今、皆に知ってもらいたいこと

・自民党改憲案は危険。断固反対しなはれ。

反対する理由の詳細は、ブログ記事「全力で改憲反対してワクチンも拒否せい」と特設頁「改憲問題」をお読みください。自民党改憲草案どおりの改憲に賛成して何一つ日本国民にとって益になることはありまへん。現憲法の国民主権、基本的人権の尊重、平和主義がすべて失われ、悪徳政府の独裁が期限無しに行われるようになるさかい。自民党改憲草案の「緊急事態条項」っていうのが超危険です。ヒトラー率いるナチスが過去にやった手口をそのまま真似てるからや。絶対に反対。国民投票にかけることすら阻止すべきです。投票で反対票を投じるのは当然ですが、そこでいつもの不正選挙が行われる可能性が高く、信用出来まへん。国会で発議や国民投票を行わせること自体を阻止することが最も安全です。また、行政や国会相手に戦う正義感のある弁護士を味方につけ、憲法改悪を阻止する訴訟提起をしてください。拙者も訴訟について取り組んでます。他人事に思わず、他人任せでもなく、あんた方が自分たちでも積極的に動き、改憲阻止のために働いてください。お願いいたします。日本の将来、日本人の命運はこれに掛かってるからや。

・新型コロナウイルスは嘘。あるのは大きな嘘、愚かな大衆の恐怖と愚行。PCRは感染症の診断がでけへん。それなのに故意に各国政府は乱用してる。その理由は、不当に病人認定して有害ワクチンを打たせる口実作りと遺伝子情報を盗み取るため。

詳しくは別頁「コロナ問題」も参照しなはれ。ブログ記事「早よ行動せんのなら日本は滅びる」でも紹介してるとおり、東京都をはじめ、他の道府県も厚労省も「新型コロナウイルス(SARS-CoV-2、COVID-19)」の存在を未だに証明出来てへん。なぜなら、「新型コロナウイルス」なんて存在せえへんからや。未だに分離されたり存在証明がなされてへん事実をあんたは知らんのか。知らんのなら、無知過ぎる。テレビや大手報道機関が提供するネットニュース等を見て新型コロナウイルスとやらがあると盲信してる愚か者や。PCR検査や抗原検査は、遺伝子検査であって、感染症検査やないで。せやから、それらの検査を媒体としてコロナ陽性と診断してるのはまったく非科学的であり、おかしいんや。ノーベル化学賞を取ったPCR開発者であるキャリー・マリス氏は生前「PCRは感染症の診断には使えへん」と断言していたことからも明らかや。こちら(BitChute)とこちら(Odysee)からマリス氏の発言が確認出来ますし、米国の国立アレルギー・感染症研究所 (NIAID)所長であるファウチ博士らが嘘つきと断罪してます。拙者も同意であり、政府や医療機関の奴らはほぼ嘘つきで、支配層の計画に乗っかってるだけです。こちら(Odysee)では、サマンサ・ベイリー博士がPCRについて、PCR開発者のキャリー・マリス博士の言葉を引用しながら分かり易く説明してます。また、こちら(BitChute)ではウイルスの存在そのものを否定してます。それらを見てもなお、PCRで何か病気を発見出来る、特にコロナ(Covid-19)であると勝手に決めつける診断材料の検査になるんだと嘘をつき続けるのは、どう考えても賄賂を握らされてるか、支配層の犯罪に協力してる悪しき人間であることは疑いの余地があらへん。

PCRは検査ではない。

こちら(BitChute)から明らかなとおり、国会議員、厚労省、知事たちは、PCR検査で陽性になったからとしてもコロナ感染者ではないし、感染力を持たへんと明言してるよね。確信犯ですよ。それでもテレビや新聞やネットニュースでは「感染者」と嘘をついて国民を騙し続けてる。気付かん人は異常や。菅義偉氏は、人口削減と暴露してるしね。でも、国民は気付かんし、知らんやろ。ほんまに無知も甚だしく、愚か者。こちら(BitChute)とこちら(BitChute)でも厚労省に電話で問い合わせした結果からも「新型コロナウイルスは無い」と白状してます。これでも嘘やと思うか。嘘やと勝手に根拠も無く決めつける前に、自分で電話して確認したらどうか。こちら(BitChute)では、ウイルスが他者に感染するというウイルス学の嘘と百年前の西班牙風邪もワクチン被害でしかなかったことを伝えてる。二千二十年から始まった新型コロナウイルス騒動も同じく、二千二十一年から展開されたワクチン被害でしかなく、存在せえへん恐怖を煽り続けて、人権侵害をして、人命まで奪ってるゴミ屑人間が多過ぎる。そないな者は犯罪者や。百年前とちゃうんは、mRNAという遺伝子組み換えをするコロナワクチン接種者から未接種者への伝播被害は有り得るという点や。

PCR開発者であるマリス氏の意見に反し、今の各国政府どもは感染症の診断がでけへんPCR検査を意図的にコロナ発見器かのように嘘をついて推進してるが、これは遺伝子情報を国民から盗み取るためと有害なワクチンに誘導するためや。究極の個人情報である遺伝子情報を軽々しく支配層や政府なんかに献上するのはやめましょう。恥ずべき行いです。こちら(テレビ朝日ニュース)で、仏蘭西のマクロン大統領が露西亜訪問した際にPCR検査を「遺伝子情報は渡せない」という理由で拒否したと公に報道された。やはりPCR検査は遺伝子情報の抜き取りのためやということが明確になった。拙者がずっと前から言うてるとおりやろ。それでも大統領ともなれば、検査受けずに入国出来たんですね。酷い差別や。一般人なら入国拒否されるんでしょうよ…。この事実からもPCRが感染症診断には役立たずで、新型コロナウイルスなんて存在せんことは明白やろ。それでも拙者が語るこの厳然たる真実を信じず、政府やテレビ等の嘘を盲信するようでは、自ら滅びに向かってるようなもの。感染症なんて流行してへんのにPCRを悪用して、コロナウイルスとやらが流行してるかのように振る舞い続ける政府役人ども、その広報機関として大袈裟に防護服を着たり役者を雇って撮影して虚偽情報を垂れ流し続ける報道機関とその社員ども、テレビやネット上でコロナ茶番と存在せえへん脅威を煽る御用医者や御用学者ども、便乗商売のためにPCR検査センター等とそういう店を出してる者ども、マスク着用をせんという至って普通の態度にコロナ教信者が怒り狂って搭乗拒否するとか緊急着陸する等といった異常な行動を取る航空会社の社員ども、子供にマスク着用を励行したり嘘の教育を施す学校をはじめとする教育機関とそこに勤める者ども、思考停止して政府や報道機関等の言うことを盲信する愚民も皆、悪魔に魂を売った犯罪者や。こちら(YouTube)を見るだけで、如何に世の支配層が嘘つきの集団で、コロナウイルスという実在せえへん偽感染症を基にして世界を破壊し、再編するかを前もって計画して実行してるかが分かる。これでも分からん奴は救いようがない。すべて仕組まれてるんや。気付け。こちら(BitChute)のように米国人弁護士が言うてるが、Event 201というコロナ騒動開始前に犯罪者どもは入念に打ち合わせをしていたことも紹介されてるし、こないな真相を語るだけで「陰謀論者」と中傷する愚か者が世間には多いし、役人にも多いことを指摘してる。真っ当な意見や。政府やテレビ等の情報こそ正しいなんて盲信する愚か者は恥を知れ。

政府、大手報道各社、SNS等は支配層からの賄賂で腐敗してる。

まず、こちら(BitChute)からは大手報道各社がビル・ゲイツから多額の出資を受けてることを告発してます。それ故、テレビ、新聞、雑誌、ネットニュース等では存在せえへんコロナがずっと騒がれ続け、ワクチンも有害なのに有効と堂々と嘘をついてる始末です。また、こちら(Odysee)では事実確認(ファクトチェック)と称して活動する団体やらがありますが、これも製薬会社と癒着してることが明らかにされており、事実確認をすると称しつつも、その実はただのコロナ犯罪を犯し、有害ワクチンを有効と宣伝し、出資者のビル・ゲイツや製薬会社の出資者の大金持ちの株主たちの人口削減計画の目的達成や超共産主義の新世界秩序(NWO)の樹立を目的としてるだけや。ええ加減気付きましょう。これは米国内だけの話やのうて、全世界的に実施されてることです。こちら(BitChute)では、ロックフェラー家が製薬会社や医学教育を支配し、嘘を教え込み、有害な石油由来の毒薬を売りつけて儲けつつ、人々を殺したり、病気にしたり等と悪魔の所業を繰り返して大富豪になり強大な権力も持ち、今や大手報道機関や政治家等も買収し、しきりに存在せえへんコロナウイルスの脅威を煽り、有害無益なマスク着用を促進したり、ワクチン接種へと大衆を誘導して滅してることが分かる。また、元製薬会社社員の告発もあり、その人は勇気を出して大手製薬会社の悪事を表に出して、殺された。口封じのために殺人まで辞さへんとは、まさに製薬会社はマフィアと言える。ロックフェラーはその製薬マフィアの首領や。

拙者が二千二十年の段階からコロナは嘘、PCR検査も役立たずと言い続けてきた。こちら(メモ・独り言のblog)のとおり、やはり、PCR検査後の人の遺伝子が付着した綿棒が販売されてるとの情報が出てきた。こうやって、支配層の連中は、世界中の人間の遺伝子情報を収集してるんですよ、一部の極悪人どもが。あんたらには想像でけへんくても、彼らはそれが目当てなんです。ええ加減気付けよ。あんたらが遺伝子情報に魅力を感じひんとか、それをする意図が分からんとかを理由にして、そないな計画が潜んでないという理由にはならんのです。あんたらの思慮の浅さを自覚せい。支配層はあんたらよりも遥かに頭が良いし、悪知恵も働く。コロナ犯罪も見事に多くの人々を騙し、葬ってることからも明らか。騙されてる人は同情に値せえへん。ただ愚かなだけ。自分が賢いと自惚れてるから政府や報道各社に裏切られるんですよ。

こちら(prettyworldのブログ)にあるとおり、コロナを信じるコロナ教信者(コロナ脳)になって、存在せえへんもんを政府やテレビ等に騙されて信じ、自分から腕をまくって無償のコロナワクチンに飛び付いた末路が分かる。接種後の治療費は一切保障されず、すべて自費となる。愚かさの結果は高くつく。拙者は、二千二十年の段階からコロナは無い、支配層の悪企みやと言うてきて、事前に呼びかけてきたよ。あんたらはそれを無視するか、見ようともせず、自分から進んで接種して死んだり、高額な治療費を負担する羽目になってる。もし現在の時点で何も症状が無いとしても、後述したように通信する磁気帯び人間になる、または「コロナ問題」の頁に書いたような周囲の人間に被曝させる等という迷惑な存在や。さっさとコロナを信じるんをやめ、マスクをせず、ワクチンも断固拒否してるのが賢い選択やということに気付け。ワクチンパスポート等という共産主義構想にも強く反対せい。問題が大きくなってから行動するんやのうて、問題が小さい内に大規模な運動をし、事前に抑止するようにしなはれ。ほんまもっと賢くなれよ。

こちら(rumble)も視聴せい。元世界保健機関(WHO)の職員であるアストリッド・シュテッケルベルガー博士がこのコロナ感染症騒動は嘘であり、今後も形を変えて行われる感染症と偽った騒動の予定が二千三十一年まで既に組まれてると内部告発してるよ。ワクチン接種しても何の解決にもならへんことも述べられてる。せやろ。二千二十一年からコロナワクチン接種が開始されて、当初は二回で終わりと嘘をつき、それでも終えずに有害無益なマスクを励行し続け、ワクチンも三回目、四回目等とどんどん増えて行く。二千二十年から矛盾ばかりの対策でおかしいと気付けへんのは、ほんまにどうしようもない。拙者は、ブログで語ってきたとおり、二千二十年の春に既にこの騒動が嘘と気付いて皆に周知してきた。それでも世の大衆は耳を傾けず、くだらん嘘つきの政府や報道各社の言うことを盲信することを選び、死んだり、一生涯解決せえへん障害を負う人も出た。ほんまにあんたら自身の愚かさを思い知れ。へりくだって、自分の過ちと愚かさを認め、聖書を入手して拙者のブログや動画から勉強せい。そうせんと、あんたらは永遠に安らぎを得ることはない。

従ってるから、終わらんのや。従うことで自分らの首を絞めてることに気付けよ。

こちら(BitChute)に、コロナ教信者(コロナ脳)の愚行集がある。これを見て彼らの思考や行為が正常と思いますか。人間らしい生活様式に思いますか。否やろ。明らかに愚かであるし、意味が無いどころか、有害であるし、隣人を叩いたり、水をかけたり等と暴行してる異常者が多い。そないな輩は決まって有害なマスクを着用してる愚か者や。そこまではやらへんと思ってるコロナ教信者、マスク信者が居てるかもしれへんけど、あんた自身がマスク着用やワクチン接種したりして、他人にも強要したりする人が居るやろ。家族、同僚、部下、友人等に強要するか強く勧めたりしてるんとちゃうか。それやったらその者は犯罪者や。覚えとけ。今すぐやめへんのなら、あんたは神によって厳しく裁かれることになる。

・悪に抵抗せい。臆病になるな。

こちら(BitChute)にあるとおり、コロナワクチンが殺人兵器であることを米国の公務員として看護職にある女性が内部告発した。彼女は、この巨悪を許せない、史上最悪であるとして勇気を出して告発した。彼女は子供を持つ身であり、失業の危険を冒しても果敢に悪徳政府と戦う意思を表明した。そして、人間ではなく神を信じてると言うた。これが大事な姿勢ですよ。こちら(さてはてメモ帳 Imagine & Think!)では多くの米国人がワクチン強制接種になろうとも職を解雇される方を選ぶと表明してる。これが正しい道であり、解雇されると脅される時点で脅迫罪ですけどね。なんで訴えへんのか、警察職員なら尚更即逮捕出来るのにね、って疑問ではある。一人で戦おうとするから苦しくなるのであり、皆で団結して抵抗することを勧める。そして、この腐った政府や地方行政や大企業どもを訴追すべきです。黙ってばかりいるな。こちら(BitChute)では、豪州のビクトリア州の悲惨な状況です。国民と政府・警察と内戦状態です。国民の方が圧倒的に正しく、独裁を敷くビクトリア州知事や警察どもがおかしい。国民様の税金で食わせてもらいながら、この扱いか。ほんまにゴミ屑人間どもが多い。如何に奴らが導入したがってる「新世界秩序」(New World Order)なるものがおかしいか分かるやろ。未だ分からんって思うとか、日本では起こらへんと高を括る愚か者は後悔するで。改憲されるとこうなるよ。

こちら(BitChute)を見ると、日本では大阪、神戸、京都、東京等の主要都市ではある程度抗議人数が出て来たと思えるが、海外諸国に比べると明らかに人数は少ない。未だ眠ってる愚民が多いということ。偽りの感染症騒動と知っていながら、ちらほらマスク着用してる愚か者を見かけるが、「あれは何なん」って思う。マスク外せと抗議活動しながら、なんでマスク着用してんの。あんたらが率先して外せよ。特に、日本でマスク着用なんか法令で義務付けられてもいないんやから、まったく不要。法令で義務付けようとしても違憲無効。ワクチンも打ってはならん。憲法からもワクチンやマスク着用を強要することは不可能やし、強要すれば違法。犯罪者の要求を飲んでマスク着用をする必要は無い。怯えるな。憲法や法律で知識武装し、断固として拒絶せい。

こちら(BitChute)でも、英国の葬儀屋がコロナの犯罪度合いを証言してます。彼も子持ちでありながら、臆病になって何も言わずにやり過ごすなんて生き方をせえへん人です。勇気を出し、自分が知ってること、考えてることを公に表明した。そして、いつか政府や警察から目を付けられるであろうことも。しかし、彼は死にたくはないと言いつつも、政府といった悪魔側につくことを明確に拒否しました。あんたらはどうなんか。何も言わず、黙ってマスク着用して、ワクチン接種し、政府等の言うことに異議を唱えず、抵抗せず、素晴らしい生活が出来ると思ってるのか。だとしたら、とんでもない愚か者や。ほんまに。人間の屑。人間として正しくあろうとする心を失ってるなら、それはあんたは魂を悪魔に売り、地獄行きを決定付けることになる。拙者はあんた方にそうなって欲しないから、鼓舞してんのや。頼むから目を覚まして、立ち上がってください。時間が無い。このまま何も抵抗活動をせんのなら、取り返しのつかへん所まで行きますよ。

従ってるから、終わらんのや。従うことで自分らの首を絞めてることに気付けよ。

欧米人らは悪徳政府や悪徳警察に立ち向かってるよ。それに比べ、日本人よ、あんたらはどうなんや。拙者が語るようなことを他人に言うと「頭おかしい」、「陰謀論者」等と莫迦にされると恐れて何も言わず、職場で職域接種とかで簡単に応じて自ら進んで腕を差し出し、ワクチン接種したのが多いのではないか。人間の屑です。子供に打たせようとする愚かな保護者も屑や。あんたらはどうかしてるよ。人間失格や。コロナを今もあると信じて怖がるとか、マスクも熱心にしてる愚か者どもは白痴であり、存在自体が恥辱です。コロナが嘘と気付いてる人も、ワクチンが有害と気付いてる人も、おとなしく黙ってるとか、抵抗せえへん人もあかん。日和見主義やからね。そないな臆病者は地獄行きになる(黙示録二十一章八節参照)。大事なのは抵抗をはっきり言葉に出して言い、行いでもそれを示すことです。そうでなければ、日和見主義、迫害を恐れて傍観するだけの悪人や。こないな偽感染症騒ぎで、人権侵害をいつまで放置し続ければ気が済むのか。早よやめたいやろ。あんたらがマスクを外し、ワクチンも断固拒否すれば即座に終わるが、あんたら大衆が悪人であり、臆病であり、悪徳政府や悪徳大企業どもらに抵抗せえへんから支配層が新世界秩序を構築し、超監視管理社会の超共産主義国家の世界統一政府を樹立するまで終わらんのや。あんたら自身がこの世を悪化させてることに気付けよ。拙者のブログと動画からよう勉強しなはれ。そして、聖書を読み、主イエスを信じ、従うことで希望を見出しなはれ。そうでなければ、絶望しかないであろう。

コロナ関連の規制はすべて違憲及び違法の犯罪です。犯罪の事情を知ってる人は恐れずに内部告発をせい。でないと、あんたの臆病さ故に日本や世界を滅ぼすことを助長してることに気付け。保身や利益のために悪事に目をつぶる者は極悪人で、地獄行き。

厚労省をはじめ霞ヶ関の官僚どもの多くが悪人で、のうのうと国家公務員として居座り、売国奴が不正選挙で国会に居座り続けてるから、日本はいずれ完全に崩壊する。偽日本人の彼らが日本国民に寄生し、日本人から搾取した税金で贅沢三昧をし、安定した身分も得て十分過ぎる恩恵を日本国民から得てるのに、日本と日本国民を憎み、滅ぼそうとしてる。公務員や大企業らの採用方針は、如何に世の権威や上からの命令に忠実か、頭がそれ程良くなく、言われたことをするだけの人間を欲してると思われる。企業の幾らかが自分で考え、言われなくても動く人材が欲しいとか言うてるが、実際は嘘です。会社という組織である以上、上からの指示に従順に従わぬ社員は要らんのであり、むしろ逆らうことをするような人こそ経営者や人事担当は嫌う。故に、公務員や会社員の多くがこないに上からの命令に従順なゴミ屑人間が多い。

憲法十五条二項「すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。」とあるとおり、すべての公務員は国民全体に奉仕せねばならず、一部の支配層の人間どもに奉仕してはならんのですが、これに堂々と違反してます。当然、憲法九十九条の憲法尊重擁護義務にも違反してます。違憲行為を平気でやってるのが現代の公務員ども。実際、多くの公務員は憲法をまったく知らずに公務員になってる。憲法を試験問題としてへんからね。おかしいやろ。公務員が憲法を知らんって。公務員は憲法九十九条により、憲法尊重擁護義務が課されてるのに、知らんねんもん。知らんもんをどうやって尊重し、擁護出来るというのか。無理やろ。憲法知識がまったく無く、憲法に違反しようともお構いなしっていう人間が公務員をのうのうとやってるんです。この異常さを国民が知らずにぼけーっとしてるんも異常です。憲法十五条一項「公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。」も全然守られてへん。公務員を選ぶのも罷免も国民が自由にでけへん。選挙で落とすなんていうのも議員だけやし、普通の公務員はクビにでけへんのはおかしいし、選挙も不正やし、どうしようもない。すべてがおかしく、立憲主義が貫かれへんと、こないにも国はガタガタになり、崩壊するんです。改憲されれば、なお悪くなる。

こちら(朝日新聞 論座)にも「公務員の悪」の例示がありますね。公務員は、上の指示に従うことしか能が無い人が多い。思考停止し、自分で善悪の判断をやめ、ただ言われるがまま仕事をするだけのロボット人間。そないな人間に思いやりも慈愛も無い。命令を聞くことしか頭に無いんやから。コロナ犯罪においても、この性質が悪い方に活かされてるのが分かる。嘘と知ってても命令だからしゃあないと従ってるだけ…。しかし、これは悪である。

ナチスのアドルフ・アイヒマンも「命令に従っただけだ」と戦後の法廷で自己弁護したという。これは「人として」有り得へんやろ。正義感と慈愛から人殺しを拒否して自分の身の安全よりも多くの命を守ることを選ぶのか、それとも、保身のために命令に従って幾万人もの人を無慈悲に殺害するのとどっちを選ぶのか。命令に従わねば自分がやられると思うのかもしれへんけど、そこでなんで「内部告発」をしないんだろうっていつも拙者は疑問に思う。「〜という命令が〜から下されました。皆さん、〜をどう思うか。自分にはそないな下卑た犯罪行為は出来まへん。近日自分が殺されるか失踪するかすれば、彼らによって消されたと思ってください。自分は自殺なんてしまへん。自殺扱いの変死の報道や行方不明の報道があっても信じないでください。」って顔出し、声出しをして公に広く知らしめればええやないか。手紙とか匿名で言うだけでは、他人にはほんまに本人が告発したのか不明やし、証拠不十分として、デマとして片付けられる可能性が高いさかい、意味が無い。やるなら、顔出しで、声を出して録画と録音をして、信頼出来る複数人にそれを渡して拡散するように依頼するべき。報道各社なんかを信用するべきではないし、そこにタレコミをしても報じてもらえるとは限らへんからや。この時世、ネットで拡散すれば、火消しは難しいし、本人が出演することで信憑性は高まるし、人々に信用してもらい易くなる。繰り返すが、ただの手紙や文書だけでは本人が書いたのか不明で、信用されにくくなる。拙者が示したような告発をした人は、たとえ殺されたとしても、民衆からは「正義の人」と称えられるよ。しかし、保身のために命令に従った結果は、アイヒマンのように後で極悪人として裁かれ、歴史に悪名として残ることになる。どっちがええか判断でけへんのかねって思う。ほんまに保身のために悪事を行っても結局は自分の身を滅ぼすんですよ。主イエスからも当然赦されへん、こないな人は。

最も問題なんは、「自己愛」です。アイヒマンの自己弁護も、その他の悪人どもの悪事の自己弁護もすべて「自己愛」に由来する。自分自身が最も可愛い、愛おしいと思ってる人たちです。他人のために命を削るとか捨てるなんて到底彼らの心や頭には無い。不信仰の人々は漏れなくそうやし、異教徒らもそうやし、神の律法・掟・戒めを守らへん自称キリスト者どもも同じです。彼らにはまったく主イエスが公生涯で見せはった「自己犠牲」の精神が感じられへんし、実際行いで示せてへん。自己愛と自己犠牲は対照的や。自己愛は自分が最も可愛いと思う故に他人のために命を捨てるとか、身を呈して守るとか一切せえへん。しかし、自己犠牲は自分を犠牲にしても他人を守る、救うことが出来る。どちらが崇高であろうか、どちらが正しいであろうか。明らかに自己犠牲の方やろ。詳しく説明するまでもない位に明らかやろ。コロナ犯罪に加担してる人ら全員が自己愛者であり、改憲推進派も同じく自己愛者。米国の圧力に負けて改憲推進し、日本を滅ぼそうとしてる。その人らは最低のゴミ屑人間。地獄の業火がその悪行の報いに相応しい。それを覚悟せい。嫌なら、聖書や拙者のブログと動画から真剣に学び、自己愛を捨てなはれ。自分を捨てる、自己犠牲が出来るようにならんことには天の国に行くことは絶対にない。

・マスクは有害無益。着用するな。

マスク着用を強要する者は、憲法十九条(思想・良心の自由)を侵害する憲法違反の人権侵害をする人で無しで、及び刑法二百二十三条の強要罪を犯す犯罪者です。どんな人であってもマスク着用を他人に強要することは許されてへん。マスクには空気中の雑菌が大量に付着するし、呼吸により内側は湿って雑菌が繁殖し、非常に不潔です。マスクを長時間着用することで細菌性肺炎になったり、口周りに皮膚炎が出来たり、口臭がきつくなったりもする。また、酸素吸入が不十分になり、酸欠になって脳機能障害を起こします。脳が酸欠になることにより、頭痛が起きたり、記憶力、集中力、判断力の低下、物忘れが悪化、頭がぼーっとすると感じがする、その他要らぬ症状ばかりを引き起こし、これらによる脳への損傷は二度と戻らへん致命的な事です。マスクによる害はこちら(ブログ: 免疫力を下げない方法)にまとまっとるさかい、よう読みなはれ。また、顔の半分を隠すことで表情を出さへんようになって表情筋が固まり、表情が暗くなってほうれい線が目立つようになったりして老けます。また、マスクによって感情を顔に出しにくくなり、特に幼児や子供は親や他人の顔の表情を見て、感情を学ぶことも出来なくなり、発育上大きな問題を生じさせます。このように害しかないねんから、即刻マスク着用をやめよ。マスク着用を強要することは、憲法違反の上、強要罪にも該当する犯罪行為です。そのように指摘し、抗議しましょう。そもそも、マスクが感染症対策に効果があると本気で信じてるなら、着用したい人だけやればよく、他人にも着用させようとするのが自分のマスクが無効であると言うに等しく、矛盾してる行いやという事実に気付け。自分が着用するだけで飽き足らずに他人に着用を促す時点で、既にマスク着用の無意味さを証明してることにも気付かんのは非常に愚かな人です。

こちら(note)とこちら(note)の記事では、中村医師がマスクの無意味さを紹介してる。こちら(BitChute)ではスコット・ジェンセン医師がマスクの無意味さを説明してるし、こちら(BitChute)ではアンドリュー・カウフマン医師がマスクが健康に悪いことと心理的にも悪影響を及ぼすと述べてる。こちら(Odysee)では、リー・メリット医師がマスクがまったく無効でインフルエンザを含む感染症対策に有効であるという科学的根拠がまったく無いし、有害でしかないと断言し、マスクが有効と言うてる人は賄賂を受け取ってるとも述べてはる。あんたらはこれらの証言を聞いてもなおマスク着用をするのか。医学的にも、科学的にもマスクなんて病気の予防にまったく効果が無い。ええ加減気付けよ。テレビや大手報道機関のネットニュース、他の御用医師等がマスクは有効と言うには嘘つきで、金のために言うてるだけで不誠実な藪医者や。そないな邪悪な者こそ信用するな。

こちら(rumble)では、マスクを五枚重ねて着用してもなお、吐く息に水蒸気が含まれて眼鏡を曇らせる実験によって、如何にマスクが何の意味も無いか、ウイルスという小さい物を防げないかを証明してる。マスクが感染症予防になると信じて疑わへん偶像崇拝者どもよ、何か申し開きすることはあるか。無いだろう。分かったら、今すぐとっととその薄汚いマスクを捨てて、二度と着用するな。

こちら(ザウルスの法則)では、マスクの成分が有害な化学物質で出来ており、それを肺に吸い込んで蓄積し、慢性的な病気やその他の健康被害を生むことになると考察がある。至極当たり前ですね。これを政府やテレビ等が言わへんのが異常事態であり、欧米の支配層からマスク着用をしろという強い要求や圧力があるのでしょう。マスクの成分は石油由来のポリプロピレンやポリエステルが大量に使用されており、それは目に見えへん程のマイクロプラスチックを生じ、そないなもんで鼻や口を覆えば、呼吸によってそれを毎日大量に吸い込むことになる。それで慢性的な不健康になるという人口削減の遠回しなやり方でもある。奴隷どもは奴隷の象徴であるマスクしてろという支配層からの命令です。それに素直に従ってる愚民は、ほんまに能無し。狂ってる。マスクが有害無益なことを知らず、マスクが何で出来てるかを知らず、マスクの由来を知らず、病気を防ぐ意味が無いことを知らず、そもそも何も感染症も流行ってへんのに騙されてることを知らず、挙句、知ろうともせず、こないな真実の情報を拒否さえする。ほんまに愚かで、救いようがない。居るやろ、異常なまでのマスク信者やコロナ教信者が。ほんまにあいつらはクズ人間。支配層の従順な手下、家畜でしかあらへん。人間辞めてる人たちです。

こちら(BitChute)では、米国のある子を持つ母親が、子供たちにマスク着用を強要することについて教育委員会に怒りをぶつけてる。彼女は独自に調べ上げ、政府や州が「マスク着用を強制」と各学校にやらせることで資金提供を受けてることを明らかにした。彼女は「ニュルンベルク綱領違反」と述べてる。彼女は「米国の」と付け加えてたが、間違いであり、正しくは、これは米国に限らず、過去のナチスの非人道的な人体実験等の過ちから人類が反省し、全世界の医療において守られるべき規範として制定されたものである。当然、ニュルンベルク綱領は米国に限らず、日本もその適用対象であって然るべきや。日本ではなんで米国人の彼女のような親がおらんのや。きっしょいで。アホみたいに政府やテレビに盲従してるあんたらは。信じられへん、ほんまに。アホ過ぎて同じ人間とは思えへん位や。政府に追従することは正しいことやのうて、犯罪に加担してるのであり、恥ずべき行いやで。コロナ犯罪を長いこと抗議をせず、訴訟もせず、放置し続け、相変わらずアホみたいにマスク着用を熱心にしてる愚民が多いことから、ニュルンベルク綱領が如何なるものかも知らん白痴が多いであろうから以下に記す。よう見て、勉強せい。

【ニュルンベルク綱領】 和訳(以下、九州大学大学院のサイトより引用)

一.被験者の自発的な同意が絶対に必要である。
このことは、被験者が、同意を与える法的な能力を持つべきこと、圧力や詐欺、欺瞞、脅迫、陰謀、その他の隠された強制や威圧による干渉を少しも受けることなく、自由な選択権を行使することのできる状況に置かれるべきこと、よく理解し納得した上で意思決定を行えるように、関係する内容について十分な知識と理解力を有するべきことを意味している。後者の要件を満たすためには、被験者から肯定的な意思決定を受ける前に、実験の性質、期間、目的、実施の方法と手段、起こっても不思議ではないあらゆる不都合と危険性、実験に参加することによって生ずる可能性のある健康や人格への影響を、被験者に知らせる必要がある。
同意の質を保証する義務と責任は、実験を発案したり、指揮したり、従事したりする各々の個人にある。それは、免れて他人任せにはできない個人的な義務であり責任である。
二.実験は、社会の福利のために実り多い結果を生むとともに、他の方法や手段では行えないものであるべきであり、無計画あるいは無駄に行うべきではない。
三.予想される結果によって実験の遂行が正当化されるように、実験は念入りに計画され、動物実験の結果および研究中の疾患やその他の問題に関する基本的な知識に基づいて行われるべきである。
四.実験は、あらゆる不必要な身体的、精神的な苦痛や傷害を避けて行われるべきである。
五.死亡や障害を引き起こすことがあらかじめ予想される場合、実験は行うべきではない。ただし、実験する医師自身も被験者となる実験の場合は、例外としてよいかも知れない。
六.実験に含まれる危険性の度合いは、その実験により解決される問題の人道上の重大性を決して上回るべきではない。
七.傷害や障害、あるいは死をもたらす僅かな可能性からも被験者を保護するため、周到な準備がなされ、適切な設備が整えられるべきである。
八.実験は、科学的有資格者によってのみ行われるべきである。実験を行う者、あるいは実験に従事する者には、実験の全段階を通じて、最高度の技術と注意が求められるべきである。
九.実験の進行中に、実験の続行が耐えられないと思われる程の身体的あるいは精神的な状態に至った場合、被験者は、実験を中止させる自由を有するべきである。
十.実験の進行中に、責任ある立場の科学者は、彼に求められた誠実さ、優れた技能、注意深い判断力を行使する中で、実験の継続が、傷害や障害、あるいは死を被験者にもたらしそうだと考えるに足る理由が生じた場合、いつでも実験を中止する心構えでいなければならない。


上記の内容が、今のコロナ犯罪下において守られてへんのがよう分かるであろう。まず、第一条からして守ってへん。今は「治験中」ということも告げてへんし、世界保健機関(WHO)や各国政府や大手報道各社が煽りまくってる状況では、まったく自発的な同意が得られてるとは言えへんよね。民法でもこれは「強迫」に当たり、その意思表示は取り消しの対象となるものであり、無効であり欺瞞でしかあらへん。職域接種と称して、半強制的に打たせてるやろ。高齢者にも散々テレビ報道で存在せえへん脅威を煽りまくって打たせるように仕向けた。これ程ワクチン接種を煽ったことは過去になかったもんね。また、第五条にも違反しており、死亡者や障害を引き起こしてる事実は明らかに多く出てるのに、未だ中止しようともせず、それどころかワクチンパスポートとか共産主義丸出しの政策を導入しようとして(欧米では既に導入してる所もある)、なお人々に接種させようと必死やろ。おかしいやろ。「何が何でもワクチンを打て」、「安全だ、効果的だ」等の連呼だけで、死亡者の事例、血栓、脳卒中、心不全、泡を吹いて倒れた等とこういうワクチン接種の害をいっこも報道せず、反対意見はすべて黙殺して隠蔽してるやろ。ゴミ屑や、コロナ犯罪を犯し、それに協力する人らは。過去に、ナチスに協力した医師たちはニュルンベルク裁判の結果、死刑(絞首刑)になった。あんたらもそれに相当する犯罪を犯してるという認識を持て。

ワクチンは生物兵器及び殺人兵器。接種するな。

ワクチンについては過去記事「コロナ茶番を契機に目覚めよ」でも述べたさかい、読んでおいてください。百年前のスペイン風邪と言われるのも今と同じように存在せえへん感染症をでっち上げて騒ぎ立てて、政府や医療機関らが人々にマスク着用を強要し、それによって細菌性肺炎を引き起こす等して病気にさせた。これが実態や。マスク着用には上記のような弊害があったために。また、アスピリンの薬害やワクチン接種によって多くの人々が死亡した。それは感染症が流行したからやのうて、支配層による殺人と言ってよく、大衆の無知につけ込んだ犯罪で、マスク着用による健康被害、ワクチン接種やアスピリンといった薬害によるものです。ええ加減歴史を正しく学び、政府、報道機関、学校といった教育機関等の言うがままに操られるのをやめよ。ワクチン接種の強要はマスク着用の強要と同じく憲法違反の上、強要罪にも該当する犯罪行為です。「ワクチンパスポート」構想が欧州連合(EU)や中東の偽イスラエル等でも出てきており、ワクチン接種せな買い物出来へん、航空機に乗れずに外国に行けへん、旅行出来へん等と規制をかけようと悪魔崇拝者の支配層や政府役人どもが企んでるが、こない人権侵害をするワクチンパスポート構想を導入することは憲法十四条の法の下の平等に反して違憲であり、ワクチン接種を拒否する正常者を差別することは許されへん。むしろ、ワクチン接種者の方が危険です。自然界において致死率が高い伝染病は存在せず、それだからこそワクチン接種という手段で人為的に体内に直接病気の原因を打ち込む訳です。ワクチン接種した直後に死亡する事例が増えており、また、直後でなくても数日後に死亡とか、時間差で死ぬ場合もあります。違いがあるのは人それぞれの免疫が異なるためです。現在のコロナワクチンは人口削減の道具です。それによって、支配層はジョージア・ガイドストーンどおりに世界人口を五億人以下に維持することを目的とし、大量殺戮をワクチンによって実行してます。このように人々を管理し、監視出来る社会に変えたいがためにこのコロナ茶番劇を起こしたんやということがはっきりと分かる。勤務先や学校等から受けろと迫られてもそのような脅迫に屈しないで毅然と違憲及び刑法上の犯罪行為やと抗議して断固拒否しましょう。政府役人どもがワクチン接種をしてるかのようにわざとらしくカメラの前でやってますが、全部注射針が引っ込むように仕掛けのある物で、注射を受けた振りであって、実際にワクチン接種をした訳ではありまへん。せやから、彼らを見て、自分もせなあかんなんて思うのなら、それは騙されてる。仕事のためにワクチンを受けなしゃーないなんて思うのは愚の骨頂です。命が無くなってから、寝たきりになってからでは仕事もクソもないのが分からんのやから。仕事なんかよりも命を守れよ。特に子供が居るとかならよりそうすべきやろ。養わなあかんから仕事は辞められへんではないやろ。ワクチン接種して死亡する例が急増してる中で、あんたもその一員になる可能性を何故考えへんのか。あんたがワクチン接種というしょうもない原因で死んだら、残された子供は飢えるで。国や都道府県を相手取るか、会社や学校等を相手取って訴訟して戦いましょう。また、別の仕事を探して生きる道を探す方が余程賢いですよ。

こちら(Odysee)では、米国のスザンヌ・ハンフリーズ医師が、ワクチンについて告発してる。コロナワクチンやのうて、別のワクチンやけど、彼女は自分の患者たちがワクチン接種することでどんどん病気になったり、免疫低下したことに気付いて「ワクチン接種」体制そのものに異議を唱えた。そして、彼女が告発してるように、「多くの医者が、ワクチンについて知識が無い。ただ、安全で効果的と思うように教え込まれてる。」と言い、こないワクチンに異議を唱えるだけで、誹謗中傷を受けたとも言うてる。そういうんが現実なんですよ。分かったか。そして、政府や地方行政もワクチンについては手放しで称賛して承認し、庶民に打たせようとしてる。これは二十世紀に入ってからのこと。ずっと現代ではワクチンによる人殺し、不健康にさせられてきてる。主犯は、米国の石油産業を牛耳るロックフェラー家と彼らによって設立された製薬会社とその株主(出資者)、近年ではビル・ゲイツらも加わった。彼らの圧倒的な権力や財力で、政府や地方行政をも支配してるのである。そして、ワクチンが安全と根拠の無い強弁をし続け、接種を法令を以って強要する事態にまでなってる。彼らには邪悪な目的があり、ワクチンはその手段なのである。人口を削減する、不妊する、不健康にする、病気にする、精神的におかしくする、知的に問題を起こす等が目的や。コロナワクチンは特に最悪な代物。おかしいと思えよ。目を覚ませ。ワクチンなんて本来人間にも動物にも不必要なもんや。

こちら(Odysee)とこちら(Odysee)にもあるように、芸能人や政治家どもは皆嘘つきの犯罪者や。あいつらは接種した振りをする。なぜなら、一般人に打たせるためや。それをアホみたいに信じて接種したら死ぬ、痙攣が止まらん、血栓が皮膚に出来て悲惨な状態になる、寝たきりになる等という障害を見て分かるやろ。多くの一般人が接種を後悔してるが、もう遅い。彼らの健康は二度と戻らんし、元の体の状態にも戻らん。死ぬまで苦しむだけ。自分で調べへんかったことを後悔し、周囲の人に迷惑を掛けるだけ。周囲に迷惑を掛けたくないから接種すると言う愚か者が居るが、それは有り得へん考え方であり、政府の思う壺。政府はあんたらに死んで欲しいのやから。拙者は真逆であんた方に死んで欲しないから止めてるんや。気付け。こちら(Odysee)でも、オックスフォード大学のショーン・ブルックス医学博士が、はっきりとmRNAというコロナワクチンを接種すると自己免疫が低下し、病弱になり易くなり、かえって死期を早めると証言してます。これでも接種したいのか。もし「はい」って答えるなら、自殺願望者でしょう。

こちら(Odysee)では、コロナワクチンの中に奇妙な微生物が入ってるとキャリー・マディ医師から明かされたで。未だにコロナ教信者になって熱心にマスクしたりワクチンが解決策と政府やテレビ等の嘘を信じてるあんたらよ、気違いや。存在せえへん「新型コロナウイルス」を煽ってる奴らも、それを真に受けて信じてる奴らも犯罪者や。悪人同士が互いに騙し、騙され、益々悪くなってるのが分かる。未だ目が覚めへんか。彼女が表明したように、これは精神的な戦い、霊的な戦いや。あんたらも悪と戦えよ。

こちら(Odysee)では、ロバート・ヤング博士が、コロナワクチンの中身を分析した結果を報告してる。明らかに異常であり、とても人体に有益な物ではないと断定してる。話の中でもあったが、「パスツール細菌理論」っていうもんが嘘の塊や。細菌によって病気になるんやのうて、体内環境が悪化することで病気になると説明されてます。これが正しい医学的、科学的知識や。あんたらは政府、政府検閲の教科書を用いて行われる学校教育の内容、テレビ報道等の言うことばっか信じてるが、それでは真実を知ってるとは言えへん。なぜなら、それらは全部嘘やから。真実を知ることは難儀やない。真実を追い求めようという気が無いあんたらが悪人なだけや。善人なら、世の権威に盲従することはないし、金銭にも動じたりせえへんし、追い求めもせえへん。しかし、世の中は拝金主義者が多く、金のためなら何でもする悪人が多い。世の犯罪の大多数は、人間の金銭欲に基づくもんや。ほんまにええ加減に気付けよ。聖書が真理やということに。聖書では明確に「金銭欲が諸悪の根源」と書かれてるし、主イエスもこの世の権力、富、繁栄等を欲することがなかった。あんたらとは真逆なんです。拙者は、キリスト者として主イエスに倣て生きてる。あんたらのように四六時中、金銭やら社会的地位等を案じて生きてる訳やない。

また、こちら(BitChute)でも、ヤング博士が、すべてのワクチンが有害であり、酸化グラフェン入りで、それが血栓を引き起こし、心臓や脳といった各内臓に悪影響を与えて死ぬことになると説明してる。すぐに死なずとも、ワクチン接種した人は電磁波や放射線を発するようになり、周囲の人々に悪影響を及ぼす原因となる。ワクチン接種した人々を5Gといった携帯電波を利用して遠隔操作でいつでも殺せる、支配層の言うことに従順に従わねば即刻殺されるという脅迫下に置くことで、支配層は大衆の身も心も支配しようとしてるとし、聖書の「獣の刻印」と結び付けて語ってる。獣の刻印について、彼の意見は拙者の見解とは異なるが、ワクチン接種することは反キリストである支配層の法や秩序に従ってると言えるさかい、間接的にワクチン接種が獣の刻印を受けることに関係してるのは間違い無い。

従ってるから終わらへんのです。不服従でいてください。

コロナワクチン接種者こそ危険。

過去記事「動画三回目投稿 新しい契約」をはじめ、もう何度もブログで注意喚起してきたとおり、コロナワクチンはmRNAで遺伝子組み換えをします。それで自己免疫が徐々に破壊されたり、あらゆる予期せぬ悪い事象が起こり、死んだり、血栓が出来たり、皮膚に異常をきたしたり、痙攣したり、顔面麻痺、半身不随等と人によって免疫が異なるさかい、生じる結果も色々です。この記事(さてはてメモ帳 Imagine & Think!)やこちら(note)、こちら(泣いて生まれてきたけれど)にも目を通しましょう。こちら(BitChute)やこちら(BitChute)も是非視聴しなはれ。コロナワクチンによる弊害がどのようなものかよう分かるでしょう。コロナワクチンが生まれつき持った優れた免疫を殺してしまい、コロナワクチン接種者は自ら病気に対する処理能力を永久に失くしてしまい、他人にも悪影響を及ぼす存在になるということや。そういう訳で、ワクチン接種を受けた人に接触するのは危険です。コロナワクチンを接種した人の体内で今まさに変異しており、その害を避けたいと思う人はコロナワクチンを接種した人に近付かへんことが最良や。握手やその他の皮膚の接触すら避けるべきで、同じ鍋を一緒につついて唾液の共有も避けるべきです。ワクチン接種者との肉体的な濃厚接触なんて以ての外や。自然な人間ではない遺伝子組み換えになってるから、それを取り込むことになるさかいな。コロナワクチンを接種した人こそが最も危険であり、それ故に支配層はワクチンパスポートなんていう構想によって、ワクチン接種者という危険な人たちに自由を故意に与えようとしており、その人たちが病気を蔓延させたり、拙者が注意喚起したような異常な遺伝子保持者がそれを撒き散らす役割を担い、本物の感染爆発(外部からワクチンによって変異した遺伝子の取り込みによる拒絶反応等が想定される)なんてことが起きかねません…。コロナワクチン接種者は、自分の命が助かりたいとか自由を得たい等考える自己中心的性格な上、科学に関して無知なために、支配層らのコロナワクチンという生物兵器の自主的協力者となり、人類に対する最大級の犯罪を実行する手助けをしてることに気付いてへん。非常に迷惑な人たちです。世界中にこういう愚かな人が増え、実験台となり、分散化され、加速化され、適応性のある遺伝子形成を行うことで、世界的な疫病を引き起こすことになろう。コロナワクチン接種者は時限爆弾を抱えてるようなもので、接種者当人の寿命は大幅に縮み、ワクチン未接種者との接触によって他人にも害を与えるという凶悪な存在です。コロナワクチン接種者本人はそのことを知らずに支配層の人口削減という目的に協力することになる訳や。自己の身勝手さと科学的無知故にコロナワクチンに飛びついた結果です。これは非常に大きな罪です。拙者が薬の危険性について過去記事「黙示録十八章から分かる薬の危険性 後編」で書いたように、ワクチンも劇薬やさかい、薬に当てはまります。薬に頼る、命を救うなどとすがる偶像礼拝という罪がもたらす大きな罰です。

・コロナ犯罪に加担した人は裁かれる。

こちら(BitChute)や、上記の画像で紹介したとおり、独逸人のライナー・フュルミヒ(Reiner Füllmich)弁護士をはじめ、世界中の弁護士は立ち上がり、コロナ犯罪をしてる犯罪者どもを訴追する予定やし、実際に米国ニューヨークでPCR訴訟が提起されて始まった。独逸人のクリスチャン・ドロステン氏がPCR検査がコロナウイルス発見器かのように論文を書いて世界保健機関(WHO)に提出し、彼らがろくに論文を査読もせずにすぐに承認したことで、このコロナ犯罪は始まった。無症状でも感染させる可能性がある等と戯言を言い出したのもドロステン氏を含む十六名の独逸人の医学博士たちやった。こちら(The New England Journal of Medicine 英語)からそれは明らかや。その嘘はフュルミヒ弁護士も指摘してる。PCR検査では断片の分子を見てるに過ぎず、当該細胞が生きてるか死んでるかの判別すらでけへん。感染と言うからには何らかの症状を見せていなければならん。基本中の基本ですよね。今まで症状が無ければ健康と思って生きてきたし、実際それで問題無いのやから。現代人の多くは思考停止し、無症状でも危ないとかいう政府やテレビ報道等が言う大嘘に騙されて不安になり、取り乱す。彼らに疑問を持たず、PCR検査の仕組みを考えようともせず、ただ政府やテレビの言うことを信じ切ってるカルト宗教信者なんですよ。PCR検査は上記にも書いたとおり、キャリー・マリス氏というPCR発明者自身が感染症の診断はでけへんとはっきりと明言したのに、国際機関や各国政府は嘘をつき、大衆を騙し、マスク着用の強要で不健康にさせて心理的にも悪影響を及ぼし、都市封鎖や休業要請等といった違憲かつ違法な措置を強行して中小企業や個人事業主といった弱者を経済的に追い込んで自殺させたり、有害無益なコロナワクチンで虐殺をしてる現状がある。これらは人類に対する犯罪や。コロナ犯罪に加担した者、ワクチンを生産・販売・称賛及び推奨してる者ども、たとえ一般人であろうともこの偽感染症にビビって、権力者どもの犯罪に協力した者どもらも同罪や。先の動画でオランダのリコ・ブラワー氏が言及したハーグにある国際刑事裁判所に刑事訴追すべきでしょうし、それこそニュルンベルク裁判を復活させるべきです。このまま大量虐殺者や詐欺師どもといった凶悪犯罪者どもを野放しにしてええ訳ないし、損害賠償でただ金銭を払って解決で終わらせるのはおかしいからね。

フュルミヒ弁護士は、自身の事務所サイトで、聖書暦二千二十年第二アダルの月七日(太陽暦二千二十一年三月二十日)の記事(Rechtsanwaltskanzlei Dr.Fuellmich 独逸語)において、次のリンクを貼ってます。こちら(RT DE 独逸語)の記事です。その内容は、中東の(偽)イスラエルの「アンシェイ・エメット(Anshei Emet)」という名の予防接種批判団体がハーグの国際刑事裁判所に国民にワクチンを強要してきた(偽)イスラエル政府をニュルンベルク綱領違反で刑事告訴したとのこと。エルサレム・ポスト紙が報じ、同団体のルース・マハチョロフスキー弁護士とアーリエ・スクホヴォルスキー弁護士は、(偽)イスラエル政府がCOVID-19ワクチン接種の働きかけで「人道に対する罪」を犯し、ニュルンベルク綱領に違反していると非難した。同団体によると、(偽)イスラエル人は「医療実験」に参加していることを知らされていなかったという。また、ベンジャミン・ネタニヤフ前首相は、米国の製薬会社ファイザー社と協定を結び、(偽)イスラエル人を「実験台」にして大量のワクチンを受け取った。また、COVID-19の治療のための代替手段が提供されておらず、ワクチンに関する情報が「隠されてる」と主張してる。コロナワクチンを接種してへん従業員を解雇をちらつかす等の制裁で脅す企業や団体もニュルンベルク綱領に反する行為と主張。また、ワクチン接種を受けてへん人が特定の役務を受けたり、特定の場所に立ち入ることを禁止する政策も法律違反であると弁護士は言うてる。彼らの訴状がハーグで一応受理されたようやが、法廷の情報証拠課の責任者であるマーク・ディロン氏は、これは「捜査が開始されたことを意味するものやのうて、検察庁による捜査が開始されることを意味するものでもない」と述べてる。同団体は、「ファイザー社が(偽)イスラエル国で行っている実験は、国際刑事法の一部であり、ハーグの裁判所の管轄下にあるニュルンベルク綱領に違反して行われたもので、今は決定を待っているところです。」と言うた。

伊太利亜では、こちら(BitChute)のとおり、アンジェロ・ジョルジャンニ判事が国際刑事裁判所に伊太利亜政府を刑事告訴した。これは過去記事「動画五回目投稿 ほんまもんの愛と暦とは」でも紹介済。彼はコロナを理由とした都市封鎖は科学的根拠が無く、ただ自由や人権を制限するだけのもので、人道に対する罪と判断したからです。彼によれば欧州で政府を訴え出たのは欧州では伊太利亜が最初とのこと。彼もこの事態をニュルンベルク綱領違反とも述べてます。当たり前ですよ。これは国家による大規模な虐殺であり犯罪です。

葡萄牙では、こちら(BitChute)のとおり、裁判所の判事が同国の大統領、首相、その他行政職にあってこのコロナ犯罪に加担した者どもを刑事告訴した。判事がですよ。これがまともな法曹の態度であり、日本の法曹はどないやねんってこと。役立たずばっか。今の所、木原弁護士と南出弁護士しか反コロナ、反ワクチン、反マスクに対して訴訟を起こした法曹は居らへん。情けないな、日本の法曹どもは。役立たずめ、恥を知れ。また、同動画では、西班牙の裁判所は毅然とした態度で違法行政に対してワクチンパスポートが違法としてやめさせる判決を下し、悪徳行政はそれを撤回に追い込まれてる現実がある。それなのに、日本はそれをこれから導入しようとしてるやろ。アホやろ。頭が何年も遅れてる。ほんまに現代日本人は西洋かぶれが酷過ぎて、テレビに洗脳され過ぎ、法的知識が無さ過ぎて愚かで独裁的で堂々と犯罪を犯す政府、地方行政、大企業らを訴えようともせえへん。行動力も無い。ほんまにあんたら、滅びてもおかしくない。愚か過ぎるから。

西班牙では、こちら(BitChute)のとおり、弁護士が阿蘭陀のハーグにある国際刑事裁判所に対して刑事告訴した。被告は、ビル・ゲイツら。なぜなら、彼らが世界保健機関(WHO)、製薬会社、各国政府に資金提供したりしてこのコロナ犯罪を促進してる主要な犯罪者であるからや。拙者はブログでも当頁でも世界経済討論会(WEF)、ロックフェラー、ロスチャイルド、ビル・ゲイツらがこのコロナ犯罪の首謀者であると述べてる。なのに、日本国民の多くはテレビや新聞で報道せんからという理由のみで信じず、陰謀論と貶す愚か者ばかり。そない貶す愚民が滅びるのは不可避であろう。

上記のような一部の有志たちがこのコロナ犯罪に立ち向かう行動は拙者も支持する。このコロナ犯罪を野放しにしてたら世界は取り返しのつかへん程の腐った世になるであろう。たとえこの世で刑事裁判がなされず、人間が裁かずとも、神によって必ず裁かれるであろう。神から逃れられる人間はこの世に一人も居らへん。それを忘れるな。真のキリスト者には復活、キリストの再臨、神の裁きという希望があるが、そうでない者たちには一切希望が無い。分かったら、聖書を入手し、拙者のブログと動画で勉強することを推奨する。手遅れになる前に…。

・ワクチン忌避者は正常やが、悪人どもは正常者に責任をなすりつける可能性有り。早よ悪人どもに対処せねば善人が殺される。

ワクチン接種率が高まると、それだけ後で死者が増加することになります。多くの善意の有識者たちが、mRNAという遺伝子組み換えをするワクチンという毒物を打ち込まれた人は、抗体依存性感染増強(ADE)に陥り、風邪やインフルエンザ等に対しても耐性を失い、簡単に死ぬようになると警告してきた。ワクチン接種しなければ防げた死です。それなのに、悪魔崇拝をする狡猾な欧米の支配層は、国際機関、各国政府、大手報道各社、御用医師、御用学者どもに「新たな感染症だと騒ぎ立てたりし、ワクチン未接種者のせいで多くの死者を生み、再度、感染爆発(パンデミック)が起こったとか、ワクチン未接種者が居るせいで、こうなった。」等と言い、世間の怒りの矛先を反ワクチン、ワクチン忌避者に向けるように仕向け、正常者が責められ、最悪の場合、こちら(BitChute)を見て分かるとおり、豪州のように隔離施設に連行なんていう事態になりかねへん。そうなったら、ほんまにこの世は腐敗度を極めることになり、この世の滅びを近付けることになるであろうが。こちら(BitChute)の豪州在住の子持ちの女性で小規模商売を営む一般人が政府や警察から不当に弾圧され、生活の糧を奪われ、人間としての尊厳を示してる人が居ます。日本人たちよ、誰が彼女のように勇敢に政府や警察に対峙してるのか。誰も居らんやろ。また、豪州では、こちら(Odysee)のとおり、豪州のクイーンズランド州でもワクチンを忌避する正常者を隔離する施設を建設してそこに収容する、要するに犯罪者扱いするということや。「これがワクチンを接種する最後の機会」ともその州知事は最後通牒かのように言うて、州民を脅してる。隔離施設が完成次第、未接種者の正常者を隔離施設にブチ込むからそれまでに接種しろよと言うてるようなもんやろ。どこまでも狂ってる。あと、やはり監視カメラがこの行政の悪行を助けてるのもはっきりと分かる。せやから、拙者は監視カメラも排除しろと言うてる。あんなもんは独裁を目指す政府にとって都合が良く、庶民には有害なだけや。豪州ではこちら(Odysee)のように、反政府の動画制作をした人が「扇動」の容疑で逮捕される場面がある。何の動画制作をしたのか見てへんさかい、不明やけど、おそらく反コロナ、反マスク、反ワクチン関連等ではないかと推測される。政府に不都合なことを人々に啓蒙したとして、逮捕される時代になってる。日本も改憲されれば、こうなるよ。豪州だけやのうて、近くの新西蘭(ニュージーランド)もこちら(Odysee)のとおり、共産主義者が首相をやっており、彼女は国会議員や首相になる前から社会主義・共産主義活動に傾倒しており、それを問い詰められても悪びれる様子も無いし、隠すこともなく、むしろ誇らしげにしとる。他の議員らも同じ様子。新西蘭もかなりヤバイ極左思想を持つ政治家が多いのが分かる。また、こちら(Odysee)では、ジャシンダ・アーダーン首相は、挙句の果てに、「ワクチン接種した人だけに権利を保障する」とか「政府がコロナ関連の情報を出すからそれだけを見ろ、他は虚偽情報だ」と強弁し、共産主義国家である支那を称賛し、政府以外から出る情報はすべて虚偽扱いし、言論弾圧の姿勢を露わにし、「ワクチンを打つか迷ってる人にも十分な時間を与えた。よって、一人一人ワクチン接種の有無を調べ、未接種者を配置転換する。ワクチン未接種者を職務から外す。」と言うた。こちら(Odysee)では、無意味なPCR検査によってコロナ偽陽性となり、自宅隔離者に位置情報の追跡装置を付けさせる(香港では既に実施済)ことも前向きに検討してるとか言うてる。とことん支那に倣っており、独裁主義者ですよね。嘘つきどもの政府がこうして他の情報を検閲したり、逮捕したりすれば、支那と同じ、ナチスと同じ社会である。まさしく、世界中がこうなりつつある現実がある。日本だけ免れると楽観的になれへん。現憲法があるからこそ、辛うじて自由と人権があるのだ。それなのに、国民の多くが憲法の重要性を知らん愚鈍の極み…。非常に情けない。自分らの首を絞めるっていう危機感がまるで無いよね、現代人どもを見てると。どこの国の人もそうですけどね。ほんの一部の人だけです、憲法を知ってるのは。数が少ないと負けるのがこの世の習わし。少数派は毎度弾圧対象になる。真のキリスト者も弾圧の対象になるのも遠くないであろう。

必死に抗議や反対運動をせずに黙って権力者やテレビの言うことを聞く腰抜けばかりでは滅びるで。善人と悪人の区別がつかへん愚か者よ、このコロナ騒動が権力者どもによる犯罪であることを見抜けず、支持して従い、マスク着用やワクチン接種する愚か者は、権力者どもと共に地獄行きの罪に値する。足を洗うなら、今の内。今すぐマスクを捨て、ワクチン反対運動をし、国会議員、厚労省、製薬会社どもを相手に訴訟せい。

過去記事「動画五回目投稿 ほんまもんの愛と暦とは」でも書いたように、製薬会社が政府と免責の契約なんかしても公序良俗違反故に「無効」であり、責任は逃れられへん。製造物責任法第五条には消滅時効が規定されており、「一 被害者又はその法定代理人が損害及び賠償義務者を知った時から三年間行使しないとき。」とあります。被害者が死亡すれば当然被害者本人は訴訟提起は不可であり、法定代理人が訴訟提起をする当事者になる。法定代理人とは法律の規定による代理人で、例えば未成年者は民法により有効な法律行為が出来ず、親権者である親が自動的に法律によって代理人で、その他、相続人や後見人がそれです。損害や賠償義務者を知った時から三年とあり、モタモタしてると時効により請求しても時効と言われ認められなくなります。今回は「人の生命又は身体を侵害した場合における損害賠償の請求権の消滅時効についての前項第一号の規定の適用については、同号中「三年間」とあるのは、「五年間」とする。」が適用になり、五年でしょう。もし、何もしなければ、「二 その製造業者等が当該製造物を引き渡した時から十年を経過したとき。」とあるとおり、製薬会社は被害者や遺族が損害を受けたことを知ってから五年間(つまり、症状が出た時や死亡日等から五年間)、またはワクチン供給を始めた時から十年間誰からも訴えられなければ、逃げおおせることが可能になります。こちら(テレビ朝日)のとおり、太陽暦二千二十一年二月十二日に成田空港にファイザー製のワクチンの第一便が届いたとあります。これが最初なのかな。こちら(NHK)では、太陽暦二千二十一年四月三十日にモデルナ製のワクチンの第一便が関西空港に到着とあります。引き渡しはこういう日と捉えるか判断するかは微妙ですが、一応目安として。長く見積もってもそれらの日から十年で時効です。製薬会社によって異なります。訴訟提起は、いつでもええ訳でもないんです。「後回しでええよ」ってモタモタしてると時効に引っ掛かり、それこそ泣き寝入りになります。また、損害賠償請求は同法六条「製造物の欠陥による製造業者等の損害賠償の責任については、この法律の規定によるほか、民法(明治二十九年法律第八十九号)の規定による。」により、同法と民法の規定を根拠に損害賠償請求をすることになります。こちら(ヤフージャパン)も時効に関しては参考になるでしょう。訴訟提起することで時効を止められます。反対に、訴訟を提起しなければ、時効は止まらず、モタモタしてあれこれ手をこまねいていては時効が成立します。そこが問題です。訴訟提起をためらってるとか、準備があまりに遅い、のらりくらりしてると時効が来てしまいます。勿論、こないな訴訟は、製薬会社や政府を敵に回すことになるため、行政訴訟と同じく、逃げまくる弁護士が多いことが想定される…。弁護士が誰も協力してくれないなら、本人訴訟になる。行政訴訟から逃げたり、こないな訴訟からも逃げるなら、ほんまに弁護士の存在意義って何でしょうってなりませんか。改憲阻止のために訴訟をしようという弁護士も居らんし、肝心な時に役に立たん…呆れますよ、ほんま。

・コロナ犯罪の次はマールブルグという偽感染症騒動が予定されてる。または天然痘の可能性もある。

まず、こちら(BitChute)を見てもらいたい。アイルランドのキーラン・マリシー氏が今までのワクチンすべてに鉛や水銀等といった重金属が入ってることを紹介しており、ワクチンこそが病気を生んでることが分かる。これは彼に言われずとも拙者は知っており、もはや公然の事実であり、未だに「ワクチン」が予防接種とか適切な医療行為と信じ切ってる人は、酷く洗脳されて狂ってるどうしようもない異常者としか言いようがない。彼も注意喚起してるとおり、ワクチンこそが病気の原因になっており、「ワクチン接種→病気になる→ワクチン接種→重篤化する→ワクチン接種→死亡」っていう死ぬまで無限に循環してることになる。人々は、いつこの事実に気付くんやろか。拙者がブログやこの「キリスト道」で伝えてることを信じない限りは、ほんまに地獄行きになるで。まぁ、逆らう人や見向きもせえへん人が多数である現状を考えれば、そこまで地獄に行くことを自ら欲してるんやろね。それで満足ならそれで結構やけど。

さて、本題やが、今も存在せえへん「新型コロナウイルス」の対策と称して危険なコロナワクチンを人々に打つように猛烈に促進してる。ロックフェラーの手下である各製薬会社どもが製造及び販売してる有害ワクチンを支配層の傀儡ばかりが集まった政府や国会で承認し、望んでもないのに国民の税金で勝手に買い、無理に広め、報道各社も製薬会社から多額の資金提供を受け、存在せえへん「新型コロナウイルス」を毎日煽り続け、愚民を騙して洗脳し、ワクチンを打たせて殺してる。ワクチンも偽薬(プラセボ)が混じっており、たまに何ともないっていうのがあるさかい、「ワクチン打ったけど、何も副作用も無いから、ワクチンは安全」とか平気でほざくアホが居る。まったく分かってへんのです、こないな愚民たちは。ビル・ゲイツやGAVIといったワクチン接種を促進する奴らは、次の感染爆発を予告してる。なんで彼らに分かるのか。その点がおかしいと思えよ。彼らは予言者やのうて、ただ彼らが犯人であると自白してるようなもの。「彼らの警告」とは、「彼らの犯行予告」として捉えて理解すべきや。なんでこれが理解でけへん人が多いんかね。それは洗脳されてる証拠です。ビル・ゲイツがマイクロソフト創業者で、あんたらがよう使うウィンドウズやオフィスソフトで世話になってると思い、それが為に引け目を感じる必要も無いし、恩を感じる必要も無い。彼がこの独占的地位に身を置き、莫大な資産を築けたんも過去に人に言えへんような犯罪を繰り返してきたからに他ならん。ゲイツが超金持ちで有名人やからというだけで、信用に足る人物と思うのをええ加減にやめよ。彼らこそさっさと逮捕、収監されるべき。そうすれば、世の中は平和になるのに、あまりに彼が金と権力を持ち過ぎてるが故に、国際機関、各国政府、公務員、大企業の重役ども等皆が追従してる。悪に追従すると同じ悪になるという認識が無いようで、大衆も彼らを信用し切って従ってることから、ほんまに世の中悪人ばかり。一歩外出れば悪人だらけという有様。

先のキーラン・マリシー氏は、次にゲイツや世界保健機関(WHO)、GAVIらによって想定されてる次の感染爆発であるマールブルグ(Marburg)についても、このコロナ犯罪でも悪用されてるPCR検査を用いる予定らしい。上述したように、PCR検査は感染症の診断が出来る性質のもんやないさかい、サイクル数を増やして偽陽性という誤診を大量に生み出し、「PCR検査の結果、陽性で危険ですからワクチン接種する必要があります。無症状でも危険です。」と脅し文句を医者等から言われれば、何も知らん愚民はその一言で恐怖に怯え、「ワクチン接種をお願いします」とか言うて、自ら腕をまくって差し出し、屠殺される。ほんまにアホばっか。無症状で危険とか絶対に有り得へん嘘やからな。騙されるなよ。マリシー氏はPCR検査について「反証は困難」と言うてるが、反証は実に容易であるし、その欺瞞を証明してる人は居るし、訴訟で勝った国もある。問題なんは、やはりPCR検査が病気や感染症の診断に使えると思い込んでる洗脳を解き、訴訟でも完全に決着をつけるということが重要なんやが、アホばっかでは訴訟をしようとすらせず、訴訟をやっても法律知識やその他作戦や思慮が甘く、日本ではあっさり却下されてる例があったことは後述したとおり。現代日本人はほんまに愚かで、思慮が浅い人が多い。これも不信仰故にそうなってると言わざるを得ない。過去記事「偽使徒パウロの反キリスト教義 一」で「「主への畏れは知恵の始まり。これを行う者は皆、ええ洞察力がある。主の賛美は永遠に続く。」(詩編百十一編十節拙訳)と「主への畏れは理解力(洞察力)の始まり。愚か者は、知恵と矯正を酷く嫌う。」(箴言一章七節拙訳)と複数に渡って記述があるとおり、聖書を知らず、主を畏れて神の律法に服従せん人が賢い訳がないんです。また、当該箴言から、聖書に依拠する拙者に敵対する愚か者たちが、知恵と矯正(誤りを正すこと)を酷く嫌ってるんも真実やと分かるであろう。投稿して来る者の殆どが、拙者への敵対心から来てるんが多いし、愚かな言い分を嗜めたり、しょうもない発言を削除した位で文句を言うしな。ほんま現代人は西洋かぶれが多過ぎやし、精神までやられてるあかん人が多い。非常に嘆かわしい。」と書いたとおりや。主なる神を畏れへん人、神の律法に従わへん人といった不信仰の人、異教徒、にわかキリスト者には神の知恵が無いし、洞察力も理解力も無い。せやから、拙者の言うてることが理解でけへんかったり、共感することもでけへん。自分の方が賢いとか、自分の思ってることや信じてることが正しいなんて傲慢にもそう思うのであろう。それ故、神からの知恵、神に従う者から発せられる矯正(間違いを改めさせること)を酷く嫌うんは愚か者であると聖書で明言されてる。これは真実である。愚か者は真偽を見極める洞察力が無く、正しい知恵や勧めを拒み、しょうもない嘘を平気で信じる。学校教育、テレビ、新聞、政府、芸能人、御用医師、御用学者、芸能人どもの言うことにはホイホイ耳を傾けて信じるが、拙者の言うことや聖書には傾聴せえへん。それ故、滅びることになる。

マリシー氏は、そのマールブルグについて支配層たちがそのワクチンを既に製造してることについても言及してる。RiVaxという商品名らしい。どうやらこれにリシンというトウゴマの種子に含まれる猛毒が入ってるとのこと。おかしいやろ、こうして毒を他人に打たせようっていうのが。すべてのワクチンはこの世から抹消されるべき物やのに、アホみたいに有り難がる愚民が多いことこの上ない。繰り返すが、それは世界の大多数が愚かでワクチンがええ物やと洗脳されてるからなんですよ。政府が推進するから大丈夫、テレビでどっかの大学教授(御用学者)や医師(御用医師)らが勧めてるから大丈夫って完全に盲信してるからなんやで。気持ち悪い。頼むから正気を取り戻せ。冷静になれよ。その内、この情報が正しくて、ワクチン接種を受ける愚民が増え続ければ、いつか出血熱騒ぎが起こり、それがコロナやのうてマールブルグと「新たな感染症だー」って世界保健機関(WHO)やビル・ゲイツ、各国政府といった莫迦どもが大騒ぎし、報道各社も嬉しそうにそれらをしつこく煽り報道を行い、世の権威を盲信する愚民どもは真に受けて取り乱し、またワクチンに殺到し、それによって死ぬ。アホ丸出し。ほんまにええ加減にせえよ。マリシー氏は、そのRiVaxという猛毒リシン入りのワクチンによって数十億人が殺されるだろうと言うてる。愚民が自ら屠殺場に向かってるだけなんですよ。当然、悪魔崇拝者の支配層どもも大虐殺と嘘を流布するという犯罪を犯してるんやけど、安易に調べもせず、慎重にならんと恐怖に慄き、すぐにワクチンに飛びつくアホはどうしようもない。マリシー氏も自然免疫が重要、ビタミンD、ビタミンC、亜鉛、その他必須ミネラルを摂取することを推奨しており、拙者も同意見です。ワクチンなんていう毒物で人間は強くなりまへんし、むしろ逆に、弱くなるか死ぬしかない。

また、過去記事「動画三回目投稿 新しい契約」でも紹介した伊太利亜人医師のペトレラ氏も同動画内で再び「ワクチンを打つな」と警告してる。PCR検査を受けるなとも警告してます。当たり前ですよ。PCR検査なんか感染症の診断に使えず、遺伝子情報を盗み取られるだけで他に何の有益な意味が一切無いし、病人ではないのに病人とでっち上げる口実に使われるものやからね。マスクも危険で外せと言うてますよ。これも当たり前です。拙者が上述してきたように、今まで政府やテレビが推奨してきた対策はすべてやってはいけないことばかり。世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長はまた嘘を言うてるよね。あの人の正体に未だ気付かへんのでしょうか。こちら(YouTube)にあるとおり。そして、世界保健機関(WHO)も拙者がこの頁内で説明したとおりの腐った組織であり、出資者の言いなりでしかないゴミです。つまり、大口出資者であるビル・ゲイツの言いなりということ。ペトレラ医師が強く主張してるとおり、「ワクチン接種して自分は安全」と勘違いした愚かな人間が旅行をして病原菌をばら撒き、それが感染爆発(パンデミック)となってしまうんです。まさに各国の悪徳政府どもが目指してることです。健康者には無意味なPCR検査の陰性証明がどうのとか違法なことを強要してきたり、旅行を制限したりする一方、ワクチン接種者は大手を振って旅行が出来るような仕組みにしてるやろ。大間違いな対策なのにも拘らず、彼らも知っててわざとそうしてる。悪意の塊なんですよ。ワクチン接種者こそ公衆衛生のために隔離されるべき存在やのに、大量虐殺してジョージア・ガイドストーンに奴らが刻んだとおりに世界人口を五億人以下を維持するための大量人口削減を今実行中ということや。ほんまに早よ目を覚ませよ。頑なに拙者の言うことを聞かず、目を覚まさへんのなら、ほんまに世界中が超共産主義化し、拙者が二千十七年から言うてきたとおり、地上すべてが刑務所になるよ。現に自由であった筈の豪州、新西蘭、欧米等がもの凄い急速に共産主義化してる。コロナを理由にね。せやから、これは政治なの。何遍も言わすな。感染症はワクチンから発生する。ワクチンは病気を予防するとか、重篤化を防ぐ等という莫迦げた嘘を信じるな。ペトレラ医師は、拙者が上述で「顔出し、声出しで内部告発をしろ。自殺をしないと宣言しろ。消されたら殺されたと思え。」っていうことを実行してましたね。まさに、このように必死に善のために、隣人愛を全力で表現すべきですよ。日本には彼のように良心ある医師が居るのか。居らへんよね。政治家も官僚も大企業の重役も芸能人らも誰も一切口を割らへんよね。おかしいんですよ、あんたらは。そないな頭おかしい奴らを信じて従ってるんやからね。せやから、同罪やと言うてるんです。この世丸ごと主イエス・キリストによって滅ぼされて当然と断言出来る程にこの世の悪が極まりつつあります。それを感じひん人は異常者です。このまま何もしなければ、ほんまに滅ぼされるで。

こちら(メモ・独り言のblog)によれば、ビル・ゲイツが天然痘について警告してるとのこと。毎度、彼はなんでこういうことを言うのかね。たかがコンピュータソフトの創業者ごときが、なんで病気の発生について分かるのか。また政府に対策を促し、なんで政府が彼に従うのかです。それを怪しめよ。どう考えても彼が首謀者に決まってるやろ。内部による犯行予告でしか有り得へんやろ。どこの民間人がそないなことを言えるのか、予期出来るのか。もしこれが無名の一般人なら「犯行予告」として警察は動くのであろう。そうですよね。ネット上で少々暴言を吐いた位で実行に至らぬのに警察は殺害予告だとか勝手に決めつけ、捕まえに行くやろ。一般人相手にはそうやってすぐに行動するくせに、ビル・ゲイツには手出ししようとせえへんのよね。世界中の警察が。頭おかしいやろ。法治国家なんてこの世界中探しても何処にも無いんですよ。法治国家を装うだけで、支配層といった一部の人間どもが法の外に居るような感じであり、これでは法治国家ではないんです。そもそも、一般人は天然痘ウイルスなんて入手でけへんからね。アホかっての。拙者がブログで教えてきたとおり、テロとは権力者が起こすもんなんです。その辺の一般人では無理です。すぐに警察に取り押さえられて終了であり、世界にとって脅威にもならへん。ほんまの脅威は彼らのような悪魔崇拝者の支配層、優生学を信奉して庶民を同じ人間と思わへん金持ちどもが遊び感覚で人口削減という大量虐殺をやるという犯罪行為の方ですよ。

・5Gは危険。使用するな。反対活動をせい。

5Gについても多くの人々は無知で放置してる現状がある。通信速度が速くなって喜ばしいなんて思ってるのだとしたら、どうしようもないアホ。通信速度が飛躍的に向上する代償はほんまに無いんか、健康に害は無いのかとなんで心配せえへんのかね。心配せえへんっていうアホは、完全にネット中毒、遊技(ゲーム)中毒の愚民と化してる。そないな愚民が映画「セル」(YouTube)のように携帯電話、スマホ等に操られるような人間になるんですよ。ほんまに正気を失ってる。当人は洗脳状態にあり、気付けへんのですよね。それが厄介なんです。さて、5Gの危険性は拙者の過去記事「コロナウイルスと5G」でも伝えたとおりで、コロナ騒動に関わることでもある。こちら(BitChute)で、加奈陀のマイクロソフト元社長フランク・クレッグ氏が、5Gが安全ではなく、ミリ波という危険なもので皮膚や臓器に損傷を蓄積し、痛みを与えると主張してはる。WiFiといった無線は既に人体に悪影響があることが証明されてるとも言うてはる。不眠症、頭痛、倦怠感、心臓の動悸を引き起こす。無線に加え、放射線に被曝すると、更に悪化し、不整脈、不妊、耳鳴り、麻痺とチクチク(ひりひり)感、糖尿病、癌(がん)、永久的な遺伝子本体の損傷もある。肉体的な被害だけに留まらず、精神的にも有害であり、不安、憂鬱、注意欠陥多動性障害、自閉症、気分の不安定、感情の不安定があるとのこと。これらの害は、携帯電話等の無線機器が出現したこの三十年の間で飛躍的に伸び続けてることから、それが実証されてる。これを情報拡散するように呼び掛けた。放射線被曝と言えば、福島原発事故も未だ収束せず、汚染土を日本全国にばら撒いて農地にしてる所もあるで。内部被曝しますよ。また、「コロナ問題」の頁で書いたように、コロナワクチン接種者から放射線を出すこともこれと連動する。

電磁波は放射線に似たようなものであり、5Gの送受信機からは多くの放射線が出ており、こちら(Odysee)でも分かる。放射線測定器(ガイガーカウンター)を持ってる人は自分で簡単に調べられるよ。嘘やと思て無視せんと、調べろよ。その動画投稿主も言うてるように、5Gの送受信機が設置されてから高い線量が検出され、頭痛やらあらゆる体調不良に悩まされ続けてると証言してる。この一件のみならず、世界中で似た証言があるが、政府や通信会社どもは意図的にこれを設置、及び推進してる現実がある。訴訟して、撤去に追い込め。そうせん限り、死ぬまでこれですよ。ええんか、それでも。近所が騒音やらで迷惑行為したら文句言いに行ったり、警察呼んだりする人は、なんでこの5Gという問題については黙秘を貫くのでしょうか。こっちの方が生命や健康に関わるのに何もせえへんって、頭おかしいぞ。

こちら(BitChute)のとおり、英国の軍でマイクロ波や電磁波を研究していたバリー・トラウアー博士が暴露してる。「(目に見えへん故に)自分が攻撃されてると気付かせへん完璧な武器である。」と。また、「個人に対しても、集団に対しても攻撃可能で、道端に居る人にも容易に攻撃出来、深刻な身体的及び精神的な損傷を与え、癌や心臓発作を引き起こすことも出来、思考操作も容易に出来る。」、「周波数を変えることで、人に特定の行動をさせるように仕向けられる。」、「実際は病気ではないのに、色んな国で何十万人を対象に、実際に電磁波攻撃をしており、統合失調症等の精神異常を引き起こし、精神科に精神病と診断させ、精神病院に隔離させて生涯閉じ込める。」、「普通の人を痛み、催眠術、薬物を用いずに、三十時間もあれば電磁波によって破壊出来る。完全な暗闇に三十分閉じ込め、マイクロ波を脳に照射して声を聞かせ、助け主と錯覚させ依存させ、次々にその指令を聞くようになり、自爆犯や殺人犯にもなり得る。」、「宗教団体でも洗脳に電磁波やマイクロ波等を用いてる。」、「全員が制御出来る訳やのうて、失敗もあるが、おそらく八割か九割は制御に成功する。」等と暴露してますよ。「〜という声を聞いた。」等というんは、電磁波攻撃を受けてる証拠やな。それで犯罪行為に及んでも、一人の頭のおかしくなった人間の単独犯と片付けられ、ほんまの主犯である政府や軍や秘密結社や宗教団体は、疑いを免れるという仕組みやな。卑劣極まりない。要するに、電磁波、マイクロ波、ミリ波等というのは軍事兵器であり、これをネット通信に転用してるんです。当然、官僚の中でも高官等といった国家の中枢機関に居る人たちがこれらの事実を知らん筈が無い(ただの無知で愚かな傀儡の大臣や国会議員程度なら知らんであろうが)。また、彼は、「インフルエンザワクチン接種に毒や化学物質等が含まれ、接種した殆どの人が死に、苦しみ、生き残った僅かな人は訴訟をしたが、政府の科学者たちの名が一人も挙がらず、政府が訴訟を邪魔し、和解(損害賠償という金銭での解決)で終わらせた。イングランドには殺人をするのに法律から完全な免責と匿名性を持つ人々が居る。特定の科学者が法律の外に居るのが問題。政府は選挙で任期切れがあり、黒幕ではない。政府の背後に官僚、軍、間諜組織等と表には出てけえへん人たちが居る。」と暴露しました。とんでもないことやろ。今のコロナワクチンの免責を得てる製薬会社はこれと似てるとは思わんかね。こういうのが現実なんであり、「陰謀論」でも何でもあらへん。。あんたらがこないに呑気でおかしいんは、テレビ、ラジオ、4G、5G等といった電磁波網のせいもあろうし、個人として狙われて電磁波照射、マイクロ波照射を受けてるかもしれへん。壁をも突き抜けるさかい、近くからやる必要性が無いし、測定器でも買うて探知する以外に知るきっかけすらないであろう。これらのせいで昔は殆ど居らんかった癌患者が現代人には急増し、頭の悪い人やおかしい人が増えた。根拠も証拠も無く、これらの話を聞こうとせんような人のことを言うてるんや。また、対談者も「携帯電話、WiFi、無線接続のコンピュータが危険なのに、多くの人々がこれを知らない」と危機感を示し、それに対して彼は「マイクロ波は水に反応する、人体も脳も水を含むから影響は受ける。」と言うてますが、これは至極当たり前のこと。身近にある物で言えば、電子レンジはマイクロ波が使われてる。あれはマイクロ波を照射し、水の分子を激しく振動させることで摩擦熱を起こし、物が急激に温まるという原理や。その影響で細胞は破壊され、温める代わりにゴミを食うようなもんですけどね。電子レンジというマイクロ波照射された食べ物に栄養はまったく無い。更に、彼はアフリカの農場での話をし、「送信機(トランスミッター)が設置された後、蜂が居なくなり、数か月以内に蟻も消えた。マイクロ波が蜂に強く影響を与え、方向感覚を失うがために帰ってこれず、別の居場所を見出そうと出て行った。」ということ。マイクロ波といった電磁波は、虫たちにも悪影響があるんや。そして、悪いことに彼は「アフリカでそないなことが国中で行われ、(電磁波送受信機設置が進んだせいで)植物を守る虫が居らんようになり、果物が栽培出来ず、買わなあかんくなった。こないな被害を受ける農場主が多数になり、廃業が増え、国が食物を輸入に大きく依存することになり、栄養が無いとか構造的欠陥のある劣悪な食物(遺伝子組換え作物)を輸入して食べた国民が病気になり、治療のために医療も輸入に頼ることになる。(きちんとした野菜や果物を食べられず)ビタミンCの欠乏が進んで壊血病を発症し、この解決策の提示に(ハイエナのように)米国が最初に支援を申し出て来た。援助の見返りに、米軍基地を置いたり、土地や鉱山(の割譲)を要求した。」とのことや。これが「マッチポンプ」と呼ばれる欧米の支配層が得意とする偽善的な搾取構造や。ほんまに悪魔的やろ。奴らが有害な電磁波送受信機を設置しなければ、防げた事態や。欧米の科学技術の進歩、利便性の向上を欲する短絡的な欲求を追い求めると、国の独立を失い、食料自給率を下げ、土地やら資源を根こそぎ持って行かれる。強盗ですよ。米国は世界の強盗や。また、女性が特に電磁波の悪影響を受けることにも言及されてる。「妊娠中の女性に対して弱いマイクロ照射をするだけで約六割が流産した。女性が狙われるのは卵子を持つ故であり、子供の時から電磁波の悪影響を受けると遺伝子を損傷し、その女児が成長して結婚して産んだ子供にも悪影響をもたらし、何らかの遺伝子損傷を持って生まれる。そして、それは修復不可能である。そういう事実を知ってるから、学校にWiFi等の機器を設置するなと当局に言うたが、無視され、学校にWiFiを設置し続けてる。女性だけやのうて、男性も精子に悪影響を与え、損傷が発生する。成長途上にある子供にWiFi等の電磁波に被曝させると、成長部位に悪影響を及ぼす。脳や骨等にも影響を与え、一生修復不能な損傷を与えかねへん。二十八歳までは子供で成長を続け、その年齢まで電磁波、マイクロ波等に被曝させるべきではない。」とのこと。おかしいやろ。今ではこれについても何とも思わん保護者や教師が多いが、アホ丸出し。危機感を持って行動せず、訴訟も辞さへんことをせん限りはずっとこの悪影響に終止符が打たれることはない。政府どもは故意にこの犯罪を犯してるんやからね。明るみにしたり、公に糾弾せん限り、止まる筈がないやろ。ちょっと注意してやめるなら、あいつらは最初からやりませんよ。周波数の話で、スカラー波というのがあり、これであれば充電池も要らず、盗聴される恐れも無いが、それを阻害してる奴らが居る。支配層は、きっしょい監視体質やさかい、全国民を盗聴したり記録を取ったり等と私事権(プライバシー)の侵害に余念が無い。それ故、現在のようなあらゆる生物に有害な通信体制をやめようとせえへん。そして、多くの店がこの電磁波攻撃を商用に悪用し、客に買わせるように仕向ける電磁波を配備してるということも語られた。おかしいやろ、この世は。「つい衝動買いしちゃった」なんて思ってる人は、電磁波攻撃にやられたかもしれへんで。彼は最後に「政府はいつも嘘をついており、「嘘をつくのが普通」になってる。政府と警察は腐敗しており、政府は国民を代表しておらず、産業界を喜ばせるためなら人殺しを辞さへん。」と言うた。拙者も同意ですよ。ほんまに、ここでもブログでも何処でも言うてきたことやけど、政府こそが最も信用ならん集団やということにええ加減気付けよってことや。政府を信用してる以上は、掌の上で死ぬまで転がされ続け、長時間労働力や重税によって金銭を搾取された挙句殺される家畜に過ぎひんのやという厳然たる事実に気付け。

各家庭にある無線LAN、WiFiも死ぬ程ではないが健康には害や。こちら(BitChute)でもWiFiの無線周波数の危険性を主張してる人も居てる。あんたらはもっと賢くなるべきです。ぼけーっとしてんと、自分でもよう調べなはれ。政府や大企業が推進してるから安心ではないんや。むしろ、危険なことばかり。これについても黙ってるなら、あんらはほんまに死んで滅びたいのかってことです。それなら、人間ちゃうで。家畜以下。なんでそんな有害なもんが広まるのが許されるのか。それは拙者が何遍もブログでも当サイトでも示してるように、目に見えへん悪魔と悪魔を崇拝する支配層どもが我等庶民を殺しにかかってるということです。大量人口削減したり、機械と融合させて自然人ではなくし、彼らが持つ特許を基に所有物として管理下に置くのが目的やからです。何遍も言わすな。これ以外に真実は無い。また、こちら(Odysee)からも分かるように、5Gはあらゆる物と人間までもインターネットに接続し、常時監視しようとしてる。そのためには膨大な通信量になり、もっと速い通信が必要であり、それで4Gでは足りずに5Gが生み出され、推進されてるっちゅうこっちゃ。あんたらのネット利用速度やダウンロード速度を上げるのが目的ではない。5Gは危険であり、支配層にとって都合のええものでしかなく、庶民にはありがたくも何とも無い害悪でしかあらへん無用の長物やということを認識すべきや。上記の動画の途中で大地平面説(フラットアース)について反対意見が見られるが、衛星が上空を飛んでると思い込んでる地球球体説の信者のようで、その話者はアホですね。人工衛星なんてもんは飛んでへんし存在もしてへん。地上に張り巡らされた複数のアンテナと通信して位置を割り出してるだけや。GPSというんもその理屈であり、複数の地上のアンテナと通信して距離を測り、現在位置を示す役割を果たす。すべて地上の通信であって、空ではない。せやから、奴らは地上にアンテナをようけ張り巡らしとるんです。衛星で事足りるなら、地上のアンテナなんて要らんのが分からんのかってね。地球球体説の信者という愚か者どもが分断を起こす原因と自覚せい。そないな学校教育信者、NASA信者といった惑わされた者が迷惑であり、支配層に与してる事実に気付けよ。宇宙や無重力なんてもんも存在せえへん。こちら(YouTube)とこちら(YouTube)を視聴したり、拙者の過去記事「地球球体説と地動説という大嘘と太陽神崇拝」を読んで勉強し、目を覚ませ。こちら(Odysee)でも5Gや電磁波の健康被害について述べられとる。こちら(Odysee)のようなものも日本ではまったく報道されへん。それ故、5GやWiFi、電子レンジ等の電磁波、マイクロ波、ミリ波に対する危機感が薄いのであろう。目を覚まして、抵抗せい。5Gは安全なんかではないし、無線全般も危険。こちら(メモ・独り言のblog)のブログ内に分かり易い図があるように、1G、2G、3G、4G、5G等と電磁波が強まる度に人間に害を及ぼしてる現実が分かるであろう。5Gやいずれ来る6Gは、人体に有害で、大衆の支配や監視管理のためや。こちら(BitChute)からも、ワクチンと5Gの関連性は明らかで、大衆の監視管理が目的なんや。

また、こちら(BitChute)で、バリー・トラウアー博士は貴重な証言をしてる。上記の動画以外にニュルンベルク裁判についても述べられており、まさに現代の科学者どもや医師どもがこのニュルンベルク綱領違反を繰り返し、死刑(絞首刑)になるべき犯罪を犯してることや政府が嘘をつき続けてる極悪な存在と証言してる。あんたらよ、ほんまに目を覚ませよ。正義感が無く、何もしようという気が起きひんのなら、あんたも共犯となり、極悪人や。

こちら(週刊現代)のとおり、JR東日本は顔認証カメラを駅に設置してる。この撮影したデータは勝手に警察に送られたり、支那や米国等にも送られたり、販売されたりしてるでしょうな。悪用されても分からん。公共交通機関と担う大企業がこないな倫理観なんが問題なんですよ。それを知っても呑気にしてる日本国民もアホ過ぎる。提訴して完全撤去に追い込むべきですよ。でないと、JR東日本だけやのうて、あらゆる所でこないな顔認証カメラが増えるで。やましくないから撮影されても問題無いっていう問題ではない。私事権(プライバシー)が無くなり、いつ何処で誰がそこに居るか、何処に行ったのか等を追跡されてるということ。これは駅に限らず、道端にも監視カメラが増えてる。こういうのをなんであんたらは容認してるんでしょうか。あんたらは白痴やで、ほんまに。日本全体が刑務所になるのを黙って見過ごしてるに等しいで。ストーカーを気持ち悪がるなら、監視カメラも気持ち悪がれよ。監視カメラはええっていう考えはおかしいぞ。

大衆監視は、既に服にまで紛れ込んでる。こちら(Odysee)では、女性用下着に集積回路(チップ)を埋め込んでることを暴露した動画や。一昔前までは無かったやろけど、最近のもんは通信出来る集積回路を埋め込んでるようです。店が商品に盗難防止のために集積回路の貼り札を貼ってるのと一緒のやつや。会計せんと外に持ち出せば、入口の門で警告音が出るという仕組みと似てる。これを商品という物の中に埋め込み、人が身に着けることでその人の居場所を追跡出来る。これは決して出鱈目な考えではない。なぜなら、ブログでも散々述べてきたし、詳しくは後述する世界経済討論会(WEF)の創設者、会長であるクラウス・シュワブという異常者がそう自白してるさかい。その自白動画はこちら(BitChute)にある。「数年以内に脳に集積回路(チップ)を埋め込むのは確実。まずは服の中に埋め込む。それから脳や皮膚に埋め込む。」と自供してるやないか。また、彼はこちら(Odysee)から分かるとおり、コロナ犯罪が開始される四年前の二千十六年時点で既にこのワクチン接種によって人間を操ろうと必死に広報活動、洗脳活動に勤しんでいた証拠動画や。そこでもしきりに「第四次産業革命が重要で、我々は今すぐ準備をしなければならない。新しい革命を受け入れなければならない。」と他人に強要するかのような言い方なんですよね。ほんまに「何様やねん」って感じやろ。こういうのを聞いておかしいと思いなはれ。なんでこんな奴らに命令されなあかんのって思うのが普通やろ。それでも頭のおかしい人たちがこの言うことを聞き入れ、各国においてその政策を実行してるんが現実やろ。これでもまだ「陰謀論」と寝言を言い続けて現実逃避するのか。アホか。ほんまに正気を取り戻せ。目を覚ませ。政府は奴らの支配下にあり、その悪しき目論見を実現させるためにコロナ犯罪を犯し、5G等と電磁波を用いて大衆を洗脳及び扇動してるんやと。抵抗せい。手遅れになるまで放置しとったらあんたらは滅びる。こない私事権を侵害する犯罪企業を訴えよ。

5Gは大量殺戮兵器

こちら(BitChute)を視聴しなはれ。そこで言われてることは大袈裟でもないし、作り話でもない。多くの有識者たちが5Gが安全ではないどころか、人体や他の動植物にも有害であり、監視管理社会と大量殺戮のための兵器であると証言してる。あんたも、あんたの家族、親戚、友人、同僚等と無知な人たちの集まりに属したり、そないな人に取り囲まれ、テレビや新聞やネットニュース等からしか情報を得ておらず、その嘘情報ばかりを鵜呑みにし、世の諸事情について知ってると勘違いしてる愚か者どもよ、目を覚ませ。5Gという強電磁波は遺伝子に損傷を修復不可能な程度で与え、次世代にも悪影響を及ぼし続ける。特に子供には電磁波は有害で、自閉症の原因になるし、妊婦が電磁波に晒されてると子供に悪影響も出る。また、電磁波は人間の神経障害や癌が増えたり、呼吸器系の健康被害と知能低下の顕著な原因になることも判明してる。コロナなんか存在せえへんが、これは5Gの展開と時期的にも一致する。5Gの展開により、大衆の体調不良が増加したのをコロナと偽ってるに過ぎひん。感染症の診断が不可能なPCRを検査として悪用してることもその証明である。どおりで、携帯電話が普及した後の二十一世紀の現代人どもはアホばかりなのはそれが原因かと納得した。電磁波が強くなるにつれ、世代を問わず、病気になる人が増え、知能が低い人間も増えた。そのことにも関心を持たず、通信速度が速くなることは喜ばしい等とアホみたいに浮かれてる人はゴミ屑人間。そないな人らは存在価値が無いし、5Gの送受信機を熱心に配備する悪人どもを間接的に手助けしており、そのことで罪を負う。5Gの携帯の契約をするとか、ルーターを設置するとか、5G対応の家電等を買う等すべて、これらの行為は大罪や。恥を知れ。愚民は恥知らずやさかい、こう言うても効き目が無いかもしれへんけどな。もう取り返しがつかへん事態になりつつある。悪徳政府や悪徳際企業に抵抗せえへん無知で無能な人が多過ぎて。早よキリストが再臨しはり、この世の悪人たちを裁き、滅ぼして、新しい天と新しい地の世界が確立されることを切に願う。拙者は、この地が将来地獄になるさかい(今も生き地獄みたいなもんやけど)、そこに愛着があるのではない。真のキリスト者は、以下の聖書の言葉を心に刻んでるからや。

新約聖書 ヨハネの手紙一 二章十五節~十七節(拙訳)
世を愛してはならず、世にあるものも愛してはあきません。もし誰かが世を愛するならば、御父の愛はその人の内にありません。なぜなら、世にあるすべてのもの、肉の欲、目の欲、生活様式の誇示は、御父からではなく世からだからです。そして、世と世にある欲は消滅します。しかし、神の御意志を行う人は永遠に生きます。

PCRや抗原検査で遺伝子情報を収集し、5Gで大衆を操る

まず、こちら(BitChute)を見なはれ。衝撃的な事実が分かるであろう。遺伝子情報さえ分かれば、その人を完全に乗っ取り、個性を消したり、操ったり、幻覚や幻聴を与えることも可能になるということです。これは事実なんや。作り話やないで。信じひんと言う人は、その人の知能がそれを理解する基準に満たへんのか、それとも信じひんように既に操られてるのかもしれへんな。在りもせえへんコロナウイルス(Covid-19)を口実にし、人々をPCRや抗原検査に誘導し、遺伝子情報を違法に収集し、それをコンピュータに入力して保存して解析し、他人を遠隔で操る準備を整えてる。そして、5Gを益々盛んに展開し、ワクチンに酸化グラフェンを入れ、磁気帯びにし、青歯(Bluetooth)に反応する等とネット通信出来るようになり、5Gやいずれ来るとされる6Gの通信網に繋がり、乗っ取られ(ハッキング)、完全にその人の自由意志を奪われるということになるであろう。せやから、拙者はワクチン接種をするなと二千二十年から言い続けてきたのに、愚民どもは拙者の警告に見向きもせえへんし、信用せず、犯罪者である政府や報道各社どもを盲信し、自らの破滅を決めてる。自業自得や。ブルービームという立体映写(ホログラム)で大衆を惑わす技術もあるが、先の動画を見れば分かるとおり、もはやそれを使うまでもないという段階までに科学技術は悪用が実用化する直前に来てる。自らPCRや抗原検査に応じて、遺伝子情報を献上した愚民は政府や大企業に監視され、操られることになるであろう。常時、何を考えてるか、何をしてるか、何処に居るのか等といった個人情報を常に遠隔で監視されてるんや。「そんなの嫌だ」と思うかもしれへんけど、それならなんで遺伝子情報を自ら献上し、有害無益なワクチンを打ったんだっていうことや。アホやからやろ。これだけ情報が簡単に得られる時代において、知らんかったなんて言うても無駄で、同情の余地は無い。知ろうとせえへんかった、信じる対象を間違えた責任や。ワクチン接種した人間はもはや救いようがない。

・偽感染症騒動の次は気候変動詐欺や。

こちら(BitChute)にあるとおり、かなり昔からHAARPという気象操作をするための装置は既に完成しており、それを悪用され、人工的に台風を起こすことも、進路を操作することも可能や。こちら(BitChute)のとおり、飛行機雲を偽装したケムトレイルもずっと撒かれ続けてる。これにより太陽光を遮るなどして気象や生態系にも影響を与えるし、病原菌やら撒かれてることも考えられ、毎年インフルエンザが流行るんもこの影響があると拙者は睨んでるし、有害な化学物質や重金属の粒子も撒かれてるよ。花粉症なんか存在せず、ケムトレイルによるものとも考えられる。昔は花粉症なんて無いし、最近のもんやろ。また、日本には支那から黄砂が飛んで来るとか嘘を言うてるが、これもケムトレイルやのに黄砂と有り得へん設定にして嘘をついてると思われる。その成分を化学分析したら分かるであろう。砂なんていうのが支那から日本にまで飛んで来る訳ないやろ。途中で海に落ちて届く訳がない。ケムトレイルが存在せえへんと思ってる愚民が多いやろが、現実や。こちら(BitChute)では元FBI捜査官もケムトレイルを止めるべきと警鐘を鳴らしたし、こちら(Odysee)では内部告発がある。現実を知れ。超富裕層の支配層、国際機関、政府どもが環境破壊者やという事実を知れ。抗議は支配層に向けてすべきや。これも既に知ってる人は知ってることやし、知らん人がこの世に多いであろうし、それはただの無知な愚か者に過ぎひん。いつまで経ってもテレビ、新聞、大手報道各社のネットニュースしか見ないし、信用しようともせえへん情報弱者には理解不能であろうし、受け入れようともせえへんやろうが、間違うてる。そないな支配層や政府に誘導される愚か者でおっては、いつまでも彼らのええように洗脳され、動かされる。大手報道各社が気候変動が起こってる、温暖化が起こってる等と騒げば、ほんまにそれが起こってると思い込む愚民が必ず居るし、それも少なない。聖書暦二千二十一年六月二十九日(太陽暦二千二十一年十月六日)、こちら(YouTube)のように真鍋淑郎氏がノーベル物理学賞を受賞したと騒いでるね。彼自身も「物理学そのものではなく、気候変動という題目に対して賞を貰うことにまったく驚いた」と発言したとおり、「えっ、気候変動なの。今なの。」っていうことですよ。本来の受賞対象と異なるのに、無理やり受賞させたことも、時期的にも偶然ではない。三十年前の研究で今更の受賞や。そもそも、コンピュータで予測等をしたって、それは「机上の空論」でしかあらへん。この事実にええ加減気付くべきやな。物理っていう学問自体嘘が多いし、数字を捏ねくり回すだけで実体が伴わへん。ただ小難しい計算や理論等で煙に巻き、騙す。これこそ支配層の狙いや。これからはコロナ犯罪に加え、気候変動詐欺にも力を入れて行くという支配層の宣言と拙者は捉えてる。ノーベル賞なんかを有り難がるべきやないし、誇るべきことでもない。なぜなら、それはロスチャイルド等といった支配層に貢献した、役に立ったから贈られる賞でしかあらへんさかい。

こちら(BitChute)から分かるように(但し、当該動画の大地が球体とか宇宙等という話は嘘やさかい、注意や。実際は宇宙は無いし、太陽も近くにあるから。)、多くのまともな科学者たちは、「戦後の高度経済成長期に工業が盛んになって二酸化炭素(CO2)排出量が激増した時、千九百四十年から千九百八十年の四十年間は反対に気温は下がったことからも、明らかに二酸化炭素は温暖化に無関係である。」「二酸化炭素が温暖化の原因にはなり得ないし、温暖化の証拠も無い。」と断言してるし、「気候変動は巨大産業」、「温暖化に関わる仕事は宗教。賛同せえへんと異端者、異常者扱いされる。」とまで言われてる。構図がコロナ犯罪とまったく一緒。やはり金儲けや政治に関わる国際機関の人たちが嘘をついており、彼らの目的達成のために気候変動が起こってるとか、温暖化が起こってる等と嘘の問題をでっち上げることが言われてる。なぜなら、その気象科学の問題をでっち上げ、その対策に多くの利権や補助金等といった金儲けにも繋がるからや。拙者のように「気候変動なんか起こってへん。嘘や。」と言えば、そないな論文や意見は検閲されて抹消されたり、そう真実を語る人に向かって罵り、命や地位の脅迫までされるというのが実態。ほんまに世の支配層は悪魔的で、偽善的で、独善的で、金銭欲が強い犯罪者だらけやという事実が分かるやろ。庶民ではなく、支配層といった上層部の人間どもと彼らに協力する人間どもが諸悪の根源なんや。もっと言えば、支配層が崇拝する悪魔こそが悪の根源。聖書で、悪魔は「嘘つきの父」(ヨハネ八章四十四節拙訳)と主イエス・キリストより呼ばれた。悪魔とは嘘つきの父であり、悪魔崇拝をする支配層の人間どもも同じく嘘つきなのは合点が行くやろ。

支配層は、こちら(YouTube)のように少女らを使い、偉そうに公の場で演説をさせ、大衆を共感させて洗脳する。湾岸戦争でも同じような手法で騙されたことをもう忘れたんか。イラクのフセイン元大統領が悪人扱いされ、米国が一方的な言い掛かりをつけて戦争を仕掛けたやろ。米国が正義と思うのをやめよ。拙者の過去記事「動画四回目投稿 現代語訳聖書の翻訳は間違いが多い 後編」等を読めば、米国こそが悪の権化と分かるであろう。そして、現代では、こちら(YouTube)というまた別の少女が使われてる。ほんまに懲りひんよね。いつこの手の詐欺に引っ掛かるのをやめるのかね、あんたらは。テレビばっか見て信じて、ネットで情報を取らん人は一生気付かんやろね。気候変動詐欺も支配層主導で各国政府に命令し、大企業もグルで強制的に進めるであろう。庶民に対して腹立つんは、今まで環境とか気候のことを大して気にせんかったくせに、政府やテレビ等が大騒ぎすると、途端に「環境に優しいことをしなきゃ、協力しなきゃ」って思い込み出し、詐欺と見抜いて協力せん人に対して余計な同調圧力をかけたり、迫害をすることですよ。今のコロナ犯罪と同じくね。「感染症対策でみんなマスクしてるんだから、あんたもしろ」って言うやろ。ほんまにアホやろ。脳みそ何処にあんのっていう人が多過ぎ。政府やテレビ等に踊らされる人って、ほんま「百害あって一利なし」的な存在ですよ。気候変動が深刻やとか嘘をまた国際機関や各国政府が騒ぎ出し、HAARP等といった気象操作を行い、それを演出するであろう。それに騙されるな。何も危機的なことは起こってへん。むしろ、支配層や各国首脳陣や嘘つきの報道各社が消えてくれる方がこの世の平和に繋がるのである。彼らが諸悪の根源なんやから。気候変動詐欺は、二酸化炭素排出が温暖化の原因としており、その偽りの問題に対して、偽りの解決策を彼らが庶民に押し付けてくることが予想される。「環境に優しく」という名目で始まり、どんどん規制が厳しくなり、守らへん人は犯罪者扱いにされかねへん。コロナ犯罪下でも行われてるように「健康のために」等と人々が反対しにくい建前で嘘をつき、人々の自由を奪い、行動を制限し、公衆衛生上の敵と看做し、犯罪者扱いしたように。豪州等では有害無益なマスクをせんだけで警察から暴行を受け、逮捕されたりする位やで。狂気の沙汰や。また、コロナ犯罪と同じく、気候変動を名目にして都市封鎖が必要とか、週に一度完全な休日にして、二酸化炭素排出量を減らす必要がある等と規制を敷く可能性が高い。それに日曜休業令が繋がる可能性もある。詳しくは、拙者のブログを読みなはれ。ローマ教皇をはじめ、カトリックやイエズス会は日曜日を神聖視してる。そこから派生した正教会やプロテスタント等もすべて同じ。今や日曜礼拝が彼らの間で定着しており、これを全世界の人々に強要することにも繋がり得る。これは聖書どおりの安息日の否定であり、これも悪魔にとっては悲願とも言える神への最大の反逆で、それに従う人間は将来地獄行きとなる。獣の刻印とはこないな獣の法、秩序、言うことに従うことで押される霊的刻印や。ワクチンを避けるのも当然必要なことであり、支配層の所有物になりたくなければ、接種は断固拒否で、ローマ教皇を頂点とするカトリック、その他世の「キリスト教」と自称する教会に所属することも従うことも忌避すべきです。仏教やイスラム教等といった異教は論外で、二千十七年からブログでも拙者が散々ローマ教皇が世界統一宗教を樹立するために、他宗教の指導者を丸め込んでるということを書いた。こちら(ロイター)でも、ローマ教皇が気候変動詐欺に熱心であり、各宗教指導者も巻き込んでやろうとしてるのが明白である。国連気候変動枠組み条約第二十六回締約国会議(COP26)が、英国のグラスゴーで開催され、「自称キリスト教」の各宗派、イスラム教、ユダヤ教、ヒンズー教、シーク教、仏教、儒教、道教、ゾロアスター教、ジャイナ教の指導者らが共同で「前代未聞の生態系危機」からこの地を救うために具体的な解決法を打ち出すとのこと。何も起こってへんのに、また要らぬ問題をわざと起こし、要らぬ解決策という名の人権侵害をまたやるだけ。ほんまに悪事をするのに飽き足らず、反省の色はまったく無く、懲りひんよね。彼らの醜悪さは底が知れぬ。過去記事「パウロは偽使徒」で書いたように、世の「キリスト教」なるものはすべて偽使徒パウロの教えに基づいており、主イエス・キリストや十二使徒の教えには基づいてへんさかい。神の律法が重要であり、世の「キリスト教」と称するんは、すべて神の律法を守らんでもええとし、むしろ人間の教えや伝統に基づいてるのみ。これでは「キリスト者」にあらず、絶対に救われへん。

気候変動が詐欺という証拠は山程あるが、こちら(HUFFPOST)にあるとおり、聖書暦二千二十一年七月一日(太陽暦二千二十一年十月七日)に、ユーチューブ(YouTube)の親会社であるグーグル社は、「気候変動を否定する動画等への広告掲載や収益化を禁止する」と発表した。イルミナティ企業のグーグルがこう言うということは、その逆が真実ということを露骨に示してる。また、それだけやなく、こちら(Sputnik日本)にあるとおり、ユーチューブは、ワクチンの危険性を訴える動画を削除すると既に言論弾圧を強化してるし、ツイッターも口座の凍結や制限を不当に掛けてる。これらを明らかに異常事態と思わねばならんよ。グーグル社、ユーチューブ、ツイッター社等がする表現の自由や言論の自由を弾圧したり、検閲したりするという違憲行為を支持する人は、魂を悪魔に売った愚か者や。彼らの措置を当然と思うなら、あんたはそないな自由に物を言うことがでけへん監視管理が厳しい超共産主義社会がお望みなんでしょうね。そないな輩は、どっか遠く離れた無人島で国みたいなもんを造り、支配層が徹底監視する小さい世界で勝手にやっててくれたまえ。日本から出て行け。海外諸国からも出て行け。勝手に超独裁社会、超共産主義社会、超監視管理社会の小さな島で君たちが勝手に支配層と被支配層に分かれて、思う存分楽しみたまえ。拙者は、そないな暗黒社会は願い下げや。

こちら(メモ・独り言のblog)でも書かれてるとおり、二酸化炭素(CO2)は植物の光合成にとって必要不可欠なもんです。これ位、小学生の理科で習って誰もが知ってる筈の基礎的知識やろ。太陽光と水と二酸化炭素があるお陰で、植物は光合成をし、成長し、酸素も排出する。植物と人間や動物とは持ちつ持たれつの関係であり、人間の勝手な都合で二酸化炭素排出を極端に減らすとかその他余計なことをすれば、植物の光合成や成長を阻害されて枯れて行き、そのせいで植物性の食物も減り、酸素も減り、人間や動物も窮地に追い込まれる。分かったか。支配層が企む気候変動問題は完全に詐欺であり、嘘の上に成り立っており、飢餓問題を作りだす大幅な人口削減政策である。支配層は悪魔崇拝をしており、人間を憎んでる。支配層は悪霊に取り憑かれ、優生学を信奉し、我等庶民の人間を滅ぼそうとしてるんや。気付け。彼らは悪魔の業を悪魔の代理で実行してるんや。拙者のブログと創世記序盤を読めば分かるが、万物の創造主の神は、天地創造の六日目に人間を創造した時、他の物を創造した時とは異なり、「極めて良かった」と感想を言わはった位に人間を特別視し、愛してはる。悪魔という堕天使は人間よりも前に創造されて能力的にも遥かに人間より上であって、神に仕えていたが、それを面白くないと嫉妬し、美しい天使やったのに神に反逆して堕天して醜い悪魔になった。神に反逆すると滅びる定めになる。黙示録を読めば分かるとおり、悪魔も悪魔崇拝をする人間どもも世の終わりに地獄行きが決定してる。不信仰の者、異教徒、にわかキリスト者どもも全部同じやで。せやから、今、必死に聖書や真の聖書福音を学ばへんと地獄行きになりますよってことです。これは真実であり、間違い無い。間違いと思いたければ勝手に思えばええが、そう思って現実逃避したところでその者の未来は暗い。

・陰謀論やない。

まず、こちら(BitChute)を視聴しなはれ。ちょっと長いが、二倍速なら三十分程度で見終わる。そこで分かることは、世界中が少数の大企業、少数の投資家や大株主どもに支配されており、そいつらが果てしなく金持ちで実質政府よりも大きな権力を持ってるということ、そして何より我等の生活の大部分を牛耳ってるという現実や。これを「陰謀論」とか貶すアホは、株式の仕組みをまったく知らん愚民でしょうね。アホ程、こないな情報を最初から毛嫌いし、見ようとも聞こうともせえへん。ほんまにこないなゴミ屑人間が多いと支配層の思う壺であり、支配層の計画どおりに大量人口削減の標的となって殺されるであろう。コロナ犯罪でワクチンに誘導させて殺したり、独裁的な振る舞いをされても文句も言わずに従ってる愚民どもは支配層の犯罪に加担及び協力する犯罪者である。ほんまに性根が腐ってるよ、これでも目を覚まさへんのなら。こちら(BitChute)ではマレーシアの元首相が「新世界秩序」について話してる。その「新世界秩序」とは、一部の金持ちや著名人が支配層となり、他は被支配層という家畜化した人間の二極化であり、超共産主義社会である。各国政府は資産家どもの操り人形であり、支配層の命令を実行してるのであり、コロナ犯罪はその手段でしかなく、感染症が流行してるのではない。政治なのだ。これが現実や。ほんまに目を覚まし、具体的行動をすることで抵抗せい。

こちら(BitChute)のとおり、世界経済討論会(WEF)、ロックフェラー、ロスチャイルド、ビル・ゲイツらといった悪魔崇拝者ども、超富裕層どもが主犯格で、各国政府の要人や公務員や大企業を手先とし、コロナという存在せえへん感染症危機をでっち上げて演出し、彼ら支配層にとってのみ快適な新世界秩序(NWO)、超共産主義で超監視管理社会の構築に向けて、大きな再設定(グレート・リセット)をしたがっており、そのために多くの中小企業や個人事業等の弱者たちを倒産や廃業させて借金まみれにし、意図的に金融危機を起こし、ベーシック・インカムという配給制にし、支配層に逆らえば配給を停止する等して家畜として大衆を飼う準備をしてる。このように世界を共産主義化する悪い計画があり、このコロナ茶番劇を通じてそれを実現させようとしてます。こちら(BitChute)で世界経済討論会(WEF)の創設者兼会長のクラウス・シュワブが如何なる人物か、何を企んでるか、その邪悪さが分かるであろう。こちら(Odysee)やこちら(Odysee)にあるように、世界経済討論会(WEF)とそれに繋がる各国政府要人やロックフェラー等が共謀し、新世界秩序(New World Order)という支配層と被支配層(家畜)の超共産主義で超監視管理社会を構築したがってるのは明白や。支配層にとっては理想郷やろが、我々庶民には生き地獄となる社会や。世界保健機関(WHO)や国連等もそのような計画を擁護し、各国政府もそれに追従してます。世界保健機関(WHO)が如何に腐った組織で出資者の言いなりでしかないか、こちら(BitChute)を見れば誰でも分かる。すべてを見たい場合は、こちら(BitChute)を視聴しなはれ。彼らのような邪悪な者たちの支配計画をみすみす許せば、全人類は人間としての尊厳は奪われ、家畜扱いになり、今までの自由な暮らしや人権は全部無くなります。コロナワクチン接種による「ワクチンパスポート」計画、人間らしさを失わせる「新しい生活様式」、奴隷の象徴で有害無益な「マスク着用」、貯金額や支出入を完全に把握し、かつ、将来獣の刻印を受けな売買させへんようにするための「現金を使わへんキャッシュレス社会」等といった様々な悪しき計画に従わんといてください。この悪しき人権侵害のコロナ騒動を一日でも早く終わらせましょう。このコロナ犯罪を推進する支配層、彼らに協力したり黙認して参加する人は皆、犯罪者です。神の敵、及び人類の敵です。政府や報道機関は嘘しか言うてへんさかい、盲目的に信じて従うのはやめましょう。ええ加減にこの認識を持ちましょう。コロナを名目に人口削減や自由と人権侵害をする犯罪者どもを訴追しましょう。日本政府や知事どもを訴追しましょう。コロナなんか存在せえへんのやから。自粛要請、時短要請、マスク着用等といったことに一切協力する必要も義務もあらへん。

こちら(BitChute)では、グーグル社をはじめ、支配層らが如何に邪悪な計画を立てて実行してるかがこのコロナ犯罪やPCR検査という感染症の診断が出来ず、遺伝子検査をする理由が分かるであろう。支配層は、庶民の遺伝子(DNA)情報を抜き取って悪用するんですよ。それやのに、アホみたいに「新型コロナウイルスは危ない」等と、政府や報道各社が嘘を言うてるんを真に受けて信じ、ビビって検査を受けるように仕向ければ、彼らは難なく遺伝子情報を掻き集められる。あんたらの大部分がアホなせいや。ほんまに迷惑や。支配層にどこまで都合のええように操られたら気が済むんか。こちら(BitChute)でも分かるとおり、技術官僚(テクノクラート)によって管理される社会(テクノクラシー)や。コロナ犯罪はそれを推進するためのもんや。気付けよ。せやから、支配層はやたら人工知能(AI)、顔認証、5G、mRNAワクチン(遺伝子組み換え、磁気帯び)、ワクチンパスポート等に力を入れ、科学技術によって大衆を監視及び制御する体制作りをしとんや。気付けよ。大衆の利便性向上のためなんかではなく、支配層が大衆を家畜として徹底的に監視管理するための社会構築であり、この地が刑務所みたいになるんや。

・世の支配層が聖書暦二千二十一年度第二(イヤール)の月一日から四日(太陽暦二千二十一年五月十三日(木)〜十六日(日))にかけて世界経済討論会が年次総会をシンガポールで会議をし、「大きな再設定(Great Reset)」を議題にして実施することを予定しとる。そこで予定されとることは、今までの借金をすべて帳消しにする代わりに、世界中の人間がコロナワクチンを受けるべき、コロナワクチンを受けたことによる健康証明書が無いと移動や旅行を制限すべき(いずれ黙示録どおり、買い物という売買にまで及ぶであろう)とか、金銭の配給制(ベーシック・インカム)を導入して最低限の収入を保障する代わりに政府に従うように強要し、また、「新しい生活様式」という人間らしないおぞましい家畜生活をすることを受け入れるように等と誘導していくのが予想される。勿論、これらは悪魔崇拝をする支配層への従順さが要求され、同じように悪魔崇拝をすることになり、逆らえば処罰されたり殺されたりする。これらのように人権も自由も無い超共産主義で超監視管理社会になり、絶望的に悪い新世界秩序(New World Order)を支配層は構築したがってます。時間が無いです。速く聖書を読んで、主イエスを知ってください。もっとも、知るだけでは不足ですが、聖書を読まへんと話にならんさかい、早く着手し、以下に載せた拙者のブログも併せて読み、動画もご覧ください。

二千二十一年度第二(イヤール)の月六日(太陽暦二千二十一年五月十八日(火)に、コロナ変異株やワクチン接種状況が国によって異なることを言い訳に二千二十一年には会議を実施せず、聖書暦二千二十一年十月十四日〜十八日(太陽暦二千二十二年一月十七日〜二十一日)に延期されたとの情報が入りました。明らかに、我等目覚めた人たちによる抵抗により、悪魔崇拝勢力が当初の予定通りに事を運ぶことが出来てへんようです。引き続き、悪の勢力と戦い続けねばなりまへん。他の人がやると思い、それに甘んじて自分たちでは何もせえへん、彼らに任せると他力本願になることがないようにしなはれ。そうなると敵側の思う壺や。あんた方も立ち上がり、コロナを名目に人口削減や自由と人権侵害をする犯罪者どもを訴追しましょう。日本人も、日本政府や知事どもを訴追しましょう。コロナなんか存在せえへんのやから。自粛要請、時短要請、マスク着用等といったことに一切協力する必要も義務もあらへん。

従ってるから終わらへんのです。不服従でいてください。

従ってるから終わらへんのです。不服従でいてください。

・無知は大罪や。

もっと勉強して正しい知識を身につけましょう。拙者がこれらの世の真相に関する情報や聖書に関する知識等も自分で能動的に調べたり、勉強したりして身につけたものです。主イエス・キリストのお導きのお陰です。勿論、拙者もかつてはあんた方のような無知の時もありました。それはしゃあないよ。この世が悪やし、政府も報道機関も教育機関も悪で、何も正しいことを言わんと嘘ばっか言うし、それらの影響を受けた先祖もぼーっとしてきて何も正しいことを勉強せんからほんまに大事なことは何も知らんし、大衆は悪い世の流れに乗ってばかりの人が多いし、その影響を受けざるを得ないからね。それで我等が子供の時から完璧人間で居るなんてことは無理なんや。せやから、過去のことを責めてる訳ではなしに、今の話、これから先の話をしてるんです。このまま無知のままで居ってええんかってこと。ええ訳ないやろ。現在、こないにネット全盛期で、スマホやコンピュータの普及率も最高潮に達してる時代において、大衆の殆どと拙者との間には大きな隔たりがあります。あんた方自身、またその身近の人々を見なはれ。誰が拙者が語るようなことを語ってるのか。誰も居らへんでしょう。自慢したいのではないし、高ぶってるのでもない。実際、拙者が特別な情報をもらえる人脈があるとかでもなく、あんた方が入手不可能で特別な機械を持ってるのでもなく、ただの一般人の一人に過ぎひんし、誰でも取得出来る情報から一人で勉強しただけや。聖書かて、本屋やネット通販で簡単に手に入り、一冊三千円程度で高額でもないんですよ。そのあんた方と同じただの一般人の一人やのに、なんでこうもあんたらと情報格差、知識格差があるのかということを考えよと問うてるんや。ネットに接続出来るスマホやコンピュータを持ってる人はこの時代(二千十七年以降)にまったく珍しないやろ。むしろ、当たり前に近い程度で普及してる。なのに、なんであんたらは知らんのか。答えは簡単。あんた方が無知であることが悪い状態であると認識せず、放置し、他の余計なこと(金儲け、娯楽、快楽等と個人の楽しみの追求や必要以上の世俗の労働等)ばっかしてるからや。学校で悪い成績を取れば親に怒られますよね。「勉強しろ」って口うるさいやろ(中には言わん人も居てるやろけど)。勉強せんかったら、知識は身につきませんからね。雨のように自然に降ってくるものではない。要するに、知識が無いというのは勉強せえへん人、怠惰な人ってことでしかないんや。お分かりでしょうか。その罪を認めず、改善しようともせず、拙者やその他目覚めた人を見ては妬んだり、誹謗中傷したり、攻撃したり、邪魔するような人は滅びますよ。聖書が示す事実ですから。脅しではありません。単なる事実です。知らんかったでは済まへんのですよ。コロナ騒動の嘘についても知らんままでは済まへん。ワクチンによって死ぬことが実際に起こってるし、周囲の人々にも迷惑を掛けてる。マスク着用したり、ワクチン接種等といった愚行をすること自体が迷惑なんです。基本的人権や自由を侵害する違憲行為ですから。その認識を持ちなはれ。

もっと強く、賢くなれ。周囲の目を気にするという臆病風に吹かれるな。それでは地獄行きで滅ぶで。勉強して正しい知識を身につけて終わりではなく、実際の行動に移しましょう。そこまでせんと意味が無い。聖書(ヤコブの手紙)でも信仰は行いが伴うてこそ意味があると書いてある。行わず、口先だけ、知るだけでは無知と同じ位に虚しい。


・支配層はいつも「両建て」を忘れるな。しかし、証拠も無いのに中途半端に信じたり疑ったり、極端な思考をする単細胞にもなるな。人を見る目を養え。

支配層の悪について述べてきたが、更にあんた方に注意喚起しておく。コロナ犯罪を起こしてワクチンを推進する人間が悪なのは言うまでもないが、反コロナ・反ワクチンも支配層側の人間が多いのが実態や。コロナワクチンの危険性を教えてくれるからという点だけで、安易に「その人間自身」をすっかり信じ込み、その人の言うことなら何でも信じて従ってしまうようでは、完全に愚か者です。日本だけやのうて海外諸国も反コロナ・反ワクチンの工作員が多い。反ワクチンでネット上をはじめ、かなり派手に活躍してるのに殺されへん人は皆、支配層が用意した工作員です。例えば、米国人医師のキャリー・マディ氏もかなり黒い人脈を持ってるようです。参考までにこちら(BitChute 英語のみ)を視聴するとええやろ。英語なんですけど、分かる人は分かるでしょう。字幕大王やリーシャとかいう人たちは、ツイッター上で外国の反コロナ・反ワクチンの医師や弁護士らの発言を嬉しそうに翻訳して提供してますが、工作員の正体に気付いてるのか怪しいです。彼らも「コロナ特需」で金儲けするようなあかん存在。仮にコロナ犯罪が起こされへんかったら、彼らは今頃何をしていたのか疑問に思わへんやろか。字幕大王は、海外の他人の動画を勝手に引用して自分の所有物かのように画面上に「jimakudaio.com」なんて印字し、他の人らもそれを真似てやってるが、これは著作権法違反である。更に悪いのは、彼のブログでも有料会員等と金をせびってる点です。「マタタビの羅針盤」とかいう人も動画をBitChuteに出してるが、他人の動画に本人の許諾無く(許諾を貰てる表示が無い)字幕を付けただけで自分の所有物かのように扱い、転載や複製を禁じると偉そうに前置きする厚かましい輩。matatabiという名でツイッターもやっており、こちら(ツイッター)のとおり、日本の改憲問題で最も危険である「緊急事態条項」を国防と無理やり結びつけて容認する等と工作員丸出しの発言をしてる。国防と緊急事態条項は関係無いし、現憲法でも自衛権は認められてるため、無意味かつ論外な発言。あろうことか、「基本的には緊急事態条項がなければ国は守れません。それに反対する人たちは、日本の国防を阻止しようとしている反日勢力です。」とまで発言しており、あの人こそ反日ですね。マタタビは米国在住で、奴こそ政府と同じく改憲賛成の政治的宣伝(プロパガンダ)を流布する不届き者で、日本に住む日本人のことを他人事に思ってる薄情な輩であり、そないな嘘つきの言うことに騙されたらあかんで。彼らは皆、支配層側の工作員である。工作員ではなくただの素人で、ナチスを真似た自民党改憲草案にある「緊急事態条項」を容認したり、必要と主張する人はどうしようもない知能遅れです。聖書を知らん不信仰の人がすることは信用ならんさかい、あんた方も彼らの誘導に乗ったらあかん。言うとくが、拙者は反コロナ、反マスク、反ワクチン、改憲反対等を言うことで一円も所得は無いですし、寄付も募ってまへんし、支配層と一切関係ありまへんし、特殊な人脈も無いです。確かに、彼らの翻訳のお陰で日本人に情報が行き渡る契機を作ったことはええことやけど、著作権法の観点からは問題がある。コロナ犯罪を一日でも早よ終わらせることや、犯罪者どもを訴追することはやるべきです。しかし、周知活動にしても合法的に行うべきやし、日本人の活動家では訴訟や大規模抗議活動に関係する人が少ないのがあかん。日本で具体的に反PCR検査、反ワクチン、反マスクの訴訟をしてるんは、木原弁護士と南出弁護士のみ。しかし、その両者は憲法観が異常であり、人柄や思想まで同調することは決してでけへんし、するべきでもない。名古屋の寺尾介伸氏はPCR検査中止訴訟を提起したが、あっけなく裁判所から不適当として却下されてたのを発見した。彼の訴状を見てへんさかい具体的に何があかんかったのか不明やが、法律の素人、思慮が浅い人が独断で勝手にやるから失敗するんやというのが拙者の所感や。字幕大王も彼のブログで寺尾氏を応援してたようやが、あっけなく失敗したことで役に立たん人であることは明白。それにしても裁判所の判決文の中にあった、「PCR検査を実施しているのは都道府県知事である」と嘘を書いてるのは容認でけへん。ほんまにこれは嘘。なぜなら、空港の検疫でPCR検査や抗原検査の指示を出してるのは厚労省やからな。こちら(厚労省)で、「水際対策」と称して空港で検査を人々に強要する指示を出してるのは「厚労省」です。これが都道府県知事なら、空港毎によって対応変わるってことになりますよね。成田空港は千葉県故に、千葉県知事の指示でやるんですか。関空は大阪府故に、大阪府知事の指示でやるんですか。新千歳空港は北海道故に、北海道知事の指示でやるんですか。バラバラに検査指示を出してる訳ないよね。もし考え方が違えば、対応も異なることになるが、そうではないでしょうと。全部厚労省の指示であり、日本全国の空港で同じ指示が回っており、同じことをしてるのが現状やろ。「都道府県知事がPCR検査をしてるんです」って、どう考えてもおかしいやん。都道府県知事の裁量であるなら、空港毎に対応がばらつく可能性もあり、誰かが特定の都道府県知事を被告として訴訟し、もし勝訴して撤回出来たら、どっかの空港だけPCR検査やらんでも日本入国出来るからってなれば、皆一斉にその空港を目指して日本に入国するようになるよね。水際対策って何なんってことになる。こういう面でも、各都道府県、各都道府県知事を相手にしろって逃げるのはおかしいし、明らかに裁判所は厚労省が矢面に立たんようにかばってるよね。拙者にはそのようにしか見えへん。都道府県知事に対して開示請求やった人が結構居るやろ。彼らは新型コロナウイルスの存在を証明する文書を保持してへんって吐いたよね。彼らには何も証拠も無く、中央政府の言う事、つまり厚労省の言うことに従って動いてるだけやろ。黒幕が厚労省なんは明らかで、そこを訴えるのが不適当とかいちゃもんにも程がある。もし訴状において根拠条文を選び間違えたとかで、そこを上手く突かれて不適当として却下されたのなら、原告の不手際と言わざるを得ないが、きちんとやったのにこの様なら、当然控訴すべきやろ。というか、彼一人だけやその取り巻きに任せて、他の人らが何もしてへんっていうのがあかん。日本人の「群れる」悪い癖やで。原告が一箇所に固まるのはあかん。それではその一件がこのように却下されたらお終いやん。各地で訴訟提起すればええのに…って思う。あと、大規模での抗議活動ね。何万人と動員して国会や各都道府県の庁舎を取り囲み、「コロナ犯罪を終わらせないとここを皆動かない」と主張して戦えよ。そうすれば即、このコロナ犯罪は終わるよ。その他はツイッターやブログ等の外野で「わーわー」言うて騒いでるだけで、実生活では何もしてへん役立たず。その程度ではコロナ犯罪は終わりまへんで。訴訟提起の上、何万人以上という大規模抗議活動をしろと拙者は過去記事「全力で改憲反対してワクチンも拒否せい」で教えたやろ。なんでせえへんのか。たかが数百人規模では不十分や。こちら(日本と子どもの未来を考える会)やこちら(反コロナ共闘委員会)なんていう組織が出来上がってるようですが、なんでこの所属者たちは訴訟の一つもやらへんのでしょうかね。路上でわーわー言うだけでは政府や知事たちは耳を傾けへんし、彼らの政策にまったく影響を与えまへん。つまり、無意味ということです。やってる感を自分らだけ感じて自己満足に浸ってるだけで、実に虚しい。これも役立たずな活動。反コロナの活動をやるなら、厚労省や知事たちを相手に訴訟提起をしなはれ。すぐに行動せねば、改憲されたら、これまでの活動はすべて灰燼に帰すことになり、あんたらは滅びることになる。与野党グルで自民党改憲の内容で改憲しようとしてる問題に目を向けへんのも非常に愚か。どうせ拙者の助言も聞き入れへんのやろなって想像する。それでは愚かや。愚か者は死ぬまで分からんし、死んでも分からんのやろな。

さて、コロナワクチンに警鐘を鳴らすことで一躍有名になった米国のキャリー・マディ医師は、ツイッター上でキリスト者と自称し、十字架の首飾りをして動画撮影に挑んだりしてますが、ああいう見せかけのもんに騙されたらあかんが、にわか信者や愚民はコロッと騙される。考えてみれば、彼女は内部情報を知り過ぎなんですよね。ワクチンを入手して顕微鏡で見たとか、ルシフェラーゼが入ってるとか、支配層の計画を事細かに色々言うてるけど、ただの一介の内科医にしては知り過ぎですよね。あんた方の身近の医師は彼女程に情報を持ってるやろか。否やろ。キャリー・マディ氏がこれだけコロナワクチンについて暴露してきて支配層に殺されへんっていうのは怪しいと思わなあかんよ。最近、彼女は命の危険を感じて米国を脱出して中米のドミニカに移住したらしいが、どこまでほんまかは不明やな。支配層が本気で追えば、海外移住したからというて安心はでけへんからね。必ず追って来て始末されるよ。医師は国からの免許制やし、外国に移住したらその国では「医師」として働くことは不可で弁護士も同じやし、教員免許とか様々全部当てはまる。キャリー・マディ氏は今後ドミニカで何をして生活するのか、今どうして生計を立ててるのか、貯金で生活と言うても海外移住した身ではそれ程財産を持って逃げられず、持ち金も限度があるし、海外送金にしても大金を送金すると足が付く。今後も彼女が安定してネット配信をするなら、かなり怪しいと言わざるを得ず、彼女の立ち位置には不審な点があって人物としては疑わしいとしても、彼女が示す情報は情報として貰っておき、ワクチンを忌避するという姿勢が丁度ええ。

反コロナワクチンとして動画で多々顔を見る人たちが多数、「The Academy of Divine Knowledge」というフリーメーソン系と疑われる組織に属してることも判明してます。Knowledgeというのが「知識」であり、それをdivine「神のような、神聖な」という意味の形容詞を付して知識崇拝するのがグノーシス主義です。つまり、反キリスト。拙者が過去記事「動画四回目投稿 現代語訳聖書の翻訳は間違いが多い 後編」で米国の建国の経緯で述べた時に言及した英国人のフランシス・ベーコンも「知識は力なり」と言うたし、グノーシス主義丸出しであった。悪魔崇拝者は知識を過剰なまでに神聖視する。まぁ、確かに、聖書(ホセア書等)でもあるように、知識は必要ではあるんですけどね。しかし、悪魔崇拝者らの言う「知識」とはカバラ思想やそういう反キリスト的な「知識」を重要視するんです。彼らの言う「知識」は、聖書の知識を指すのではない。マディ氏以外の医師も多々そこに在籍してますし、デル・ビッグツリー氏、デイビッド・アイク氏、ジュディー・ミコビッツ医師、クリスチャン・ノースラップ医師もその組織の教師として在籍してます。この人らは皆グル。こちら(BitChute)では、プランデミック(プラン「計画」とパンデミック「感染爆発」の二つの語を組み合わせた造語)についての動画があり、ジュディー・ミコビッツ医師は自分が酷い目に遭った等と語り、庶民側に付く素振りに思えるが、ちゃいますからね。デイビッド・マーティン氏も同じで、こちら(Henry Makow.com 英語)から分かるように、左腕上部に古代エジプト太陽神のホルスの目の姿勢を腕に入れてる位の太陽神崇拝者(悪魔崇拝者)であり、信用でけへんよ。彼らは必ず後で裏切りますよ。支配層側に居る人もこういう反対陣営に役者や人員を配置し、プロレスをするんです。国会の与野党グルで、プロレスしてるんと一緒です。よう覚えておきましょう。彼らは庶民に味方する振りをしつつ、最後には必ず支配層の目的を遂げる方向に持って行くさかい、盲従するんは厳禁。日本では、ナカムラクリニックの中村医師が危険と拙者は感じてる。彼は、確かに反コロナ、反ワクチンの姿勢で、南出弁護士と木原弁護士が訴訟代理人を務める「反ワクチン訴訟」の原告に名を連ねて庶民の味方のように振る舞ってるのであるが、この支配層が起こしてる「コロナ犯罪」に対立する振りをしながらも、これを商売や実験の好機と見て「コロナ特需」と言わんばかりに稼ぎの種にしてるように見受けられるからや。彼は、上述した字幕大王やリーシャらと共同で外国の本を翻訳して販売したり、講演会等と商業活動に余念が無い。また、「ワクチンのデトックス治験」(note)を読むと、日本人にワクチン接種を意地でも止める訳でもなく、ワクチン接種者予定者に協力を申し出させ、接種前と接種後の比較や何か投与して症状が緩和するのかどうか等と実験及び観察をしてる。医師の立場でないとでけへん仕事である。ほんまに良心的な医師ならば、「ワクチン接種を断じてせんといてください」と止める筈が、せえへんし、本人の意志で決めろとか、緩い姿勢なのがまたおかしい。拙者とは異なる。拙者は意地でも接種するなと止めてるし、違憲や違法やと具体的に対抗策をブログで指南してきたのとは真逆の姿勢。そして、極め付けは「憲法改正について」(note)の記事で、彼が改憲推進派、賛成派であることを表明したことである。彼は完全に反日と言えよう。改憲の危険性は拙者のブログや別頁「改憲問題」でも述べたとおりや。自民党改憲草案で改憲することで日本国民に「百害あって一利なし」であるのは明白で、改憲に賛成する理由は一つも無いにも拘らず、賛成するなんてどうかしてる。改憲することで反ワクチン訴訟も無意味に帰するのが分からんようで、改憲推進派なら、反ワクチン訴訟を起こしたんも演技で、本気では無かったのかと思わざるを得ない。自民党改憲草案の「緊急事態条項」というナチスの全権委任法のような内容を認めるのは断じて有り得へん。南出弁護士も木原弁護士も改憲推進派であり、現憲法が保障する人権を否定する弁護士法一条違反を犯す、弁護士不適格な人たちです。彼らを信用してはならない。

こちら(BitChute)の世界医師連盟とかも結局大した活動をせずネット上で威勢だけ良く、声明を出すだけで必死にこのコロナ犯罪を止めようと訴訟を熱心にやるでもないし、非常に疑わしい存在で、現にそこに名を連ねる医師が「The Academy of Divine Knowledge」にも所属してるのが居る。ロバート・ケネディ・ジュニア氏は反ワクチン運動をすることで、まだ善良な人の心を掴もうとする人を罠に掛ける役割なんですよ。彼はこちら(Fox News 英語)を視聴すれば明らかなとおり、ローマ教皇フランシスコの気候変動詐欺を支持してるからね。反ワクチン運動で人々の信頼を得て、今度は気候変動詐欺も信頼してもらえるようにという支配層の仕掛け。今、内海医師やケネディ氏らに期待してるとか、信用し切ってる人は危険やな。人を見る目が無いそない単細胞の人々は気候変動詐欺で騙されることになる。デイビッド・アイク氏なんかもろに向こう側ですよ。彼は宇宙人とかレプティリアンとかアホなこと言い続け、昔から支配層のことを言い続けていながら、一向に消されへんからね。支配層の仲間で、仲良しこよしやさかい、命が保たれており消されへんのですよ。ほんまに改心して支配層に反旗を翻せば、奴らは裏切り者への制裁として死を科しますからね。あと、内部からの離脱者やのうて、最初から外に居る人で反支配層の人も命の危険がある。ほんまに良心的な医師たちや大統領といった国家元首は人知れず消されてるのが現実。こちら(日本の面影)のように、PCR検査の悪用やワクチンに不信感を持って自国民に打たないように勧めてたアフリカの大統領たちは暗殺され、後任者は支配層が用意した傀儡に取って代わり、コロナ犯罪に加担してる事実からもこのコロナ犯罪の悪どさと支配層が如何に手段を選ばないかが分かるであろう。

世のことのみならず、聖書についても間違うたことを教える偽教師、偽預言者等が多い。ほんまにこういうことに注意するようにと聖書にも警告が書かれてるんやが、それを知ってて引用してるのに既に偽教師らに騙されており、その自覚が無いというにわかキリスト者の何と多いことか。非常に愚か。拙者は、ブログで「パウロは偽使徒」と発表し、その記事冒頭でも予期してたとおり、多くの自称キリスト者どもが一斉に反発を見せた。ツイッターでも「パウロは偽使徒」と言うてる人とは関わらない方がええとか、拙者がサタンに取り憑かれてるとか、昔のファリサイ派が主イエスを罵った時と同じ誹謗中傷を受けました。ユーチューブでも、イエズス会の洗脳教育を受けた牧師ごときが偉そうにパウロ書簡を基にして拙者に反論するかのように拙者の当該記事発表の後に動画を出して一生懸命にパウロを擁護し、パウロ教の信者らしいことを視聴者に洗脳教育してましたね。ほんま、どうしようもないね、あの人らは。そないな人らが「羊のなりをした狼」や。耳触りのええことを言うんですよ、律法は不要とか、艱難前に携挙されて死を味わわずに済んで永遠の命が楽に手に入るとかね。こういうのは全部嘘やからな。聖書にはそれらの趣旨は一切書かれてへん。それにも拘らず、牧師どもが口を揃えてそう言う現実から、神学校ではそないなイエズス会由来の間違うた教育を施されてるのが見え見え。世のにわか信者どもはそんな牧師に「先生」って平気で呼び、言うことを聞くやろ。これも主イエスの教えに逆らう行為であり、聖書を全然読んでへんのが分かる。にわか信者は漏れなく聖書を読んでへんし、理解もしてへん。その分際で「キリスト者です」って名乗るもんやから、迷惑極まりない。程度が低過ぎるのに、間違うた信仰やのに、そう主張して憚らへんから不信仰の人や異教徒にも示しがつかへん。「キリスト者ってこの程度なのか」って思われるだけやからね。ああいうにわか信者らが主イエスの御顔に泥を塗ってるし、そのことにも気付いてへん、実に愚か者なんです。ほんまにきしょくて、関わりたない。黙示録にあるように、生温い信仰が如何に吐き気を催すものか、主イエスの気持ちがごっつ分かる。狭い門を見つけただけでは救われへんから安心するのはまだ早い。主イエスの御言葉どおり、「最期まで耐え忍ぶ者が救われる」(マタイ十章二十二節、二十四章十三節、マルコ十三章十三節参照)のやから。狭い門から入って、狭苦しい道を途中で脱落せず歩き通す、走り通すことが必要で、それが出来てようやく救われるんです。

このコロナ犯罪でようやく世の支配層の陰謀に気付いてわーわー言い出す人、聖書について興味を持ち始めた人は、藁にもすがりつく思いであり、パウロのようなお手軽に救われる偽福音にすがりつくようになる人が非常に多い。コロナ以前からパウロ教の狂信者も居ったが、その人らも救いようがない。何故、主イエス御自身の御言葉や使徒ペトロやヨハネ、ヤコブといった発言は軽んじられ、偽使徒パウロの教義はこれ程に人気で、支持されるのかという事実に違和感を持たへん自称キリスト者はあかんよ。偽使徒パウロの教義が人気で、支持される理由は、悔い改めを否定し、人間の怠惰な性質、罪深い性質に寄り添い、自分自身で何もせんでもキリストによって救われるとしてるさかい、非常に楽やからです。つまり、悔い改めへん悪人にとって好都合ということ。キリストの恵みがあるから、律法はどうでもええっていうのがパウロ教の教義で、パウロ教信者の考えやさかい、自分らはキリストを信じてると口先で言うだけで、後は何もせんでええってなりますわな。めっちゃ楽やし、手軽で、携挙も艱難前で苦しい思いをせずに死なずに救われるって思い込んでる。これでは怠惰になり、脳内もお花畑になりますよね。完全に堕落してるが、本人らは気付かへん。せやから、後で主イエスから「あんた方のことは全然知らない」(マタイ七章二十三節拙訳)と言われ、泣き喚いて歯ぎしりする羽目になるんです。救われると期待してたのに、そうではなくなるから、泣き喚いて歯ぎしりする。最初から不信仰の人は諦めており、泣き喚いて歯ぎしりといった悔しがる素振りはしないであろう。「真の聖書福音と預言」に気付き、悔い改めるなら今の内。しかし、このコロナ犯罪のせいで、世の大多数が愚民で役立たずのせいで、もはや自由で人権保障がなされてる時間はかなり少なくなってきた。自由と人権があった時に悔い改めんと、拒絶したり、後回しにしてきたツケはその人自身が払うことになる。

世俗の仕事なんてこの信仰においては何の意味も成しません。なんぼ稼いだとか、どういう職や地位にあったとか、全部どうでもええ。それらを誇るなら、世に心があるということに他ならんさかい。「〜大卒だぞ」とか「元〜だぞ」とか威張るだけ無駄。世の人はすぐこういうことを言う傾向がある。そして、肩書きを気にし、それで相手を量り、対応を変えたりしてるのが非常に多い。せやから、このコロナ犯罪においても政府の〜大臣の言うことを聞きますとか、テレビの言うことを聞きますとか、テレビ出演した〜大学の教授や医師が言うてるから信じますとかね、ほんまに大概にせいって感じです。ナカムラクリニックの中村医師の「水と健康3」(note)と題した記事の一部を引用する。

「一番やるべきことは、フィルターによる対策ではなく、元を断つ、つまり、水道局にアルミの使用量を減らしてもらうことです。そこで、富岡市の水道局に事情を話しに行きました。しかし、けんもほろろです。ろくに話を聞いてもらえません。『素人が何を言う』ってなもんです。我々水のプロが直談判に行っても、相手にしてもらえないんです。一般のお客さんが苦情を言ったところで、すぐに門前払いです。被害を受けるのは、このお客さんだけではありません。富岡市のこの水系を利用している人全員が、アルミに曝露しているわけですから。ある議員に事情を伝えたところ、動いてくれました。水道局に直々に出向き、担当者にこう詰め寄りました。『なぜ富岡だけアルミ濃度が異様に高いのか?高崎も安中も藤岡も、0.01未満。同じ水系を利用していながら、これだけ大量のアルミを使う理由は何なのか?富岡の住民の健康を一体何だと思っているんだ?』これは効きましたね。私たちが言っても『基準値内だから問題ない』の一点張りだった担当者が、ハハァーとかしこまっていました。この議員のおかげで、富岡市のアルミ濃度の問題は改善しました。フィルターの交換も年に1回で済むようになりました。議員の力というのはこういうふうに使うものですね。しかしこの一件で明らかになったのは、水道水に添加される薬品の量は、水道局担当者の裁量次第ということです。アルミの毒性に無知な担当者なら『基準値内におさまってさえいればそれでオッケー』程度の認識かもしれません。」

その水道局員の態度は何なのか。一般人なら相手にせず、議員なら二つ返事で言うことを聞く。現代社会の闇ですよ。おそらく日本だけやのうて、世界中でこんな感じやろね。こないな感じで、「言うてる内容」やのうて、「誰が言うてるか」に重きを置く人間が多いことよ。社会的地位のある人の言うことなら聞き従い、地位の無い人や無名の人が言うのでは相手にもせえへん、聞こうともせえへん人が非常に多いが、間違うた考え方と行動である。コロナやワクチンに関する動画についても同じことが言える。「誰が言うてるか」っていうのに重きが置かれてることに気付こうと思えば、気付ける。「mRANワクチン開発者がー」、「PCR検査発明者がー」。「○○医師がー」ってその地位のある人の発言を引用することが多い。役に立つ情報はそれとして受け取り、人物自身は信用に足るかは平素からの言動をきちんと観察したり、人脈を見たりして確認する必要があろう。拙者は、世に言われる秘密組織等と黒い人脈は一切無いと断言しておく。あんたらが盲信してるあらゆる国際機関、政府、報道各社、芸能人どもこそが真っ黒やからね。こちら(YouTube)でも見て、ええ加減気付きなはれ。

・カトリックやイエズス会に注意せい。

宗教に関して非常に無知である人が多くて困るんやが、ブログや動画でも言うてるとおり、カトリックとイエズス会に注意せい。こちら(BitChute)を視聴しなはれ。動画からも如何にカトリックとイエズス会が凶悪な存在か分かるであろう。カトリックやイエズス会は「反キリスト」であり、聖書、主イエス・キリスト、真のキリスト者に敵対する存在や。カトリックはローマ教皇を頂点とする組織であり、イエズス会はローマ教皇至上権を世界中に行き渡らせる実行部隊や。米国もカトリックやイエズス会に籠絡され、世界中を侵略及び内部から征服し、いずれ世界を統一してローマ教皇に世界を統治する権威を与えるであろう。先の動画でカトリック、イエズス会が米国の中央情報局(CIA)を支配してるとあった。そして、その中央情報局は、米国の報道各社を支配し、米国民に偽情報をテレビや新聞等を通して吹き込み、偽りの世論形成をしてきた。それもかなり昔から今でも続いてる事実は、こちら(BitChute)を見れば歴然としてる。米国のみならず、日本もその他の諸外国も例外やない。せやから、政府やテレビ等の情報を信じたらあかん。もし信じれば、カトリック、イエズス会に騙されることを意味する。米国にも注意し、彼らに追従するべきやない。こちら(Odysee)からも如何に米国が汚い工作活動を諸外国を股に掛けてやってきて、暗殺をも厭わず、好き勝手にしてきたのか、その一端が分かるであろう。世の中は腐ってるんですよ。日本も例外ではない。米国に従順なんは自民党をはじめ、与野党が一体となって売国政治をしてる。誰一人日本国と日本国民のために働いてる者が居らへん。その現実を知れ。この明治維新以来出来た西洋風の議会制度なんか崩壊させるべきなんですよ。そうせん限り、この腐敗政治は続き、日本人は搾取され続け、永遠に安らぐことはない。ほんまに危険なんは、政府を操る大企業の存在。その動画でも言われたが、米国大統領なんて任期切れがあるし、ただの操り人形。日本の総理大臣や国務大臣どもも同じく操り人形。彼らを操る存在、それは悪魔崇拝をしてる秘密結社であり、大企業である。奴らは非常に金持ちで、それ故に多くの悪人や独自の警備人や軍隊さえ抱え込む財力と権力を持つからな。それを知っておくべきやで。政府が検閲した嘘だらけの教科書や参考者、報道各社によるテレビ放送、新聞、ネットニュース、有名人が語ること等を見聞きして、信じてるようでは白痴や。

この世の権威に従ってると確実に地獄行きであり、滅びるしかありまへん。この悪い世に希望を持たんと、次の世に希望を持ちましょう。そのためにも聖書を読み、唯一の救い主である主イエス・キリストに救いを求めましょう。聖書暦の二千二十年度末の今(太陽暦では二千二十一年三月中旬)、こちら(BitChute)のとおり世界中でコロナ茶番、マスク着用やワクチン、5Gに対する抗議がなされ、東京でもこちら(BitChute)のとおり路上で抗議がありました。しかし、彼らは本質的なことは何も分かってへん。政府や報道機関の信者になって従う愚民に比べればまだマシやけど、まだあかん。なぜなら、キリスト信仰が無く、本物の愛である慈愛を持たず、神の律法、掟、戒めを守らへんのやったらどうやっても滅びるだけやという事実を認識し、受け入れへんからや。キリスト信仰というてもご利益信仰ではあかん。神社等で願掛けするように、ただ我が身可愛さから「助けてください」とか「〜となりますように。」等と願うだけで、普段の生活では信仰を示さへんような人はまったく駄目です。聖書を読めば分かりますが、神の律法、掟、戒めを守る必要があります。そうせん人がなんぼ「キリスト者」とか「クリスチャン」等と自称したかて無駄や。牧師といった自称聖職者どもやにわかキリスト者どもが「信じれば救われる」とか「福音の三要素を信じれば救われる」等と言うてる程、キリスト信仰はそない甘いもんやない。永遠の命を受けるに相応しい人になるのがそない簡単なはずがないやろってことを覚えて、苦しみや悩み等にも苛まれること、悪魔崇拝者である世の支配層や不信仰の大衆からも嫌われ、迫害されることも受け入れられる人でなければ到底無理です。世の諸教会ではこないな大事なことはちぃとも教えへん。なぜなら、彼らは偽り者であり、にわかキリスト者やからです。こういう人たちと交流を持ってるとその悪い思想や行いの影響を受けるさかい、にわか信者との関係は断絶せねばなりまへん。人付き合いに細心の注意を払う必要があり、神から最も忌み嫌われるんはそういう生温いキリスト信仰を持つ人たちや。キリスト信仰を持ってると自称したり、そういう振りをするが、実際はそうやないさかい、これ程神を苛立たせ、神の民にとっても有害な存在はないからです。不信仰の者よりもタチが悪いです。今ではキリスト教徒が二十億人程度居ると言われるが、はっきり言うて、その99.99%以上は偽り者です。そもそも、カトリックや正教会等はキリスト教やあらへんし、プロテスタントも堕落し切ってカトリックらと手を組んでるさかい、地上の諸教会や諸教派は全部あかん。そういう人たちは皆、神の律法、掟、戒めを守ってへんことから偽り者という事実が明らかやさかい。