出しやろ。もろに、ビル・ゲイツの思惑通り。マイクロソフトのウィンドウズが更新しまくるのと一緒の儲け話。ワクチンも無料としつつ、いずれ有料化し、それを更新し続けないとワクチンパスポートが期限切れして自由が無くなる、それが嫌ならまた接種しての繰り返し…。死ぬまでこんなの。最初から打たなければええのに。最初から強く反対して阻止すればええのに…。奴らは大衆から金を巻き上げて儲け続けて、支配も出来る。アホな愚民どもは恐怖に支配され、洗脳され、ホイホイ支配層の言うことを聞き、盲従する…。せやから、こちら(ザウルスの法則)のようにビル・ゲイツは高笑いが止まらへん。健康になりたければ、ワクチン接種やのうて、亜鉛とビタミンDを摂取しなはれ。これらの自然的で健康的な手法を脅迫して撤回させることを異常と思って、気付けよ。

端的には、こちら(ザウルスの法則)を読めば、コロナワクチンと5Gの関連性が分かるであろう。人口削減と大衆支配のためでしかあらへん。早よ気付いてワクチンなんか接種せず、マスクをせず、5Gを撤廃させる活動をしろ。

コロナ否定派・ワクチン否定派は、自主的に調べて科学的及び医学的な点からも確信を得てるから、止めようとしてるんですよ。肯定派は自分では何も考えず、調べずで、ワクチンを製造した製薬会社からたんまりと裏金を貰ってる御用医師や御用学者どもの意見を鵜呑みにしてるだけ。コロナ否定派・ワクチン否定派は、肯定派の人にもワクチンを打とうか迷ってる人にもやめるように引き止めの説得をしてることでしょう。拙者もその一人です。他にもこのコロナワクチンが従来のワクチンよりも遥かに危険で異常である物と知り、必死に周知してるでしょう。自分の時間や労力等を犠牲にし、必死に調査し、その資料を提供したり、口頭で説明したりしても、ろくに話を聞かず、納得もせず、何を言うても聞き入れようとせえへん人が多い。その場では頷いたりして聞いてる振りをして一旦は「ワクチン接種をしない」と言うても、後で実はワクチン接種をしたという話もある。そういう状況に置かれた人も珍しないでしょう。拙者の身内でもそないな人が居ったさかい、よう分かるよ。裏切られた気分になりますよね。「えっ、ワクチン接種しないって言うたやん」っていう感じですよ、こちらとしては。身内が必死にその人の身体や健康のことを想って止めたのに、後で知らん他人か連日しつこく嘘を垂れ流すテレビを見過ぎて洗脳され、「やっぱりワクチンを接種する」なんていう方向になびいたのでしょう。結局、そないな人は身内である我等の言葉よりも、近所の目、世間体、何より「世の権威」という政府や報道機関の言うことの方が正しいとか、そっちに合わせるべきと思ったから、こちらの諫言を聞かず翻意するんです。そないな裏切り者は今後まったく信用でけへんよね。そういうことも分からんのですよ、コロナ信者・ワクチン信者どもは。

このコロナ騒動や規制は違憲及び違法の犯罪であり、非常に迷惑なものであるが、今まで分からんかった人間性を炙り出す試金石にもなりました。家族や親戚等といった身内は味方と思ってる人が多いであろうが、そうではなかったと実感する人も多く居てるであろう。逆に、肉親なんかよりも同じような思想や信条を持つ人との繋がりが出来るようになり、そっちの方がより強い絆が出来るのではないやろか。結局は血の繋がりとかそないなもんは儚く、薄っぺらい絆ということです。それがこのコロナ茶番によって明確になった。家族なんかまったく当てにならんというこっちゃ。親子の間ですら、まったく思想や信条が異なることも珍しないし、中身がまったく異なると相容れへんようになるやろ。せやから、人間は中身が大事なんや。なんぼ外見が美しかったとしても中身が醜悪なら、一気に興醒めしますやろ。性格が悪い人、意地悪な人、愚かで自分で熱心に考えたり調べたりもせず世間体を気にしたり政府に従順になったりテレビ等の言うことを盲信するような人とは一緒に居たないでしょう。コロナ茶番が起こる前の二千十九年までは意識せんかったことやろけど、二千二十年以降はこのことを強く意識したことと思う。分断は起こるべくして起こり、それがコロナ茶番によって分かり易くなっただけのこと。

物分かりの悪い人を説得しようと試みて失敗したことは多くあるでしょう。拙者にもありますよ。でも、この失敗は我等の責任ではないことも多いんや。所詮、人間は自分から気付いて、心から理解せん限りはなんぼ説得力のあることを言うても、証拠を提示しても、聞き入れへん人は聞き入れへんようになってるからや。強い自我が邪魔してるんですよ。なんぼ家族であっても身内であっても、自分が思ってることや深く信じてることと異なることを言われても、確実な証拠を突きつけられても信じないんです。それ程に頑なな自我があるんです。拙者かて、コロナが嘘とか誰かに説得を受けたのではないからね。自分で「あれっ、このコロナって矛盾ばっかでおかしいぞ」って思い、自分で調べてその嘘を確信したさかいな。結局、「自主性」が物を言う。強い確信を持つのも、自分で調べて納得する程強い確信に至ることはない。なんぼ医者とかそういう人から言われたとしても、拙者は容易には信じまへん。しかし、世の多くは「医者がこう言うてる」とか、権威や肩書きを盲信してる意見を平気で言う。医者もそれぞれで、意見が一致することなんて殆ど無いっていう事実を知らん人も多い。弁護士かて法解釈をするにあたって人によって見解は分かれるし、裁判官かて分かれるよ。最高裁判示にしても反対意見が付されてるのも多いしな。行政権たる内閣の支配下にある最高裁判事が全員一致したからと言うても正しいという理由にはならへんけどな。せやから、肩書きがある人が言うことやから正しいとかね、アホくさいんでもうええ加減やめなはれってことです。あらゆる可能性を模索し、客観的に考える癖を付けなはれ。自分の思う結果を裏付ける見解や同調する意見を探そうとばかりするな。それでは正しくない。一方しか見てへんからね。対立する意見にも目を向け、考察せい。そして、思い込みやのうて、論理的に考えよ。

・コロナは嘘。ワクチンは人道に対する罪。

こちら(Odysee)では、独逸人の弁護士、科学者、医師等がコロナワクチンの内容を調査し、例年のワクチン死亡率と比較しても二千二十一年から展開されたコロナワクチンの死者数は過去二十年(二千年から二千二十年まで)の数倍もあり、明らかに異常と指摘した。また、コロナワクチンは心臓や肺を攻撃し、次第に他の臓器にも攻撃し、多臓器不全に陥り、自己免疫不全、免疫低下、癌の成長促進、血管の損傷、赤血球の凝固等の悪い作用があると解明した。また、ワクチンの内容物にはナノコンピュータ等と製薬会社が隠蔽していた物も見つかった上、酸化グラフェン、アルミニウム、クロム、ニッケル、ホルムアルデヒド等が見つかったとのこと。国がこれらを放置してるのは赦されず、このコロナに関する一連の行いは人道に対する犯罪であり、阿蘭陀のハーグにある国際刑事裁判所の対応が必要で、政府やその他の役人たちもこの犯罪の罪責を免れへんと弁護士らは弾劾しました。

というか、拙者にすれば「やっとかい」って感じです。専門家たちの動きが毎度遅過ぎる。今更こないなことを言われずとも、拙者は最初から警告してたし、コロナワクチンの展開前の二千二十年時点でいかなるワクチンも打つな、絶対に接種しないようにと警告してきた。有害な金属類はコロナワクチンに限らず、他の種類のワクチンにも含まれてる故、拙者はワクチン全部を忌避しろと言うてるんや。なんでこないな有害な物ばかりがワクチンにあるのかって、人殺しが目的に決まってるやろ。拙者が散々言うてきたやん。支配層による人口削減やってね。まだ分からんのかね。それなのに、世の中の愚民どもは、嘘つきの政府や報道各社に易々と騙されて在りもせえへん「新型コロナウイルス」とやらを信じて怖がり、マスクを着用し、社会的距離を取れだの、消毒をしろだの、アクリル板を設置しろだの等とまったく有害無益なことを一生懸命にしてきたよな。アホ過ぎる。どんだけあんたらはアホか身に沁みて理解したであろう。未だ自分らが愚かやと気付かへんのか。それだから傲慢で愚かなんですよ。自分を弁えることをせえへんからね。まったく謙遜でもないし、愚かで、高慢。こないな人たちはまったく救いようがない。神も見放す。主イエス・キリストは、「我は、自分が正しいと思ってる人を招くためやのうて、罪人を悔い改めに招くために来たからや。」(マタイ九章十三節拙訳)と宣言しはった。つまり、世の人間の殆どが主イエスの救いに値せえへんということや。自分が正しいと思い込んでる人は、まったく正しくないのに、あたかも善人で問題が無いかのように思っとる。せやけど、聖書の勉強が足りず、主イエスの信仰を持たず、神の律法、掟、戒めを守ってへん人であれば、救われることはない。信じるだけで救われるなんて嘘であり、信じてると言うからには行いが必須であるし、神の律法、掟、戒めを守ってることを証明する必要がある。そうでなければ、ただの「自称キリスト者」でしかあらへん。世の「自称キリスト者」も実に勘違いしてる人が多過ぎる。

・コロナはやっぱり嘘だった。支配層の所有物にすること(支配、管理、監視)が目的。

拙者が散々「新型コロナウイルス」なんて存在証明が無く、嘘やと言うてきたとおりで、コロナワクチンが人間の体内に入ると、無線周波数識別子(RFID)や青歯(Bluetooth)で接続するため、ひいては5G等と強力な電磁波の影響を受けて心理的に遠隔操作される可能性についても考えなあかん。これを「有り得ない」と頭ごなしに言うアホはどっか行け。愚か者は無知で傲慢故に滅びる。あらゆる可能性を探ってこそ研究者であり、賢者でもある。すぐに「それはない」等と軽々しく言うんは自ら「愚か者」と主張してるに等しい。こちら(ザウルスの法則)では、無線周波数識別子がワクチン内に仕込まれてる可能性について考察がある。有り得る可能性の一つであるし、もっと深く調べる価値のあることやと思う。また、こちら(ザウルスの法則)の検証により、ワクチン接種者が青歯に反応する電波を発してることが明らかにされた。青歯に反応するということは、当然に4Gや5G等といった強電磁波の影響を受けざるを得ないであろう。こちら(BitChute)からも、ワクチンと5Gの関連性は明らかで、大衆の監視管理が目的なんや。

こちら(prettyworldのブログ)では、コロナ肯定派や意図的にコロナワクチンを大衆に打たせようとする工作員どもが、否定派に対して愚かな攻撃を仕掛けてくる精神が腐った者が居ることを述べており、否定派が真実に依拠してる限り、嘘つきの肯定派に負ける筈が無いし、すべて論破出来る。こちらを論破でけへんと相手が判断すると、その記事にもあるように「個人攻撃」に打って出て、論点ズレを起こすこともお構い無しで、愚かさを全面的に曝け出す。拙者に対して根拠の無い妄想を基に個人攻撃をしてる人が居り、記事「イキる自称キリスト者になるな、騙されるな」の本文と投稿欄で紹介した愚か者のようです。ブログやツイッター等でとにかく訳分からん個人攻撃に終始し、肝心な論点については証拠を基に議論しようともせえへんのが特徴。こないなアホは、ネット上の「荒らし」と同じで相手にすると喜ぶさかい、無視しましょう。病的なアホで可哀想に…と憐れんであげましょう。このブログ(prettyworldのブログ)では、コロナワクチン接種被害や未接種者でも接種者と関わったことによる伝播被害を掲載してる記事もあるさかい、それらも参考にしなはれ。接種するとどうなるかよう目に焼きつけよ。

丁抹(デンマーク)が欧州連合(EU)として初めてコロナ規制を聖書暦二千二十一年六月二十四日(太陽暦二千二十一年十月一日)から全面的に解除したことを共有します。こちら(年中ハッピー!くらしに役立つ便利手帳)にありますし、他にも多くの記事があり、これが嘘やないことは確認済です。丁抹が規制解除を決定した理由として、嘘つきの主流報道各社は同国がワクチン接種率が七割を超えたからと言うてます。しかし、それは支配層にとって最もな理由であり、本質的な理由ではないのは明らかで、他の国でも七割以上の接種率を持つ国は西班牙、仏蘭西、伊太利亜も同じやが、それらの国では解除どころか規制を厳しくしてる。こちら(朝日新聞デジタル)のとおり、伊太利亜はコロナ規制が最も酷く、接種したグリーンパス(ワクチンパスポートの別名)か陰性証明書抜きで職場に出勤すると約二十万円の罰金や給与支払停止と狂った政策を導入してる。伊太利亜での接種率は七割に及び、八割が目標とし、やはり「ワクチンを打たせることが目的」と見られ、コロナなんていう病気があるのではなく、「ただワクチンを打たせたい」だけが目的やと分かる。なんたって支配層の狙いは、大量人口削減と監視管理やからね。ワクチンで殺したり、不妊にしたり、未接種者に害を与えたり、5G等で遠隔で操ったり監視管理下に置く、そういう人を増やそうというのが狙いやろ。国によって割当量(ノルマ)があるんでしょうなと勘繰ってます。

丁抹では、聖書暦二千二十一年六月三日(太陽暦二千二十一年九月十日)からCovid-19の「社会的に重大な病気」の分類を解除すると発表してました。こちら(日本橋夢屋)のとおりです。日本で言えば、二類から五類に下げた、普通の風邪やインフルエンザと同じとしたことになります。そのことからも、ワクチン接種率とは何ら因果関係は無いのが明白です。最初からコロナの脅威なんか無かったと白状してるようなもんです。規制を取り下げたからというて、政府の罪が消える訳ではなく、刑事告訴と損害賠償請求をすべきでしょう。実際、政府が支配層の仕掛けたコロナ茶番に加担し、不必要な規制で経済的困窮に陥ったり、廃業したり、借金が増えたり、困窮により自殺に追い込まれたり、ワクチンで殺されたり、マスクで健康被害と精神的被害(人間としての尊厳を奪われた、人権と自由を不当にふみにじったこと)を受けたり等と被害はあるんですからね。

羅馬尼亜(ルーマニア)は、こちら(テレビの思い)のように、過去に独裁政府の苦い思いがまだ新しいのか、国民の政府に対する信用度は低く、それ故、コロナワクチンの接種率も著しく低く、こちら(地球の記録)のとおり、政府はとうとうワクチン接種を促進するのをやめた。その記事にもあるが、大事なんは、「人々が、政府のワクチン接種勧告に従わなかった」ことと、「政府も義務化やワクチンパスポートを嫌った」という二点です。ほんまに政府に従順で何でもホイホイ信頼して従うのは愚かと分かる。日本人は…まだまだこの意識が足りず、あかんよな。戦前・戦中で偽天皇や政府に酷い目に遭わされても懲りひんのやから。現代日本人はほんまにアホ過ぎる。日本も早よコロナ規制を全廃させるようにせなあかん。支配層がそうさせへんというのがあるんでしょうな。日本政府は支配層の言うことに従順なポチばかりやさかい…。ワクチン接種率が八割になるまでコロナ規制が廃止されへんでは嬉しくないですよね。数年後に国民の多くが死んでしまうのなら…。せやから、気付いてる人が必死に活動して、止めなあかん。接種者が多過ぎて、未接種が圧倒的少数になる時、大迫害が始まる恐れがある。ワクチン接種すると、家畜として監視追跡対象にされます。これでは支配層の所有物になるということで、自然人ではなくなり、憲法の「人権」の保障の対象外になることを示すと拙者は考える。超人間主義(トランスヒューマニズム)を推進する支配層は、自然人を減らし、人権を剥奪し、所有物として「飼う」つもりなんですよ。こういう魂胆や。米国のキャリー・マディ医師もそう動画で言うてた。こちら(BitChute)とこちら(BitChute)を視聴しなはれ。また、こちら(メモ・独り言のblog)からも明らかなとおり、元ファイザー社員のカレン・キングストンらが述べてるように、コロナワクチンは米国の特許であり、酸化グラフェンが入っており、接種された人間は磁気を帯びさせて電磁波で通信の影響を受けるようになり、遠隔で操られることも有り得る。コロナワクチンは特許があり、打たれた人間は遺伝子組み換えされ、自然人ではなくなり、その結果、もはや人権の享受も出来ず、奴らの所有物になる。これでは獣の刻印を受けてるのとほぼ同じですよね。神の民は、神に所有される人間でなくてはならず、当然自然人のまま。しかし、ワクチン接種されて遺伝子組み換えされ、自然人ではなくなるなら、悪魔崇拝者の支配層の所有物になる、つまり獣の所有物になることにも繋がり、地獄行きになるんではないかと。決め付ける意味ではないが、こういう理屈、論理で考えると、これもあるなという感じです。せやから、ワクチンは断固拒否以外に無いし、拙者がブログで述べたとおり、悪魔の秩序、獣の秩序に従うことでも獣の刻印を押されることになる。そっちの方が多くの人には分りづらい点であり、ワクチン接種を避けるだけで絶対安心ではないし、救われるのでもない。ワクチンを避けるのは不信仰の者でも出来てる人がおるさかい、難しいことではない。調べもせずに安易にホイホイ打つ人が愚か過ぎるだけや。こちら(Odysee)のように、西洋の若い子供でもコロナワクチンや政府を疑ってるよ。それに比べ、日本人はアホみたいに政府やテレビ等を信用し切って従い、自分で調べもせずに、自ら腕をまくって家畜になろうとしたり、死に急ぐ。ほんまに屑やでそないな人らは。

ワクチンパスポートは電子的になり、今はスマホであってもいずれそれは形を変えて体内に通信する集積回路や半導体等を入れることになるだろう。こちら(Odysee)で、独逸においてその悪しき計画を二千十五年時点で科学者たちが計画してたことが分かる。それを法令を以って大衆に強制し、支配層のために酷使されるだけの家畜とさせる。体内に機械を導入したり、酸化グラフェン入りのワクチンによって磁気を帯びて5G等と通信するようになり、思考も操作され、体も操作され、もはやワクチン接種者や機械を体内に埋め込んだり、貼るワクチンといったルシフェラーゼという発光物質入りの電子刺青を入れるような愚民は滅びる。支配層に従うことで彼らの刑罰を逃れ、短期的にこの世で生き長らえたとしても、神からは断罪されることになる。まさに今、信仰が問われる。「ここに、聖なる者たちの忍耐がある。この中で、神の掟とイエスの信仰を守り続ける。」(黙示録十四章十二節拙訳)ということが出来るか否かで永遠の命が懸かってる。真のキリスト者はこの大艱難は正念場となることを知ってるが、その他の者たちは知らへんし、知ろうともせえへん。それ故に滅びる。なお、物質的な問題のみやのうて、獣の刻印は霊的な刻印である故、ワクチン接種を拒絶するだけや超人間主義(トランスヒューマニズム)の機械化を拒絶するだけでは不足であり、信仰が無いのなら結果的には滅びる。主イエスの信仰を持たず、神の律法、掟、戒めを死守せえへん者、自分の命さえ主イエスのためや福音のために惜しむようではあかん(マルコ八章三十五節参照)。

・コロナワクチンを確実に拒否する方法

ただ自己中心的で旅行に行きたい等という思いや、政府や報道各社を盲信してせっせと自分から腕を差し出して命と健康を蔑ろにする人と、職場での圧力、家族からの圧力等があって、簡単に屈して既に接種してもうた人はあかんさかい、諦めてください。短い余命で今までの愚行を後悔して改め、善行に努めてください。そないな自己中で思考停止した人、意志の弱い人、命を蔑ろにする人はもうこれから生きて行けへんさかい。最も気の毒なんは、コロナ教信者の保護者を持つ未成年者や。子供でもコロナ教信者なら同情はせんが、もしコロナが嘘と知っており、ワクチンを受けたないのに親から不当に怒られたり圧力を受けてる子が居れば、それは非常に気の毒や。でも、簡単に屈するべきではない。そないな児童虐待をし、命の危険まで冒させる毒親を告発すべきやし、親許から逃げて他の親戚を頼るか真っ当な弁護士を頼るべきです。何事も簡単に諦めたり、屈したりしないようにしましょう。

拙者はコロナワクチンが出回る前の二千二十年の間にブログ記事等を出して注意喚起してきたし、その他の人も注意喚起してきた。このコロナ騒動の本質を知るには一年以上たっぷりと時間があって、調べる時間もあったにも拘らず、「新型コロナウイルス」が存在せえへんことに気付かず、ワクチンについても調べようとせず、安易に政府やテレビを信じ、また、周囲の人間に屈して自らの命を蔑ろにするような愚か者には希望は無い。さて、未だ接種してへん人で、これからどんどん強制力をもって迫られたら屈してしまうかもと不安になってる人も居てるであろう。その人たちに向けて助言する。確実にコロナワクチンを拒否するには、すべての事に関しては契約の法的形態が取られてるという事実を知り、それを契約の当事者としてこちら側からも条件を突きつけ返すということです。コロナワクチンの接種を義務化すると政府が法整備をしたとしましょう。勿論、基本的人権を保障する憲法のある国ではこれは違憲無効です。日本国憲法でいえば、十九条「思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。」を根拠に断ることが可能です。しかし、現在、日本では与野党がグルで売国奴の国会議員どもばかりで、米国の要請で憲法を改悪しようという動きがあり、いつまで現憲法を維持出来るか不明です。奴らは日本国憲法が手厚く日本国民を守ってるさかい、鬱陶しいと感じて自民党改憲草案というおぞましい物に変えようとしてるんですよ。自民党改憲草案こそ米国による押し付け憲法で、断固反対すべきです。そこで、もし憲法が改悪されてしまった場合ですが、政府は緊急事態条項を悪用して強制的にコロナワクチンを国民に打たせようとする筈です。そうなったら、しゃあない、応じるしかないと諦めてる人が殆どでしょうが、未だ諦めるには早い。政府が「全国民がコロナワクチン接種することを義務付けます。従わない場合は罰金、懲役刑です。」なんて言い出したとしても、問題ではありまへん。接種会場なんかに自ら行くのは絶対にやめなはれ。無視しなはれ。それが決定したら速やかに国民が一斉に政府に対して契約文書を送りつけましょう。


          誓約書

以下の条件を満たした場合のみ、甲(当方)はコロナワクチン接種の強制接種に応じてもよいが、乙(そちら)が応じない場合はこちらもコロナワクチンの強制接種には応じる義務は無いと判断して拒絶する権利を有する。なぜなら、人間は誰でも健康で文化的に生存する権利と人権があるし、政府だろうと誰であろうとも命や健康を管理する権利も命令する権利も無いからである。乙は甲に対して以下に列挙したことをすべての事項を履行する義務を負う。乙が承認しない場合、甲はコロナワクチン接種義務を負わず、そのことによって国、地方公共団体、民間企業等といかなる機関や団体、何人も甲に対して不利益な扱いや差別的な扱いをすることは許されない。よって、ワクチンパスポート、電子刺青、マイクロチップ等といった人体に対して何か異物を埋め込む等といったことを容認する法整備をしたり、そのような体制を国民に要請も強要も一切してはならないし、企業に圧力を掛ける、または利益供与等の手段によってそのような物で認証しないと経済活動を制限するような体制作りをすることも禁止する。


・新型コロナウイルスの存在を証明した論文やその他の科学的証拠を一般人でも理解出来るような形式で提示せよ。

・コロナワクチンが具体的にどんな影響を人体に及ぼすか証明する文書を一般人でも理解出来るような形式で提示せよ。

・コロナワクチンがどう有効で、病気を防ぐのか科学的根拠を示す資料を一般人でも理解出来るような形式で提示せよ。

・既に多くの死者が出ており、障害者も発生し、入院患者もワクチン接種被害者ばかりの現状を何故報道させず国民に隠したのか説明せよ。

・mRNAワクチンなどというのは遺伝子組み換えであり、これはまったく有効性が無いどころか人体に害悪をもたらすと幾人もの専門家や医師たちが証言してるが、これについて反証する資料を一般人でも理解出来るような形式で提示せよ。

・コロナワクチンが何故安全と言い切れて、どう有効なのか証明した資料と人体が接種前と接種後でどう変わったお陰で病気を防ぐようになったかを証明する資料を一般人でも理解出来るような形式で提示せよ。

・コロナワクチンを接種した日から五年以内に死亡した場合(交通事故等と外的な要因で死亡した場合を除く)、コロナワクチン接種の義務化を決定またはそれに賛成した国会議員、厚労省職員一人ずつが個人として損害賠償責任(国家賠償ではない)を負い、一人当たり金五億円を我が遺族または被害者本人が生前に指定していた代理人か法定代理人に支払う。賠償金の支払期日は、被害者の死亡の日から一か月以内とする。遅滞の場合の年利は十パーセントとし、上限額は設けず、その他のいかなる法規の制約も受けないことを確約するものとする。被害者死亡の時から一年経っても支払わない場合、または、支払い能力を有しない場合は、懲役三十年の刑に服するものとする。自己破産等を宣言したとしてもこの義務から逃れられず、刑罰も他の法規の制約を受けず、記載のとおりの刑に服する義務を負う。憲法五十条が定める国会議員の国会の会期中の不逮捕特権もこの場合は適用されないものとする。被害者が死亡してもこの契約は無効とはならず、期限無く効力を持つ。

・コロナワクチンを接種した後に死なずに他のコロナワクチン接種者が被った害の典型例である血栓、皮膚の壊死、神経痛、麻痺、痙攣、湿疹、帯状疱疹、蕁麻疹、脱毛症、心臓疾患、脳疾患等と何らかの症状が出た場合、既往症の有無の証明はこちらがせずとも責任を一切免れず、その症状の軽重に拘らず、コロナワクチン接種の義務化を決定またはそれに賛成した国会議員、厚労省職員一人ずつが個人として損害賠償責任(国家賠償ではない)を負い、一人当たり金三億円を被害者本人に、被害者が応対不可の状態に陥ってる場合は被害者の親族または被害者本人が指定する代理人か法定代理人に支払う。遅滞の場合の年利は十パーセントとし、上限額は設けず、その他のいかなる法規の制約も受けないことを確約するものとする。被害者が傷害を報告した時から一年経っても支払わない場合、または、支払い能力を有しない場合は、執行猶予無し、仮釈放無しの懲役三十年の刑に服するものとする。自己破産等を宣言したとしてもこの義務から逃れられず、刑罰も他の法規の制約を受けず、記載のとおりの刑に服する義務を負う。憲法五十条が定める国会議員の国会の会期中の不逮捕特権もこの場合は適用されないものとする。被害者が重篤な状態に陥って意思表示が出来なくなったともこの契約は無効とはならず、期限無く効力を持つ。

また、コロナワクチン接種後に傷害を負い、接種日から五年以内に死亡に至った場合、上記の死亡案件と同じになり、金三億円を支払済であっても、差額の金二億円を被害者が死亡した日から一か月以内に我が遺族または被害者本人が生前に指定していた代理人か法定代理人に支払う。遅滞の場合の年利は十パーセントとし、上限額は設けず、その他のいかなる法規の制限も受けないことを確約するものとする。被害者死亡の時から一年経っても支払わない場合は、執行猶予無し、仮釈放無しの懲役三十年の刑に服するものとする。被害者が死亡してもこの契約は無効とはならず、期限無く効力を持つ。

上記をすべて承認し、信義則に則って上記事項を守り、乙は甲に対して必ず義務を果たすことをここに誓約する。裁判所は、この書面どおりに履行する義務を負い、乙が下記の日時から一年経過しても支払いを履行しなかった場合や支払い能力が無い者に対して速やかに逮捕状を発行する義務を負い、捜査機関(検察、警察)も速やかに職務を遂行するように。

日時     年   月   日

甲 氏名______________________________________ 印  住所_________________________________________

乙 氏名______________________________________ 印  住所_________________________________________ 」


上記の内容の文書を作成し、厚労省や内閣府に送りつけてください。すべては契約ですし、応じる応じないの選択の自由はありますよ。法的義務だなんていうても関係ありません。勤務先から強要される場合も同じように、この文言を変え、会社の社長や上長らに書き換えて責任を保証させましょう。学校ならば、校長や担任教師らに書き換えて責任を保証させましょう。これは、コロナワクチンに限らず、インフルエンザワクチン等と他のワクチン全般に言えることです。絶対的な安全保障の証明がでけへん場合、全部拒否しましょう。今後、インフルエンザワクチンにもコロナワクチンと同じmRNAワクチンという遺伝子組み換えをするものが投入される恐れもあり、いかなる種類のワクチンも断固拒否の姿勢が重要や。また、マスク着用の強要を受けた際にも、使える言い回しと文書です。もし、マスクを強要された場合、相手に「実際、政府やテレビ等が言う「新型コロナウイルス 」とやらは存在せえへん上、マスクがウイルス予防に効果があると科学的証明はありまへん。そんなぺらぺらのマスクごときで身を守れると本気で信じてるなら、あんた自身が着用してれば安心ちゃうんか。なんでこちらもせなあかんの。なんであんたに命令されなあかんの。全体主義者ですか。義務の無いことを他人に強要すれば強要罪という犯罪である故、通報しますよ。」と言えば済みます。それでも引き下がらん場合は、「マスク着用を強要し、後日こちらが何か健康被害や鬱気味になる等と精神的被害を被った場合、診断書を取り、それを基にあんたを傷害罪及び強要罪の犯人として告訴する上、慰謝料も請求します。それでもええということなら、一筆書いてください。あんたの名前、住所、勤務先等すべて書いて、免許証等の身分証明書も見せなさい。証拠として撮影しときます。」って言えば、愚かなコロナ教信者やマスク信者どもを撃退出来るでしょう。売国奴どもが勝手に決めた法律なんて絶対的ではありませんし、強制となればそれは厳格な保障が必要とされて当然です。人殺しや傷害を負わすことを強制的に容認する法なんて反社会的ですし、従う義務はありません。それを強制するからにはそれなりの根拠や保障を伴うのは当然やないか。そうでないと誰も納得なんかせえへんよ。むしろ、犯罪です。強迫に伴う契約の締結は正常な意思表示に基づくものとは言えまへん。つまり、政府がコロナワクチンを接種しないと仕事がでけへんとか、航空機や公共交通機関を利用でけへん等と縛りを加えるのは憲法違反でもあるし、違法でもあります。その安全性や有効性をきちんと証明出来ておらず、それにも拘らず執拗に接種を勧めたり、ワクチンパスポート構想なんかも練ってますが、これらもすべて違法であり、ワクチンパスポート構想を考えてる機関に今の段階で上記の文言を少し変えて、送りつけても効果があるでしょう。ただ一人がやるのではなく、なるべく大人数でやることです。「これが民意だ」と見せつけなければ効果は薄いでしょう。少数過ぎても無視されるのがオチやからです。そうやって不利益をちらつかせて、応じるしかないと国民に思わせて無理に従わせるのは民法九十六条一項の強迫に当たり、取り消しの要因になる程であり、その意思形成に欠陥があることが明白やからです。つまり、何も安全性や有効性を保障されてへんのに、なんでそれを強制されなければいけないのか、また不利益を被らねばならんのかってことを考えなはれってことです。国民が憲法や法律に疎いから、強制とか法律で決められてるとかで簡単に根を上げて、自らの命や健康を捨てるんや。無知はほんまに罪で、身を滅ぼします。賢くならないと狡猾な政府や官僚に負けてしまい、みすみす命や健康を捨てることになります。ワクチンパスポートも違憲で違法であり、そのようにワクチンを打たないとあらゆる不利益を課すのは不当で違法な制限であり、国民を騙してワクチン接種をさせる汚いやり方でもあります。選択の自由は皆に当たり前にあります。その自由が無いかのように政府らは国民を騙してるのです。惑わされんといてください。参考までにこちらの動画(Odysee)を視聴しなはれ。これは電気のスマートメーターという有害な電磁波を出したり、それを傍受することで家に居るか否か、どれだけ電気を使ってるか等を知られる問題のある機械です。日本でもこれは流通してますよ。入居者に言わずに勝手に電力会社がスマートメーターに取り替えてることもあります。あんた方の家のメーターを確認しましょう。勝手にスマートメーターにされてるなら、アナログメーターに戻すように電力会社に要請しましょう。断るなら、上記の文章を電磁波の被害に変更して口頭で言うか、文言を変えて文書を電力会社に送りつけて対応を促しましょう。こちら(BitChute)でも、電力会社が勝手に設置するスマートメーターの被害が分かる。こういうのは蓄積される損傷なんですよ。即死するなんていう即効性は無いけども、健康をじわじわと蝕むんです。ワクチンなんていう有害物質を体内に取り込んだ人は、今後死に至る可能性もあるで。あんたらはそれが理解出来ておらず、無知過ぎる。「本拠」にも書いた5Gの危険性を書いたとおり、5Gは「ミリ波」という非常に強い電磁波やし、もっと危険ですよ。分かったら、もっと必死に抗議せい。あんた自身、家族、子孫のためにも。今、大丈夫だからやないねんて。後で絶対に問題になる。過去の公害被害もそうやった。大勢の被害者が出てからでないと動かんっていうアホさをいつ直すんですかね、日本人は。日和見主義ばっかで、ほんまにみっともない。


・日本は海外よりコロナ規制がマシは今だけ。改憲後は、海外より悪なるで。

こちら(note)には、ナカムラクリニックの中村医師が、豪州メルボルンの酷い状況や米国のやばい現状等の日本人による体験談が載せてるが、拙者は良く思わへん。なぜなら、ああいうのを読んで、日本の愚民たちは「あぁ、日本って恵まれてる」と呑気に安心するからや。中村氏のあの読者の体験談掲載は、日本国民を油断させかねへん内容であって、まったく危機感が欠如してると言わざるを得ない。その豪州に三十年以上住んで永住権も持ってた六十代女性の証言が嘘とは言わんが、あないな人の神経ではあかん。極端に酷いのと比較すれば日本はマシに見えるだけで、日本も相当あかん。なぜなら、新型コロナウイルスなんて嘘であり、何も対策なんてやる必要が無いのに二年以上もしつこく犯罪を続けてるし、日本はマスクもワクチンも法的に何も強要されてへんのに政府やテレビ等に騙されて自ら死にに行くか家畜になりに行く愚民が多く、嫌がる人に同調圧力でやらせる愚民も多いし、拙者が「本拠」や「改憲問題」の頁で警告してるように、自民党改憲草案どおりに改憲されて「緊急事態条項」というのを認めてしまうと、過去の独逸のナチスと同じ状況になって「国民に人権は無い」っていう風に確実になりますからね。現日本国憲法のお陰で日本国民は自由や人権を享受出来るんや。そのことを知らん愚民が多過ぎる。改憲阻止に向けて具体的な活動をせな、あんたらも破滅を見るであろう。調子に乗るな。浮かれるな。国会議員どもの売国政治をやめさせ、改憲もやめさせ、コロナ犯罪を追及して処罰しなければ、決して健全になることは有り得へん。拙者は、「本拠」でも書いたとおり、ナカムラクリニックの中村医師には正直落胆させられた。彼はコロナが嘘とかワクチンが危険と警鐘を鳴らし、反ワクチン訴訟の原告に名を連ねておきながら、改憲阻止どころか改憲推進派であることが彼のブログ「憲法改正について」(note)にて明らかになったからね。何なんでしょうか。改憲の恐ろしさが全然分かってへんのやろね。改憲されたら、反ワクチン訴訟も無かったかのようになり、政府は国民にワクチンを強制出来るようになるし、国防軍創設により、強制徴兵も行われるよ。改憲のやばさを理解したら、改憲阻止に全力を注ぎなはれ。

三回目のコロナワクチン接種に向けて前向きな岸田総理率いる自民党、創価学会の公明党、在日だらけで支那と癒着し続ける売国奴の維新の会らは論外であり、野党筆頭の立憲民主党や共産党をはじめとするコロナ教信者どもは検査体制を強化して隔離政策を推進しようとしてる悪人ばかり。日本では、すべての政党と議員らが売国奴で、改憲に反対してへんし、コロナが嘘、ワクチンは不要と言う議員は一人も居らへん異常事態や。天皇、摂政、国務大臣、国会議員、裁判官、その他公務員らは憲法九十九条により、憲法尊重擁護義務があるにも拘らず、誰もこの憲法違反で人権侵害をしてるコロナ犯罪を非難することを言わへんやろ。ゴミ屑人間ばかり。憲法を知らんのなら、その職に相応しくないから即懲戒免職すべき。なんで日本はこうも悪人ばかりなのか。庶民も同じやで。なぜなら、どこもかしこもマスク着用したアホばっかやさかい。憲法の人権意識を持ち合わせておらず、法律も知らず、平気で他人に要らぬことを強要したり圧力を掛ける程に心と頭が悪く、狂った奴らばっかで気持ち悪い。コロナが嘘、ワクチンが有害と気付いてる人でも大した行動に出てへんやろ。それも問題やねん。それではこのコロナ犯罪は終わらんよ。こちら(BitChute)のように、欧州議会は公然とコロナ規制、ワクチンパスポートやワクチンを強制することに反対し、憲法上の基本的人権を守るようにと声明を出し、インドのテレビでは製薬会社最大手のファイザー社の悪事を報道した。日本のテレビはさっぱりやろ。日本のテレビ局や芸能人も在日ばかりで、日本人に有益な情報は一個も流せへんし、むしろどうでもええことや嘘ばっか垂れ流す有害な存在。その有害な存在をあんたらの大多数が信じて従ってるから、日本を滅ぼすんや。ほんまに目を覚ませよ。

上述したように、デンマークでは既にコロナ規制を全廃し、ワクチンも推奨してへんし、PCR検査もやめたし、マスク着用義務も無いし、まったく通常に戻った。それに比べれば日本は遥かに酷いんや。他にも北欧諸国は追従してコロナが嘘であったと認めたようなものなのに、西欧諸国、米国、豪州、亜細亜、阿弗利加の地域では未だ根強くコロナ犯罪を続けてる。早よコロナ犯罪をしてる首謀者、協力者どもを訴追して処罰し、コロナ規制を全廃し、ワクチンなんてものをこの世界から排除し、一切認めへんようにならんのなら、この世は滅びる。


最後に、コロナが嘘と気付き、コロナワクチンが危険と知って接種をしない方向でおる人も、聖書を知らん、主イエス・キリストを知らんでは困る。世の真相論に気付いても、結局は滅びますからね。聖書を信じひん、主イエス・キリストを信じひん頑なさは、コロナ肯定派・ワクチン肯定派の人の頑なさに似てる。中には、キリスト者と自称してる人でもコロナ肯定派は居るやろけど、それは嘘つきやから信用したらあかん人や。この世が滅ぶのは聖書から分かるとおり、これは既定路線なんです。この世は滅ぶに値すべき程に堕落し、悪も極まりつつありますやろ。こないな憲法違反、様々な法律に触れる違法のコロナ犯罪を一年半以上経った現時点でも捜査機関はちぃとも動きまへん。捜査機関もおかしいし、政府の手下でしかなく、共犯やからです。結局は愚民が世の多数派である以上は、勝ち目は無いんでしょう。日本は改憲問題もあり、それも必死に自民党改憲草案の危険性を伝え、改憲反対に持って行かなあかん。改憲されてまうだけで、木原弁護士らが現在係争中の「反ワクチン訴訟」や「反マスク訴訟」もすべて無に帰す。こちら(ニコニコ動画)に「反ワクチン訴訟」(木原功仁哉法律事務所)の記者会見の様子がありますよ。でも、テレビ、新聞、ネットニュースで一切報道されへんやろ。おかしいよね。日本において、報道の自由はとうに無いんですよ。気付けよ、テレビ信者のアホ国民よ。あんたらが盲信してるテレビは嘘つき、捏造まみれの情報や。テレビ信者は、ほんまに愚か。テレビ大好きで、テレビが言うことはすべて真実っていう信仰なんやろね。テレビ教というカルト宗教ですよ。そのテレビは政府の検閲下にあるんやからね。そういうことも知らん程のアホなんでしょうけど…。日本人は諸外国に比べてもテレビ信者が多いやろ。ほんまに腹立つんですよ。アホ過ぎて。話題にすることはテレビで言うてることだけで、それ以外は会話でけへんっていう位になってる人が多過ぎる。ほんまにアホばっかでうんざりする。こないなアホ国民だらけで、改憲の危険性も理解せず、安易に改憲されてしまい、施行されたら最後、日本は戦前回帰し、自由に物が言えへんようになり、安倍政権下で強行に成立させられた現代の治安維持法の共謀罪も濫用され、反政府発言をしようものなら思想犯として取り締まられる北朝鮮や支那のようになりまっせ。改憲されてもそうならんと思う人はアホです。そないなアホは想像力が著しく欠如しており、極左の自民党議員どもを根拠も無く盲信してる狂人や。「靖国の英霊がー」等と寝ぼけたことを言うてる自称保守のアホどもも目を覚ませ。現憲法を破棄して自民党改憲草案にすり替えられたら、戦争を繰り返すことになるのが分からんのか。また犠牲者を増やしてどうするのか。ほんまにアホ丸出しやし、狂ってるとしか言いようがない。改憲賛成派は戦争擁護派に等しい。改憲賛成派やコロナ肯定派等は人間の屑であり、そいつらが日本や世界を滅ぼす。

・反ワクチン訴訟に関する情報

訴訟状況については、「反ワクチン訴訟」(木原功仁哉法律事務所)から飛べる「反ワクチン、反マスク訴訟のサイト」から詳細を見ていただきたい。また、こちら(ニコニコ動画)で反ワクチン訴訟の第一回口頭弁論の結果報告を木原弁護士らが行いました。ここから分かるように、彼らがおかしい集団に見えますか。政府、厚労省、裁判所、報道各社、彼らの言いなりになって追従し、喜んでマスク着用してる愚民どもこそ「頭がおかしい」やろ。木原弁護士が強調しとったが、裁判官ですら「マスクは任意」と言うた。それにも拘らず、マスク着用を他人に強要する人は、犯罪者やぞ。その自覚を持て。マスクを外せ。他人に怯えるな。あんたらは無知で臆病やからいつまでもマスクしてるんやろ。アホか。もっと賢くなって堂々とマスクを外し、なんやかんや言われたら論破出来る位でいろよ。何も難しない。こちら(アメブロ 目覚めてる庶民(自頭2.0)のブログ)は、当該訴訟の傍聴人の一人が書いたブログや。木原弁護士が話し始めてあんま時間が経っておらず、彼が衆議院議員選挙に立候補したことでそれと関連すると話をした途端、東京地裁の裁判官が怒り出し、発言をやめさせようとし、木原弁護士が聞かずに話し続けると強制退廷させるように官吏を呼んで力づくで追い出したという、暴力的でとんでもない態度を取ったのが分かる。もう日本の司法はあかんな…。こないにすぐに終わった裁判の次回期日がなんと三か月も後の聖書暦二千二十一年十月十日(太陽暦二千二十二年一月十三日十一時三十分)に行われるとのこと。この三か月何すんの。時間稼ぎにしか思えへんのよね。岸田総理は、三回目のワクチン接種に前向きやし、裁判所も政府もグルでコロナ犯罪を犯し、マスクとワクチンを励行するというコロナ教信者具合を公に示したと言えよう。

上図は、共同通信社からヤフーニュースに掲載されたもんを拙者が弾劾した弾劾注釈入りの画像を掲載した。おかしやろ。まず、共同通信社が裁判の内容についてまったく触れてもいないことがあかん。報道の役目を放棄してる。マスクしてへんことは一生懸命に書き、見る人にはマスクをしないのが悪いとだけ印象付けたい思惑が見て取れる。まったくこの「コロナ犯罪」の本質について触れようとせえへん。そこには触れたらあかんかのように。報道各社の上層部が報道規制を敷いてるのが明らかやろ。木原弁護士が「これは政治」と言うてるように、拙者も気付いてるけど、コロナ犯罪は史上最悪の人体実験、大量虐殺、共産主義化するための政治なんですよ。そのことに触れる勇気のあるテレビ局、新聞社等は存在せえへんやろね。どこもかしこも犯罪の片棒を担ぐ犯罪者ばかり。

日本国民よ、なんで抵抗せんのかね。なんでおとなしくマスク着用に従い、アクリル板を設置したり、アルコール消毒等と有害無益なことを一年半以上も続けてるんか。ほんまにアホやろ。アホを通り越して、「悪人」です。拙者はもはや「コロナ茶番」とは言わんし、「コロナ犯罪」と言う。コロナワクチンが展開される前の二千二十年までは「茶番」とまだ遠慮気味に言うたけど、コロナ規制や対策をすべての人に強要させてるんは違憲及び違法と言うてきた。政府や知事等の言うこと、御用医師や御用学者等が嘘を平気でつくテレビの情報を盲信してるようでは、拙者の知識には到達せえへん。テレビ、新聞、大手ネットニュース等の情報を盲信してるようでは一生ゴミ屑人間で終わり、日本も世界をも滅ぼす極悪人や。さっさと、聖書暦二千二十一年六月二十四日(太陽暦二千二十一年十月一日)からコロナ規制を一切廃止したデンマークのように、コロナに関する規制を撤廃すべきでしょう。今すぐにでもやろうと思えば出来る。ただ悪意ある欧米の支配層が日本政府、都道府県知事、厚労省、報道各社、大企業らに賄賂や悪意ある命令を出しており、そのせいで撤廃しようとせえへん。それだけのこと。支配層の圧力に屈してるから終わらんし、庶民が大変な思いをせなあかん。あと、庶民も愚かで無知でおとなしく従ってるだけやさかい、一向に終わらん。拙者が過去記事「全力で改憲反対してワクチンも拒否せい」でも言うたように、何万人、何十万人、何百万人と国会や都道府県庁舎等に詰め寄って抗議したり、撤回するまで一切の労働を拒否、税金納付の拒否といった活動を集団ですれば、すぐに終わるよ。それ程の抵抗があれば、政府も撤回せざるを得ないからね。でも、やろうともせえへん人間ばっかやろ。アホやから。なんでこのコロナ犯罪を終わらせたくないのか。普通、「新型コロナウイルス」なんか無い、マスクせんでええ、ワクチンを打たんでええって知って喜ぶべきことではないんか。なんでそれを否定し、無いもんを在るかのように思い込み、有害無益なことをやり続けたいと思うんか。完全に「コロナ教信者(コロナ脳)」という宗教信者と化してることに気付けよ。おかしいんやぞ、自分ら。その人数が多過ぎて分からんのやろけどな、それは洗脳が深いからや。テレビを消せ、捨てろ。新聞を購読するな、捨てろ。学校教育で受けた知識を捨てろ。それからや。それらがでけへんのなら、一生暗闇を彷徨い続け、希望も無く、支配層の家畜として搾取されるだけのゴミ人間でしかあらへん。人間でありたい、尊厳を持ちたい、人権や自由を持ちたいなら、今すぐに今までの世が醸成した「常識」を捨てろ。それからや。

拙者がブログで二千十七年から何遍も警告してきたとおり、日本の危機的状況を知って受け入れなければならん。政府、学校教育、報道各社、無知なあんたらの先祖、家族、親戚、友人等の言うことを聞いてるだけではあかんのや。それでは滅びる。反ワクチン訴訟も成功したとしても、その先には希望は無いで。相変わらず、明治維新という武力行使を伴った国家転覆行為の果てに作られた「日本政府」、朝鮮人部落民が居った薩長閥出身の傀儡議員や傀儡大臣どもが世襲で居座り、朝鮮や支那等からの帰化人どもが国会に居座る西洋風の議会制度を破壊せん限りは真の平和は訪れへん。つまり、現実的に無理ということであり、明治維新を以って日本は詰んだということや。明治維新は背後に欧州が居った。文明開化などという美化に騙されるな。日本を破壊し、日本国民の文化や魂を破壊した日本史上最悪の出来事や。あんたらが、洋服着たり、無駄に片仮名英語を多用したり等と日本人が西洋かぶれしてる限り、主イエス・キリストを信じず、神の律法にも従わず、異教を信じて従ってる限り、絶対的に日本に真の平和は訪れへん。どうすればええかは拙者のブログや動画から勉強すれば分かる。

反ワクチン訴訟についての続報

中村篤史医師や大橋眞氏らが原告となって国を相手に反ワクチン訴訟をしていた件につき、二千二十二年五月四日(太陽暦二千二十二年八月二日)で東京地裁が「却下する」という破廉恥な判決を出したと、中村氏がこちら(note)で報告してたんを確認しました。高裁に控訴するかは担当弁護士らへの疑念から保留中らしい。本来なら、依頼者である原告の意向を無視して勝手に突っ走った木原弁護士と南出弁護士を不適任として解任したいところやろけど、他に引き受ける弁護士が居らんことから葛藤してはるとは思う。別頁「改憲問題」でも非難したとおり、日本の弁護士どもは、ほんまに役立たずばっかやな。

彼は「公判」なんて書いてたけど、これは刑事裁判に用いられる用語であり、間違うてる。彼は法律については素人やからしゃあないけど…。その記事内容で「東京で裁判しちゃ駄目」と中村氏に言うた人が居ったようやが、これも素人丸出しの意見。裁判には「管轄」というのが決まってるんですよ。「訴えは、被告の普通裁判籍の所在地を管轄する裁判所の管轄に属する。」と民事訴訟法四条一項に規定されてることを知らんのかってね。素人の一般人は知らん人ばかりやろけどね。被告が国、今回の場合は厚労省でしょうから、厚労省が東京都にある以上、管轄は必然的に東京地裁にならざるを得ない。そして、最高裁も東京にあるし、東京で裁判せえへんなんていうんは絶対に不可能。国側は、「認否しない」という態度で逃げおおせた結果になった。これで裁判所が却下するんはおかしいよね。普通、被告が弁論をせずに逃げる場合や口頭弁論に出頭せえへん場合、原告の請求が認められるんが通常である。なぜなら、被告側に何かやましいことがあるから何も言わへん、口頭弁論にも出てけえへんというのが裁判官の心証に与えることやからや。実際、国側はやましいから何も言わへん、認否せえへんという態度を取ったんや。せやから、普通は原告側の言い分を検証して、裁判官が証拠も揃っており原告の請求が正当であると認めるとき、被告はほぼ敗訴確定するというんが通常の民事訴訟の流れ。しかし、今回は裁判所が具体的に何を理由にして却下したかは中村氏が判決理由の箇所を掲載してへんさかい確認出来ず、過去三回の口頭弁論でも原告の代理人(弁護士)がまともな主張をせず(木原氏が選挙等のことに触れて退廷させられた騒動等)、被告側も何も言わずで、「ほんまに何をしたの」って感じで、裁判官も仕事をせず、まったく有り得ない裁判であった。刑事裁判で例えるなら、証拠も出揃ってるのに被告人が黙秘を貫けば証拠をすべて無視するかろくに検証もせずに、「被告人本人が何も言わないから無罪」と言い渡したようなもんですよ。有り得へんことをしたよ、この東京地裁の裁判官どもは。懲戒免職すべきやな、こないな不良裁判官は。また、殆ど何もしてへんのに、訴訟費用なんて取るなよ。詐欺やろ。常々思うが、公務員は税金から給与を貰てるんやさかい、費用を別途徴収することがおかしい。また、木原弁護士と南出弁護士は、明治の帝国憲法を理想視して君主制や軍国主義に戻す改憲を目指す者であり、裁判中にあった衆議院選挙に木原氏が立候補したこともあり、この人らは自分たちの政治活動の売名のために反ワクチン訴訟の代理人を引き受けたのかと思わざるを得ない。ワクチン被害の救済に手を貸すよりも政治活動で忙しいと逃げており、まったく不誠実ですね、弁護士として。中村氏が木原氏と南出氏への信頼が揺らぎ、他の弁護士を探してみたところ多くの弁護士らに即断られたと書いてますね。ワクチン訴訟やワクチン被害訴訟の委任を断るようなコロナ教信者で正義感の欠片も無い役立たずの弁護士だらけのようやし、終わってますね、日本の司法業界は。鵜川氏によれば、ワクチン被害訴訟の相談を受けてる弁護士が三名居るとあるが、ほんまやろか。ワクチン被害も訴訟すればええけど、それより、さっさとPCRの欺瞞を訴えて廃止に持って行き、コロナも嘘でしたと厚労省に言わせる訴訟をしろよって思う。なんでこれをせえへんのか。欧米では出入国管理についてPCRで陰性証明書が云々といった規制もとっくに撤廃してるんですけど、日本政府は隔離等については緩和したが、PCRの陰性証明書云々は今もなお撤廃してへん。あんたらが賢いやり方で訴訟も大規模抗議活動もせず、野放しにしてるから、いつまでもこういう違法な遺伝子情報収集活動を政府がやめることはない。この深刻さを理解してへんからやろな、現代日本人が。もっと賢くなれよ、ほんまに…。こちら(字幕大王のサイト)で紹介されてる寺尾介伸氏がPCR訴訟をやってたけど、実を結ばず、これも即却下されて終わってた。その件も訴訟遂行のやり方が悪いんやと思う。裁判所が行政権(内閣)の手下であり、腐ってるんもあるけどね…。現憲法の欠陥は、最高裁の判事の人事権が行政権の内閣にあることです(憲法六条二項、七十九条一項、八十条一項)。これでは司法の独立なんて有り得る訳がないし、行政に都合がええ裁判官ばかりになるんは当然であろう。改憲するなら、この部分を変えて司法権が行政権から完全に分離独立するような文言に変えて行政に斟酌する裁判官は全員罷免するべきであり、緊急事態条項といったナチスを真似た独裁条項を付け加えようとしたり、九条を改悪して平和主義を捨てたり、九十七条の基本的人権の永久保証を削除し、天皇を国家元首にして君主制に戻して国民主権を否定する自民党改憲草案どおりに変えたら絶対あかん。

恥ずかしいよ、日本。こんな体たらくな状態なんですね、今の日本って…。とっとと滅んだらええわ。もうええよ、あまりに愚かで、救い難いわ。神も、こない悪い日本人どもをお赦しにはならへんであろう。不信仰、かつ、愚かで不誠実で悪行をやめようとせえへん人たちに救いなんてある筈がない。こない悪人だらけの日本が大災害に見舞われても至極当然。悪行の報いは必ず受けることになろう。災いを免れるなどと思うな。